キリンビール 横浜工場 品質保証担当 ラインリーダー 佐藤文子さん(38歳)

  • HOME
  • 横浜版TOP
  • オフィスライフ
  • 横浜ごひいきチャンネル
  • キリンビール 横浜工場 品質保証担当 ラインリーダー 佐藤文子さん(38歳)
キリンビール 横浜工場 品質保証担当 ラインリーダー 佐藤文子さん(38歳)

キリンビール 横浜工場
品質保証担当 ラインリーダー
佐藤文子さん(38歳)

ビールに注ぐ作り手の愛情と
確かな品質を保証するのが仕事

 横浜生まれのビールメーカーといえば、「キリンビール」。佐藤文子さんは、その横浜工場で品質保証業務を遂行するチームの責任者。ビールという“生き物”を扱う製造の世界と、日々真摯(しんし)に向き合っています。

 酵母という生き物を相手に、刻々と変化するビール。この製造過程を見守ることに、大きな責任とやりがいを感じると話す佐藤さんは、キリンビールで品質保証担当として19年のキャリアを持ちます。学生時代、微生物に興味があり、大学は醸造学科を専攻。横浜工場のリニューアルとほぼ同時期に入社し、以来ずっと品質保証の仕事に従事してきました。

 「品質保証とは、仕込み、発酵、貯蔵、ろ過、缶詰めというビール作りの5工程において、成分が基準どおりかどうかを確認すること。数値を分析して、各工程の品質を保証するのが私たちのミッションです」。万が一、異常値が出た場合は責任者にフィードバックして原因を究明することに。トラブルに対しては関係者全員が一丸となり、急ピッチで対処にあたっています。

 「大切なのは、いかに迅速かつ正確に数値分析を行うか。品質が確保されるまでは製造の流れをストップしなければなりませんからね。当たり前のことを当たり前に進められる環境を日々整備しておくことが、この仕事の難しさです」

背景を理解した“誠実なビール”を提供したい

 2歳から神奈川区で育ったという佐藤さんにとって、キリンビールはとてもなじみ深いもの。「父が“ビールを飲むならキリン”という人で、それ以外のビールを家で見たことがなかったんです」。どちらかというと“ビールは苦手”と思っていた佐藤さんも、今では仲間と飲むときは、「最初から最後まで自社ビール! これが健康の秘けつかも」というから驚きです。

 今後は、「商品の背景をもっと知って、“誠実なビール”を提供したい。例えば、仕込みは作り手の五感による“官能”が問われるもの。ビールに注ぎ込まれる多くの愛情を理解して、品質を保証していく。その楽しさをスタッフ全員の心にも浸透させていけたらと思っています」。

プロフィル

東京農業大学短期大学部醸造学科卒業。1992年キリンビール入社。品質保証担当として水の分析、ビール製造工程における成分分析に従事。2004年以降はラインリーダーとして26人のスタッフのマネージメントにあたる。家庭では、高校生の息子を持つ母親でもある

▼この夏はブルワリーツアーへ。
 できたてのビールを堪能しよう!

 工場に隣接する「キリン横浜ビアビレッジ」では、ビールの製造工程を見学できるブルワリーツアー(要予約)を実施。原料、仕込み、発酵、貯蔵、ろ過、そして缶詰めの各工程を、迫力ある映像や展示物を交えた解説で、ガイドが案内してくれます。麦、水やホップ、酵母など材料へのこだわり、「安全・安心」を追求する製造システムを知れば、今まで知らなかったビールの魅力を発見できそう。ツアー終了後は、できたてほやほやのビールが試飲できるほか、敷地内にはレストランやパブも。「夏休みは近場でのんびりもいいよね」という人は、ぜひ足を運んで。工場見学の開催日や予約方法など、詳細はホームページをチェックしてね。

住所
横浜市鶴見区生麦1-17-1
TEL
045-503-8250
URL
http://www.kirin.co.jp/bvyo
kohama
写真は缶詰めのシーン。洗缶機で缶を洗浄後、空気が入らないようすばやく詰めていきます 写真は缶詰めのシーン。洗缶機で缶を洗浄後、空気が入らないようすばやく詰めていきます

佐藤さんのおすすめ
元気をもらう場所

 休日の朝はちょっぴり早起きをして、お散歩気分で「市場」へでかけるのが楽しみという佐藤さん。みずみずしい色つやの野菜と人々の活気に包まれながら、貴重な一日を元気にスタートさせます。

西洋野菜も豊富にそろう、活気あふれる市場

鎌倉市農協連即売所

 JR鎌倉駅にほど近い若宮大路に面した一角に、地元野菜が農家から直接買える「鎌倉市農協連即売所」があります。外国人牧師が「ヨーロッパでは、農家が自分で生産した野菜を日時と場所を定めて直接消費者に売っている」と話したことがきっかけになり、昭和3年に発足したとか。定期的に出店しているのは27の農家で、全体を4班に分けて1日当たり6〜8店が出店しています。佐藤さんのお気に入りは、ルッコラやバジル、イタリアンパセリなど西洋野菜。「西洋野菜の種類が豊富です。新鮮な野菜は生で食べるのが一番。月に一度は、鎌倉野菜のサラダを味わいつくします。農家の方との楽しいおしゃべりも元気の素です」

鎌倉市農協連即売所
住所
鎌倉市小町1-13-10
問い合わせ
JAさがみ玉縄支店 TEL0467-44-3851
営業時間
午前8時〜日没※商品がなくなるまで
[情報掲載日:2010.7/21]