WANCOTT マネージャー 北島 愛さん(36歳)


私にとってのヨコハマって… 「犬への想いを形にする場所!!」

WANCOTT マネージャー
北島 愛さん(36歳)

自分に足りない経験は
天真らんまんな子犬がくれた

プロフィル

山形県出身、川崎市在住。大学で動物衛生学を学び、卒業後は動物看護師として川崎市内の動物病院で夜間救急と二次診療に従事。その後、一次診療の動物病院での勤務を経て、2017年4月に「WANCOTT」のマネージャーに就任。自宅では保護犬のミニチュア・ダックスフンド(ルウ8歳)、シェットランド・シープドッグ(とと6歳)、トイ・プードル(むぎ2歳)を飼育する

 昨年4月、中華街の一角に誕生した、犬と人のための大型複合施設「WANCOTT」(ワンコット)。同施設のマネージャー、北島愛さんの歩んできた道をたどります。

24時間診療にこだわり続けた時代

 北島さんは小学生のときから大の動物好き。自宅では犬、猫のほかウサギ、カモ、亀、鳥、ハムスターとたくさんの動物を飼っていました。そんななか、愛犬のシェットランド・シープドッグが先天性の心臓病を患い、わずか2年で他界。症状が悪化したのが夜間で地元の病院はどこもやっておらず、ただただ見つめるだけで何もできなかったのだとか。その悔しい思いを胸に、「将来は24時間診療を行っている動物病院で多くの命を救いたい」と決意を固めたといいます。
 「本当は獣医になりたかったのですが…。1年浪人して大学では動物衛生学を学びました。そして卒業後は迷うことなく、夜間救急のある動物病院に就職。幸いにも、そこは獣医と動物看護師の連携体制がしっかりした病院で、看護師もものすごく勉強させてもらえるし、診療では看護師の立場から意見も求められる。さらに、獣医に連れ添って二次診療の難しい手術や検査にも携わることができ、ありとあらゆる知識と経験を積み重ねることができました」

飼い主として誠心誠意、子犬と向き合う

 小学4年で志を立ててから20年間、無我夢中で走り続けてきた北島さんは、30歳を前に一次診療を行う動物病院に転職。そこにはどんな心境の変化があったのでしょう?
 「正直、24時間診療は時間も不規則で体力的にもハードでいったん休憩をしようと思ったんです。気持ちに変化が現れたのは、実際に勤務してから。それまでは動物の命と向き合うことで精一杯で飼い主さんと触れ合う機会はそれほどありませんでした。でも、獣医1人と看護師1人という個人病院では、いろんな悩みを持つ飼い主さんの話し相手となるのは私の役目。獣医に言えない本音も待合室では話せるという声も多くありました。飼い主さんの気持ちに寄り添うという仕事もあるんだな、とそのとき実感しました」
 そして、人生一大事ともいえる大きな変化をもたらしたのが、トイ・プードルの子犬・むぎちゃん。「32歳のときに自分には子供を産めないかもしれないというのが分かって。悩んだ末に、一から犬の子育てをしようと思いブリーダーさんの元から一匹の子犬を迎え入れたんです」と北島さん。
 すでに自宅には、保護犬のミニチュア・ダックスフンドと知人から引き受けたシェットランド・シープドッグがいて、飼育経験の豊富な北島さんにとっては、子育ての楽しみを待つばかり。しかし、新たに家族の一員となったむぎちゃんは、北島さんいわく、“悪魔の子”でした。
 「サルみたいに鳴くし、ほかの子をかんだり蹴飛ばしたり、手に負えなくてとうとうプロに助けを求めました。しつけ教室を数カ所まわり、最終的にたどり着いた教室のトレーナーさんから、ヤンチャで何がいけないの? この子をどうしたいの?と聞かれ、目からうろこ。おとなしい子に育てようとするばかりで子犬の欲求を満たしていなかったことに気づかされました。それから一年以上をかけてみっちりとむぎの気持ちに寄り添いました。エネルギーを発散させたり、人に会うことに慣れさせたり、犬同士で過ごす社会化学習にも参加させたり。毎日、駅の改札前に立って一緒に人間観察をしたことはいい思い出です」
 大型複合施設「WANCOTT」のマネージャーの話が舞い込んだのは、北島さんとむぎちゃんの挑戦が一段落した頃。ひらめきと決断がその後の道を開いたのは言うまでもありません。現在「WANCOTT」で意欲的に働く北島さんの仕事は、介護・看護のスタッフ指導をはじめ、イベントや各エリアのサービス内容の企画調整、スタッフ管理、そして飼い主さんの対応と多岐にわたります。「この仕事にまい進できるのは、天真らんまんなむぎのおかげ」。そうサラリと明言した北島さんの笑顔に、優しさと強さがにじんでいます。

基本的なしつけから老犬ケアまで
犬の一生をトータルサポート!

 飼い主と犬との双方向的なコミュニケーションを育むことをテーマに、愛犬と人のよりよい暮らしの実現を目指す大型複合施設「WANCOTT」。
 会員になると、ホテル、パーク(ドッグラン)、トレーニング、介護、フィットネスなどの幅広いサービスが受けられます。各分野の専門スタッフが連携して総合的にサポートしてくれるは大きな魅力。コミュニティスペースは一般の人でも入場可能なイベントも開催しています。詳しくはホームページへ。

WANCOTT
TEL045-264-8730
住所 横浜市中区山下町168-1、レイトンハウス横浜3・4階
営業時間 午前10時~午後8時
https://wancott.com/

国内最大級の全天候対応型屋内パーク(ドッグラン)。常駐トレーナーが犬同士の事故やトラブルを防いでくれます

ホテルでは、広々としたフリースペースと完全個室を完備。24時間スタッフが常駐するので、信頼してペットを預けられます


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ