盆栽「豆松屋」主宰 盆栽家・山崎ちえさん(30歳)


ごひいき

山崎ちえさん

盆栽「豆松屋」主宰
盆栽家・山崎ちえさん(30歳)

自然を身近に感じ取る
素晴らしさを伝えたい

1986年横浜生まれ、横浜在住。(公社)全日本小品盆栽協会認定講師、日本小品盆栽組合組合員。一般企業を退社後、2009年8月小品盆栽専門店「やまと園」で修業をスタート。2012年8月に独立、9月には自身の屋号「豆松屋」を創業。2013年、日本作風展新鋭作家部門銀賞を受賞。2014年、(公社)全日本小品盆栽協会認定講師取得。現在は盆栽教室のほか、月刊誌「盆栽世界」、朝日新聞社PR誌「マイガーデニング」で連載を執筆中

 「○○女子」ブームの中、現在急増しているのが「盆栽女子」。特に女性にも扱いやすいミニ盆栽は、部屋に和をもたらすインテリアとして人気だとか。その盆栽を仕事に選んだ女性がいます。盆栽家として芽吹きはじめたばかりの山崎ちえさんを訪ねました。

盆栽オタク?だったOL時代

 「自然を手元に置きたいと思ったんです」
 山登りが趣味という父親の影響で、幼いころから自然が大好きだった山崎ちえさん。自宅庭木の手入れをしようと出向いた書店の園芸コーナーで、一冊の本と出合います。
 「のちに教室へ通うことになる女性盆栽家の本でした。当時私は普通のOLだったのですが、盆栽の魅力に引き込まれ、帰宅すると盆栽の本や写真を見ていました。とにかく、ひたすら、無心で、じ~っと(笑)」
 そして会社を辞し、23歳の時、男性社会と言われる盆栽の世界へと飛び込みます。

人間の営みに関係なく、巡る自然の強さ
盆栽は目の前で季節を教えてくれるんです

 大和市の盆栽園で3年間の修業時代を経て、独立。2012年には料理人の友人と、盆栽教室と和ランチのコラボ「豆松カフェ」を月1回開催。すると想像以上に反応が大きく…。
 「やってみたかったのよ!という同世代の女性が多くて驚きました。一方で、盆栽って若い方にも受け入れられるんだという自信もつきました」
 盆栽家として4年。現在は「豆松カフェ」やカルチャ―教室などで盆栽教室を行い、盆栽展などで出店。「まだまだ修行中です」とはにかむ山崎さん。盆栽の一番の魅力とは?
 「日常でいち早く季節を教えてくれるのが“植物を身近に置く”という盆栽の面白さかなと思います。自分で世話をするからこそ目を離しませんし、そばに置くからこそ香りを近くに感じられる。東日本大震災の時、横浜にいる私たちも不安を抱える日々でしたが、ふと見ると盆栽の新芽が動き、花が咲いていたのです。人間がどうだろうと季節や日差しは常に巡り、それは植物の動きによって気づかされる。自然の強さにハッとしましたね」
 豊かな感受性を持つ山崎さん。“盆栽女子”ブームに留まらず、盆栽家として、今後のビジョンを聞きます。
 「日本の若い人に盆栽を広める方法を模索中です。例えば従来にない盆栽の鉢を作る人とのコラボなど、斬新なアイデアも取り入れたい。私の強みは王道の盆栽界との繋がりを持ちつつ、まだ30代の女性で、盆栽を知らない人の近くにいる。そのポジションを生かして、外部との多くの接点を繋げ、若い人向けの盆栽を普及していきたいですね」

「豆松カフェ」の和スイーツ

 「豆松カフェ」で山崎さん一番のお気に入りメニューが「抹茶風味のクリーム白玉」(400円)。注文を受けてから作る、できたて抹茶風味の白玉団子やパリパリした玄米フレーク。黒みつが風味豊かに香り、「手づくりの優しさが感じられる一品です」と山崎さん。ほかに「米粉のシフォンケーキ」など、気になる和スイーツもそろっています。

昭和にタイムスリップ!
本牧の古民家で、盆栽&和食が楽しめる

 山崎さんが行っている盆栽教室の拠点は、本牧間門で築80年の古民家「豆松カフェ」。
 料理人・渡辺妙子さんによる、四季を感じる懐石料理や日本酒、20食限定のサービスランチ1000円(毎週金曜正午から)が味わえるほか、和スイーツやオリジナル「豆乳担々麺」800円などのカフェメニューも。昭和の風情に包まれた、懐かしい時間が流れます。

「豆松カフェ」
TEL 080-3241-3471
営業時間 午前11時~午後9時(カフェは4時まで)。日・月曜定休 ※懐石などの食事は予約制
山崎さんへの問い合わせ TEL 045-410-5007
http://www.mamematsuya.com/

「第40回 相模小品盆栽展」

ミニ盆栽の世界に触れてみては。会員による販売品もあります ※写真はイメージ

会期 4月1日(金)~ 3日(日)、入場無料
時間 午前10時~午後5時(最終日は4時まで)
会場 イオンモール大和 3階イオンホール
問い合わせ やまと園 TEL 046-268-0121


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ