マリンライセンス ロイヤル・講師 掛田絵梨さん(27歳)


私にとってのヨコハマって… 再スタートした場所

マリンライセンス ロイヤル・講師
掛田絵梨さん(27歳)

海の奥深さに強く魅了され
海と人をつないでいく

プロフィル

北海道旭川市出身、旭川育ち。小学6年生で「少年の船」に乗船したことをきっかけに海への興味を持つ。高校卒業後、船舶について学ぶため広島県内の大学に進学。卒業後は大型船舶で航海士として勤務。一度は退職し、地元へ戻るも海と関わる仕事に就くため上京。現在、「マリンライセンス ロイヤル」で講師として勤務。千葉、勝どき、横浜、葉山で教習に当たる

 誰の心の中にも“忘れられない風景”はあるはず。今回は、想像を超えた風景との出合いをきっかけに海の仕事に就いた女性のライフストーリーを辿ります。

北海道の大地から、大海原の真ん中へ

 小麦色の引き締まった体が白い船体に映え、どこかボーイッシュな雰囲気を漂わせる掛田絵梨さん。元は大型船舶を操縦する航海士。現在は、「マリンライセンス ロイヤル」の講師として小型船舶の実技講習を担当しています。
 海辺育ちかと思いきや、意外にも北海道は旭川の出身。そのギャップを埋めたのがある感動的な風景だったとか。
 「子どもにはできるだけたくさんの経験をさせようというのが両親の教育方針だったようで、小学校時代は水泳、空手、ピアノ、英会話などいろいろな習い事をしていました。その一環で、小学6年生のとき、地球の宝物である自然を大切にする心を養うという目的で実施されていた『少年の船』という企画に両親が応募してくれて。運良く当選して10日間かけて大型船舶でグアム、サイパンを旅したんです。遠く陸を離れて目にしたのが、360度見渡す限りの大海原! 壮観な風景にただただ海の偉大さを感じずにはいられませんでした。波に揺られて船酔いをしたり、恐怖感を覚えたりもしたけれど、それも海の奥深さだと思えて、“海のことをもっと知りたい”と思うと同時に“ここに居たい”と強く願う自分がいることに気づきました」
 その後、中学で海に出る仕事に就くことを決めた掛田さんは、進路を航海士に定め、小さな船を漕ぎだします。

海の仕事を一生続けていくために

 一日も早く海に出たいという思いから、大学の授業も実習も人一倍真剣に取り組んだという掛田さん。そして航海士の免許を取得して大型船舶に乗船し、気象や方位、潮流を読み解きながら航海する仕事は、自分の性にも合ってとても楽しかったといいます。しかし、大型船舶は航海期間が1~3カ月に及ぶことが多く、女性の一生を考えた時、はたして続けられるかどうか疑問に思ったそう。
 「自分の気持ちがブレてしまっては正しい道に進めません。いったんリセットする覚悟で旭川の実家に戻り、医療事務の仕事をしながら次のステージを模索しました。海のない場所で思ったのは、海以外に自分の居場所はないということ。これまでの経験を生かしながら、一生海と関われる仕事をしていきたい。心の底からそう思いました」
 そして求人サイトを通して探し当てたのが、小型船舶のライセンス取得をサポートする現在の仕事。心機一転、毎日海へ出勤する理想のスタイルを手に入れたのです。

百人百様のマリンライフを実現すること

 一人の講師として掛田さんが目指すのが、大型船舶を操船していた経験を生かした実技講習だといいます。
 「小型船舶は波が少し違えば船の走り方も違うのですが、それは大型船舶では全然気にしなくていいところ。小型船ならではのおもしろさを伝えたり、大型船舶に乗っていたからこそ知り得た海の魅力を伝えたり。私の知っている海のおもしろさをたくさんの人に伝えていきたいですね」
 加えて、百人百様のマリンレジャーライフがあることも肝に銘じておかなくてはいけないとも。
 「教習内容は同じでも、お客さんによって性格も目的も異なるので、免許を取ったらどこでどんなふうに使いたいのかを聞いたうえで、それに沿ったアドバイスをするよう心がけています。すべての人のお役に立つためには、自分のなかに豊富な知識を蓄えた広い器がないと…。海って、進化論的には地球の根源であり、人にとっては危険でもあり、恵みでもあり、癒やしにもなってくれる奥深い存在です。働きながら海とのつきあい方を学ぶというスタイルは、これからもずっと変わらないでしょう」と掛田さん。
 海とともにある純粋で濃厚な生き方が輝いてみえます。

最短2日間! 小型船舶の免許を取得して
あなたも海に出てみませんか

 「マリンライセンス ロイヤル」は自動車とクレーンのライセンス事業を全国展開するロイヤルコーポレーションが2008年にスタートした新事業。
 国土交通省登録の教習場のため国家試験は免除となるのが特長で、学科1日・実技1日の最短2日間で2級小型船舶操縦士免許を取ることができます。また、レンタルボートの体験や操船セミナーが無料で受けられるなど卒業生特典も充実しています。
 「海の上には求めている何かがきっと待っているはず。ほんの少し心を弾ませて陸から海へジャンプしてみて」と掛田さん。教室は平野ボート(磯子区)もしくはD-marina(神奈川区)。詳細は下記に問い合わせを

問い合わせ
「マリンライセンス ロイヤル」
TEL045-681-1929 ※受付時間=午前9時~午後6時
横浜市中区相生町6-104-2、横浜相生町ビル2階
http://marine-license.com

【シティ読者限定レディースプラン】

 10月31日(水)まで、「シティを見た」と予約すると、女性限定で、2級小型船舶操縦士免許の受講料金が、通常12万7000円→9万9800円に!

 実技教習は、みなとみらいやベイブリッジを海原から望むロケーションで! 同校の卒業生は会員制レンタルボートの料金がお得になるのでお見逃しなく


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ