写真家&メディアプロデューサー・AMIY MORIさん(44歳
Vol.37
写真家&メディアプロデューサー
AMIY MORIさん
今までにない感動世界を
追い求めて表現するのが楽しい
 今回登場してくれたのは、横浜を撮影した写真がきっかけで写真家になったというAMIY MORIさん。多くのハリウッドスターを撮影する傍ら、メディアプロデューサーとしても活躍するステキな大人の女性です。
   
プロフィル21歳でフリーの写真家に。ハリウッドスターなど世界のセレブリティのポートレートや各国大使館、観光局、企業などとのコラボレーションを通して多方面で活躍。特集企画を手掛けてきた雑誌は、non-no、Vingtaine、SPUR、和樂、COSMOPOLITANなど多数。シティリビングの映画コラムでも活躍中。2008年1月31日(木)〜3月2日(日)に、お台場のホテル グランパシフィック メリディアン3階「GALLERY21」で個展「イタリアからの手紙」を開催。
▼アーティスト・AMIYならではの”横浜”がサイトで公開中

 AMIYさんは、サイト「UETE」で特集「AMIY’s Selection」を連載中。世界や日本各地を訪ねた自身の旅のコラムとともに、現地で見つけた魅力あるえりすぐりのアイテムを紹介しています。このサイトで“横浜”が紹介されているので注目を。東京在住のAMIYさんにとって横浜は「一番近くて、気持ちよくリフレッシュできる街」。そんな街を巡って得られた、ホテル活用術や中華街の限定グルメなど、アーティスト・AMIYの世界が満載です。「自分の妹たちに体験してほしいという意識でつくっているので、参考にしてくださいね」
「UETE」
http://uete.jp/hpgen/HPB/
entries/26.html

特集「AMIY’s Selection」

「UETE」
AMIYさんが紹介する、さまざまな都市の魅力をチェックしてね

 フリーの写真家となって23年、今や国内・海外問わず活躍するAMIYさんですが、その経歴は実に運命的。テレビ局の人事部に勤務していたころ、まじめを絵に描いたようなAMIYさんに上司がひと言、「横浜にでも遊びに行ってこい」とアドバイス。その証拠写真として持ち帰った風景写真があらゆる人の目に留まり、なぜか写真家を目指す女の子としてスタジオ勤務することになってしまったとか。
 「写真家になろうとは思っていなかったの。ただ高校時代から写真は好きで、友人の女の子を“どうしたらキレイに撮れるかな”とか、美しい風景を“誰かに伝えられたらうれしいな”という気持ちでカメラと親しんでいたんです。スタジオマンは想像以上にハードな仕事。でも負けず嫌いが性分の私は、やっぱり女性には無理だったか、と言われるのがイヤで、とにかく頑張っちゃったんです」

写真は感動を伝える表現方法のひとつ
 今や表現手段は写真だけにとどまらず、雑誌などの特集で世界の旅を企画し、自ら文章を書き、映画の脚本も手掛けるというマルチなAMIYさん。「その時々の、旬の気持ちや感動を切り取って伝えることが私の仕事。その形にはこだわらない」のだとか。その情熱は一体どこから?と尋ねると…。
 「若い世代のクリエーターたちに、今以上の楽しい世界をプレゼントしたいのかな」。今後も彼女が歩いて得た情報の中からいい情報を厳選して、お得で充実したグルメや旅などを紹介していく予定。「雑草を踏みしめながら“けもの道”を私は歩いている気分。その後を特に志ある女性が笑顔で通ってくれたらうれしいですね」
AMIYさんの
おすすめ
優雅なティータイム
 「おいしくて体に良いものが大好き」というAMIYさんがティータイムのオススメのお店を教えてくれました。雰囲気やお得感もはずさないのがAMIYさん流のセレクトです。
四五六菜館新館
AMIYさんプロデュースの飲茶セット
四五六菜館新館

 「四五六菜館新館」は、本館や別館に比べて少量でオーダーできるなど、女性を意識したメニューが魅力。そんな同店でAMIYさんが「こんなセットがあったらウレシイ!」とプロデュースしたのが「AMIY’s飲茶セット」(1575円)です。美食前菜(4種類の前菜)、手作り点心4種、一口サンラータン麺フカヒレ入り、デザート盛り合わせ、お茶(菊花茶)という内容は「少しずついろいろな味を楽しみたい」という女性にぴったり。予約不要なので、気軽に立ち寄って楽しめます。

住所 横浜市中区山下町166
営業時間 午前11時30分〜午後10時(ラストオーダー午後9時30分)、土曜=午前11時〜午後11時(ラストオーダー午後10時)、日曜、祝日=午前11時〜午後10時(ラストオーダー午後9時30分)。無休 
※年末年始は変更あり。詳細は問い合わせを
TEL 0120(787)456
URL http://www.456saikan.com
日本茶専門店 茶倉 SAKURA
契約農家から仕入れる、こだわりの日本茶
日本茶専門店 茶倉 SAKURA

 「“茶倉”は日本茶を楽しめるお店。豆腐を使ったランチもおすすめ」とAMIYさん。同店は、契約農家から減農薬、無農薬のお茶を約20種類取り寄せています。鉄瓶で沸かしたお湯で、1煎目はスタッフがお茶を入れてくれます。普段とは違う日本茶の味わいに、あらためて驚く人も多いはず。抹茶パフェセット(写真)は、抹茶パフェに好みのお茶付きで1500円。お茶の風味を生かしたデザートのおいしさは、お茶を知り尽くした同店だからこそ。

住所 横浜市中区元町2ノ107
営業時間 午前11時〜午後8時。月曜定休。祝日の場合は翌日休み※年末年始は変更あり。詳細は問い合わせを
TEL 045(212)1042
URL http://www.sakura-yokohama.com/
ホテルニューグランド ザ・カフェ
「プリン ア ラ モード」発祥のホテル
ホテルニューグランド ザ・カフェ

 ホテルニューグランド本館1階「ザ・カフェ」の「プリン ア ラ モード」(945円。サ料別)は、「特別甘いものが好き!というわけではないけれど、時々無性に食べたくなるの」とAMIYさん。カスタードプリンをメインに、アイスクリームやホイップドクリーム、リンゴ、オレンジなどのフルーツを添えた「プリン ア ラ モード」は、実は同ホテル発祥のスイーツ! クラシカルなホテルで、ノスタルジックなデザートを味わってみませんか?

住所 横浜市中区山下町10
営業時間 午前10時〜午後10時(ラストオーダー午後9時30分)。無休
TEL 045(681)1841〈代表〉
URL http://www.hotel-newgrand.co.jp
写真家&メディアプロデューサー AMIY MORIさん
四五六菜館新館日本茶専門店 茶倉 SAKURAホテルニューグランド ザ・カフェ
情報掲載日:2007.12/19