横浜市立野毛山動物園 飼育展示係 トラ・ライオン担当 正木美舟さん(30歳)

  • HOME
  • 横浜版TOP
  • オフィスライフ
  • 横浜ごひいきチャンネル
  • 横浜市立野毛山動物園 飼育展示係 トラ・ライオン担当 正木美舟さん(30歳)
横浜市立野毛山動物園 飼育展示係 トラ・ライオン担当 正木美舟さん(30歳)

横浜市立野毛山動物園
飼育展示係 トラ・ライオン担当 正木美舟さん(30歳)

愛らしい動物を通して
地球の見え方も変わっていく

 気軽に訪れて、動物たちと間近に触れ合える憩いのスポットとして人気の「野毛山動物園」。飼育展示係としてトラ・ライオンを担当する正木美舟さんが、オフィスとはひと味違った仕事の醍醐味(だいごみ)を語ってくれました。

動物たちにとってたったひとりの飼育係

 トラ・ライオンの飼育係といえば、おのずと男性的なイメージを抱きがちですが、正木美舟さんはどちらかというと小柄で人一倍穏やかな印象の女性。大きな猛獣たちを扱うことに抵抗はないのでしょうか。

 「担当する動物は希望を出すこともできますが、通常は会社の人事のように割り振りで決められます。また、トラ・ライオンは直接触れてケアするようなことはないので、女性が飼育するうえで体力的に困るということもありません。絶対に同じ空間に入らないことが必須条件。鍵の管理を徹底しないと自分に危険が及ぶことを認識させる獣舎という意味では、新人が担当するケースも多いものです」

 主な仕事の内容については、「展示をして健康を保つこと」と正木さん。ちなみにトラ・ライオンのほかインコ、アナグマ、タヌキなども正木さんの担当。それぞれ早朝に健康状態をチェックし、その後、寝室と展示スペースを行き来させて各スペースを清掃。お食事タイムには、餌やりとともにお客さまへのガイドを実施します。

 それら一連の作業に加えて、正木さんが日々大切にしているのが、動物たちと交わすあいさつです。「動物たちにとって世話をしてくれる相手は私ひとりですからね。『おはよう』と声をかけるときも、同じ目線になるように腰を下ろし、心のこもった動作を心掛けています」。その言葉を裏付けるかのように、正木さんがライオンの獣舎の前を歩くと、あとを追うように視線がついてきます。そばのお客さんも「すごいわね、あなたのことずっと見ているわよ」と感嘆の声をあげるほど。ライオンに見つめられながらお客さんの質問に答える姿が、生き生きと輝いて見えます。

理想は、楽しみながら気づきのある動物園

 そんな正木さんが動物に興味を抱いたのは小学校の遠足で金沢動物園を訪れたとき。「家がペット禁止だったので、その分驚きや感動が大きかったんですね」。それからは動物への思いは膨らむばかり。大学時代にはよこはま動物園ズーラシアと野毛山動物園で動物舎の清掃アルバイトに精を出し、できるだけ動物のそばで過ごす時間をつくっていたそう。飼育展示係となった今、正木さんがどうしてもやりたいのは、たくさんの人に動物のことを知ってもらうこと。

 「動物が好きだからお世話をしたいという飼育係は多いけれど、私の場合はちょっと違って、動物が好きだから、背景である生息地や地球環境のことも知ってもらいたいという気持ちが強いんです。それぞれ異なる姿かたちからは、動物たちが進化してきた過程や守るべき自然環境を知ることができるはず。だからガイドをする際には、動物を通してほんの少し考えるきっかけが生まれ、生活にフィードバックしてもらえるよう自分なりに工夫を凝らしています」

 取材当日は市内の小学2年生を対象にした出張講習をしてきたという正木さん。「動物の角や頭骨、毛皮などを持参し、細部に注目を浴びせて説明を加えることで、子どもたちの動物への興味がぐんと高まったように思います」

 「これからも気軽に、楽しく、何かを持ち帰ってもらえる動物園を維持していきたい」。理想を見据える時間が、動物たちが幸せに暮らせる未来とつながっています。

プロフィル

東京都出身。幼少時代を横浜市金沢八景で過ごす。自宅でペットが飼えなかった環境が動物への好奇心を育み、動物の仕事を志す。大学卒業後、公益財団法人東京動物園協会「東京都恩賜上野動物園」嘱託を経て、2007年から財団法人横浜市緑の協会動物園部勤務。横浜市立野毛山動物園の飼育展示係としてトラ・ライオン、インコ、小動物を担当

▼お散歩気分で出かけて、
  楽しいイベントに参加しよう!

 野毛山動物園は入園無料のため、お散歩気分で出かけられるのが魅力。11月には楽しいイベントも開催。ぜひ足を運んでみて。

「第9回動物似顔絵コンテスト表彰式」
日程:11月3日(木・祝)、午後1時から
場所:園内「ひだまり広場」
内容:応募作品から部門ごと(幼児・小学生・一般)に優秀作品、すべての作品から最優秀作品を選定し、表彰式を行います。表彰式終了後には「第9回秋の野毛山動物園クイズ大会」も。勝ち残った人には「動物舎へご招待券!」をプレゼントしてくれます。
問い合わせ:TEL045-231-1307
http://www2.nogeyama-zoo.org/service/

写真はフタコブラクダの「ツガル」。かわいい動物たちに会いに出かけよう! 写真はフタコブラクダの「ツガル」。かわいい動物たちに会いに出かけよう!
[情報掲載日:2011.10/26]