横浜出張着付けHARU 着付け師 小西 歩さん(39歳)


横浜出張着付けHARU 着付け師 小西 歩さん(39歳)

私にとってのヨコハマって…

横浜出張着付けHARU 着付け師
小西 歩さん(39歳)

女らしさを最大限に輝かす
“着物”という魔法をかける

プロフィル

東京都出身、横浜育ち。OL時代に日本文化きもの学院に通い、着付け師の資格を取得。写真スタジオ、帝国ホテル、ウェスティンホテル東京、パレスホテル東京の着付け室で勉強後、結婚式や成人式、園遊会、雑誌、CM、テレビ番組、銀座のママの着付けなどの現場を経験。着付け師歴10年。美容師免許、管理美容師、福祉美容師、取得済み

 身にまとうだけで所作も心も女らしく変化する“着物”。その魅力を探るとともに、OLから着付け師に転身した小西歩さんの素顔に迫ります。

悔しさをバネに技術とセンスを磨く

 モノトーンの縦じま模様のモダンな着物に、カラフルな和色の小物をアクセント使い。髪もメークも手抜きがないのに、どこか抜け感のある着こなしがすてきです。
 着付け師・小西歩さんが“着付け”と出合ったのは、貿易事務をしていたOL時代。アフター5に何をしたらいいのか時間を持て余していたときに、会社の隣のビルに入っていた着付け教室に通ったのがきっかけでした。
 「最初はほとんどひまつぶし。だから全然覚えられなくて。けれど、回を重ねるごとに面白くなって、自分で着られるようになると、今度は帯や小物の合わせ具合によって七変化する着物の奥深さにも惹かれていきました」
 卒業後、ほどなくして土・日曜に写真スタジオでアルバイトをすることにした小西さん。そこで転機は訪れます。
 「着付け師といってもこの程度か、って面接官から言われたんですね。はっとしました。そしてとても悔しかった。それからですね、私が本格的に着付けを学び始めたのは。現場で実践しながら自主練も繰り返して自分なりに納得のいく技術を身に着けたんです。思えば人に着せるのはその写真スタジオが初めてだったのですから、無謀ですよね」
 その後、さらに着付けを極めたいと思った小西さんは、仕事を辞め、帝国ホテルやウェスティンホテル東京など都内有名ホテルに併設されている着付け室に所属して3年間、礼装を習得。そして技術の幅を広げるべく、銀座のセットサロンに舞台を移し、バーやクラブで働く女性たちの華やかで粋な着付け法を身に着けました。
 「目標に向かって一直線に努力を積み重ねるのもすばらしいことですが、私は勘を頼りに、なんとかなるって思えることは、きっと乗り越えられることだと思って飛び込むタイプ。踏み出した先の道でいろんな出合いもあるし、それによって自分がどう変わるかも楽しみですよね」と小西さん。その人生観はとてもシンプルで頼もしく感じられます。

楽しいと思えることを、楽しんで実践する

 出産を機に新たなワークスタイルを模索した小西さんは、持ち前の行動力と経験を生かして「横浜出張着付けHARU」を設立。依頼者が手軽に着られるよう自宅に訪問するスタイルを採用し、同業者と連携を図りつつ、結婚式の列席や七五三、成人式、入学式・卒業式など多彩なシーンを彩る着物姿を作り上げています。2年前から婚礼の着付けもメニューに追加。新境地開拓にも意欲を見せています。
 月2回、同業者向けの勉強会を開き、効率的な情報交換を可能にしているのも彼女らしいやり方。着付けの英会話、パーソナルカラーの知識、そして早着せの特訓法など、主に小西さんが“そのときやってみたいこと”をテーマに、専門家に講義を依頼。「1人でコツコツ努力するのは根気がいるけれど、みんなで一緒に学べば楽しく上達できるというのが私の持論です。20人集まれば、20通りのアイデアが集まる。すごく勉強になります」と目を輝かせます。
 そんな小西さんにとっての近未来の夢とは?
 「日本人女性の魅力を最大限に輝かせる着物と横浜の風景をコラボさせることかな。最近は“前撮り”といって、結婚式の当日より前に撮影を希望する方や写真だけ残しておきたいという方も増えています。その際、重要となるのが撮影場所の選定。これまで日本大通りや横浜開港記念会館、磯子区の久良岐能舞台などで撮影をしましたが、すごくすてきでした。古き良き伝統とモダンが共存する横浜には、着物姿を引き立てるロケーションがまだまだたくさんあると思うので、今後リサーチしたいと思っています」 
 ひらめきと決断で新たな扉を次々と開いていく小西さん。日々の出来事を楽しみながら、チャレンジは続きます。

小西さん流お得感満載の着物

 「勝負服は着物で!」と太鼓判を押す小西さんが着物の5つの魅力を教えてくれました。
①フォルムが普遍的なので何代でも着られる
②体型を気にしなくていい
③小物づかいで何通りにも着まわせる
④着るだけで女らしい表情や所作になれる
⑤お店で景色のよい窓際に案内してもらえるなど、外出先で周囲の待遇がちょっとスペシャルになるラッキーも!

子どもが生まれると着物を着る機会が増えるので、時間のあるうちに準備をしておくのがオススメなのだそう。まずは気軽にその良さを実感してみては?

■メニュー(出張受け付け時間:午前8時〜午後3時)出張料金=技術者1人につき5000円
大人着付け5000円、ヘア5000円、和髪・日本髪1万円、メーク7000円、七五三着付け1万円(女の子はヘアメーク付き)、成人式当日3万円(着付け・ヘアセット)〈婚礼〉新郎新婦着付け5万円、新婦ヘアメーク5万円、新郎新婦衣装レンタル5万円 ※詳細は問い合わせを

■問い合わせ
横浜出張着付けHARU
TEL080-5527-0757
https://www.yokohama-kimono.com/


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ