横浜ビー・コルセアーズ NATA公認アスレティックトレーナー 宮内彩さん(30歳)


ごひいき

宮内彩さん

横浜ビー・コルセアーズ
NATA公認アスレティックトレーナー 宮内彩さん(30歳)

憧れが現実となった今、
自分らしさにこだわりたい

千葉県出身。船橋市立船橋高校普通科留学教育コース、米国ネブラスカ州立大学カーニー校卒業。大学卒業と同時にNATA公認アスレティックトレーナーの資格取得。帰国後bjリーグの富山グラウジーズ、京都ハンナリーズで経験を積み、2011年横浜ビー・コルセアーズのマネージャー兼アシスタントアスレティックトレーナーに着任。2014年からアスレティックトレーナー専任

 NBLとbjリーグが統合し、新生Bリーグとして今秋スタートを切る日本男子バスケットボール。今回は、横浜ビー・コルセアーズのアスレティックトレーナーとして活躍中の一人の女性にスポットを当てます。

運命の出会いから一直線につながる道

 「アスレティックトレーナーとは、ケガなどアスリートの全般を見る、いわゆるドクターアシスタントのようなもの。状態を見てドクターに送るのか、こちらで処置やリハビリ、コンディショニングをするのかを迅速に判断します。また、ケガの予防こそトレーナーの最重要課題であり、ストレッチやプレウォームアップエクササイズなど一人ひとりに有効な予防法を見極めて対処することが必要です」
 そう語るのは、横浜ビー・コルセアーズのアスレティックトレーナー・宮内彩さん。小学4年生でバスケットボールを始め、中学2年生のときにアスレティックトレーナーを生涯の仕事にしようと決意。そのあまりに早い決断には、ある女性との心揺さぶられる出会いがあったようです。
 「日本バスケのJBL(実業団)の決勝を見に行ったときに、たまたまトレーナーの方が女性だったんですね。その方を見て、単純に“かっこいい、この人に倣(なら)いたい”と思いファンレターを書いたら奇跡的に返事が返ってきて…。さらにトレーナーになるには何をすべきかを質問すると、まだ中学生なので解剖学や実務を勉強するのは早いということで、ご自身がトレーナーの資格をとるためにアメリカの大学で学んだことや、チームには外国人選手もいることなどから英語を頑張るようアドバイスをもらったんです」
 その後の進路は、まさにアスレティックトレーナーへと続く一本道。バスケットが強く、留学教育コースのある高校を選択し、その後、少人数教育と充実したカリキュラムを重視してアメリカのネブラスカ州にある大学へ留学。
 「やりたいことを追いかけていったので、怖さなど少しもありませんでした。大学では実際に人体解剖もしましたが、不思議と嫌悪感はなく、貴重な体験ができたと感じています」
 大学卒業と同時にアスレティックトレーナーの資格受験に合格。帰国後bjリーグの富山グラウジーズでマネージャー兼アシスタントトレーナーとして業界入りを果たしました。

“今日の精一杯”が未来の自分になる

 不断の努力を実らせ、アスレティックトレーナーとして8年目を迎えた宮内さんにとっての最大のやり甲斐は、選手がイキイキと活躍していること。
 「からだの使い方をしっかり教えて、それを日々実践している選手がコートで活躍し、最終的に試合で形になったときは、間接的ですけど最高にうれしいですよね。ケアしてもらったからだは、ちゃんと動いているんだなぁと思います」
 選手を見守るその姿はきっと、中学2年生の瞳に輝いて映った“憧れの女性”に似ているのではないでしょうか。
 「私も30歳となり、今後を考える節目の年を迎えたと思うんです。5年後のビジョンを持ち、今何をするべきかを見出すためにいろいろな人に会って話を聞きたいと思っています。また、選手のパフォーマンス向上のためにトレーナー部会を設立し、それと並行してアスレティックトレーナーという仕事の認知度を上げたいですね。人生は短いので、楽しく、毎日を精一杯生きていきたいと思っています」
 強運とは求める心の強さ。“自分らしいスタイルの確立”と“業界に果たす役割”という新たなテーマが吹き込まれた宮内さんのストーリーがボリュームを増していきます。

ユニホームに社名が入るのは“トップパートナー”だけじゃなかった! 地域密着型のパートナーシッププランに注目

1ゲームごとの契約も可能なプランもあり

日本バスケが盛り上がる!
パートナーシップを結んで応援しよう

 2013年に関東チーム初のリーグ優勝を達成した横浜ビー・コルセアーズ。新生Bリーグ発足後は日本男子バスケットボールの注目度も増し、さらなる活躍が期待されています。
 同球団では、横浜スポーツタウン構想の一翼を担い、市民の生活に溶け込む球団として企業とのコラボを実施していく予定です。公式戦ユニフォームやコートサイドの看板などへの社名掲出や、会場を盛り上げるダンスタイムに行われる観客へのプレゼントを利用したサンプリングなど、さまざまなメニューを用意。あなたの企業や商品の魅力を、日本バスケの進化とともに全国にPRする好機かもしれませんね。詳しくは下記まで問い合わせを。

横浜ビー・コルセアーズ
TEL 045-507-4544
http://b-corsairs.com/


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ