とことん横浜中華街
キラキラ輝くイルミネーションに、豪華パレードも見逃せない
豪華けんらん! 春節ならではのおもてなし

 横浜中華街がいっそう華やぐ時期、それが春節(旧暦の正月)です。今年は1月26日(月)が元日。すでに昨年11月30日に「春節燈花」点灯式が行われ、今後も春節ならではの恒例行事が次々と開催されます。爆竹のごう音、きらびやかなイルミネーション、獅子や龍の舞…。いつもと一味違う、エネルギッシュな空気を感じてみて。


昨年行われた、「春節燈花」の点灯式の様子。街のシンボルツリーでもあるケヤキの木の前で、2頭の獅子が舞を披露しました(写真上) にぎやかなパレードには、荘厳な龍も登場。龍舞を踊らせたら右に出るものはいない、との呼び声が高い「神戸龍獅団」が今年も駆けつけてくれます。団員は、全員神戸兵庫商業高校の生徒だそう(写真右下) ※写真はすべて昨年の様子です

目指すは“元気な横浜中華街”
ライトアップに注目
「元気や癒やしをもらいに来てください!」と語る、米田圭一さん

 実行委員長のカラーによって、毎年少しずつ内容が変わるという春節のイベント。「今回のテーマは、“行こう、見よう、楽しもう”。恒例の伝統行事だからこそ、実際に体験してみないと分からない、生の文化に触れてほしい」と語るのは、今年の春節実行委員長・米田圭一さん。街を彩る「春節燈花」(イルミネーション)にも、横浜中華街を元気にしようという思いが込められています。
 「特に注目なのは、山下町公園のケヤキ。6000個の電球が配置されて、例年にない豪華さです。写真撮影をするなら、ライトアップされたあずま屋をバックに入れて撮ってみてください」
 また、通りに飾られた赤いちょうちんにもこだわりが。
 「数は全部で1000個以上。縦に4連、5連と飾るのがはやりです。文字は、書道家のゆうほうさんに頼んで、書いてもらいました」
 「春節燈花」は2月28日(土)まで開催中です。
 また、ライトアップといえば、2月9日(月)に媽祖廟(まそびょう)で開催される「元宵節(げんしょうせつ)燈籠祭」も見逃せません。「メッセージキャンドルがズラッと並ぶ階段の上で、五穀豊穣(ほうじょう)を願う奉納舞が催されます。幻想的な雰囲気は一見の価値あり。廟が閉まるまでのチャンスをお見逃しなく」と米田さん。奉納舞は、午後7時からスタート予定です。

春節の目玉!
「祝舞遊行」をチェック

 そして、春節の目玉と言えば2月8日(日)開催の「祝舞遊行」と呼ばれるパレード。午後2時30分ごろ山下町公園をスタートして、関帝廟通り、福建路、西門通り、中華街大通り、南門シルクロードを通って、公園に戻ってくる、ぐるりと街を一周するコースです。毎年多くの人でにぎわうこのパレード。落ち着いて見物できる穴場はないかお聞きしたところ…。
 「パレードが出発すると混雑は免れません。そこでオススメなのが、パレード出発前に山下町公園で行われる演舞。出演者が総出で舞いますし、ここならば間近でパフォーマンスが見られるかも。あとは、一度陣取ったらその場を離れないのがコツですね」  これは、思いがけない情報をキャッチ! 演舞は午前10時30分から。獅子や龍、雑技、舞踊が一堂にそろう迫力を、ぜひ体感してください。


人々の願いが込められたキャンドル。
※写真は昨年の様子
元宵節燈籠祭に参加しよう

 春節の最終日を祝う、元宵節燈籠祭で使用されるキャンドルが1月中旬から朝陽門近くのインフォメーションセンター「chinatown80」で発売されます。その場で願いやメッセージを書いて預けると、当日媽祖廟に飾られるシステム。
詳細は発展会 TEL 045(662)1252へ問い合わせを。1本1000円。

春節グッズを探すならココ!!

お祝いムード満点のお店です

萬順行

 キャラクターものやファンシーグッズとは一線を画した、本格的な中国みやげが探せるお店。春節の時期は、ランタンや爆竹、龍、蓮の花をモチーフにした飾りがにぎやかにディスプレーされ、気持ちも自然と盛り上がります。

営業時間 午前10時〜午後9時
       ※日曜、祝日は午後10時30分まで、木曜定休
住所 横浜市中区山下町165
TEL 045(641)4567

真っ赤な特大ランタンは3150円。そのほか、蓮の花のオブジェ5500円など
天宝堂 シルクロード館

 風水グッズや、中国や韓国で人気のスター関連商品が盛りだくさん。年賀カード(250円から)や、大きめタイプのチャイナポチ袋(5枚組120円から)、開運掛け軸(1200円)など、小物も充実しています。

営業時間 午前10時〜午後10時、無休
住所 横浜市中区山下町80
TEL 045(641)6333

ウインドーショッピングに最適。掘り出し物に出合えるかも
横浜中華街の最新情報は「横浜チャイナタウン」http://www.chinatown.or.jp/でチェックしてね!
情報掲載日:2009.1/7
とことん! 横浜中華街
[2011/4/6]
パンダグッズに癒やされ放題!
[2011/3/16]
ほっこり中華菓子でひと休み
[2011/2/9]
「点心」+「中国茶」=「飲茶」
[2010/12/15]
「中華街コンシェルジュ」の心意気
[2010/10/6]
秋の祭典「美食節」へ、いらっしゃい!
[2010/9/1]
アジアンカフェで過ごす自分だけの時間
[2010/8/18]
種類豊富な中華の調味料
[2010/7/7]
中国伝統文化・獅子舞の若き舞い手たち
[2010/6/9]
広東風・朝粥のススメ
[2010/5/12]
食後の一服は「工夫茶」でキマリ!
[2010/4/7]
モダンに進化するチャイナドレス
[2010/3/3]
中国四大料理がそろいぶみ!
[2010/2/10]
春節に食べる、幸せ入り特製ギョーザ
[2009/12/2]
冬は中華風鍋料理でぽっかぽか!
[2009/11/4]
紹興酒(しょうこうしゅ)の魅力、再発見!
[2009/10/7]
これが、有名店の“まかない飯”!
[2009/9/2]
ひんやりデザート、ただいま進化中!
[2009/8/5]
夏の横浜中華街は、夜もおもしろい!
[2009/7/1]
横浜中華街の“歩き方”
[2009/6/3]
横浜中華街の“始まり”を探る!
[2009/5/7]
夜のイベント「ファイアードラゴン」をチェック!
[2009/3/4]
海の安全を守る女神・媽祖
[2009/2/18]
横浜中華街に見る、伝統的中国建築とは?
[2009/1/7]
豪華けんらん! 春節ならではのおもてなし
[2008/12/3]
横浜中華街には、お正月が2度やってくる
[2008/11/5]
今しか味わえない、秋の“風物詩”
[2008/10/1]
人と街、人と人をつなぐアート
[2008/9/3]
家庭円満を祈って食べる、中秋の名月の「月餅」
[2008/8/6]
野菜には火を通して食べるのが中国流!
[2008/7/2]
受け継がれる「関帝廟」は人々のよりどころ
[2008/6/4]
伝統と和のスタイルをアレンジ華やかさが魅力の中国風ウエディング
[2008/5/7]
開港当時、ここは西洋文化の入り口だった!