運転士 小野木真里さん


ごひいき

小野木真里さん

相模鉄道 運輸車両部 かしわ台電車区
運転士 小野木真里さん

私にしかできない仕事を
夢いっぱいの運転士1年生

神奈川県生まれ、横浜在住。2012年、相模鉄道株式会社に総合職として入社。営業部 二俣川管区に駅係員として配属される。駅係員として改札口での案内、ホームでの列車状態注意、駅構内の清掃などを経験。2013年、運輸車両部 かしわ台車掌区に配属。約2カ月間の見習いを経て車掌に。2014年8月から運転士の教習期間がスタート。今年6月に免許を取得し、運転士となる

 電車やバス、タクシーやトラックなど、最近ますます女性運転士(手)の姿を目にするようになりました。小柄の女性が大きな車両を動かしている姿は、どこか感動的でもありますね。横浜~神奈川県央部を走る「相鉄線」にも若き運転士がいると聞き、さっそく会いに行きました。

安全が当たり前の世界に飛び込んで

 現在、「相模鉄道」の運輸車両部には3人の女性の運転士が働いています。その中の最年少運転士が、今回紹介する小野木(おのぎ)真里さん。
 「地域に密着しながら、さまざまな分野で発展していく将来性ある相模鉄道で、いろいろなことに挑戦しようと入社しました。しかし車両の運行はやはり会社の要(かなめ)。いつかは運転士に…という気持ちはありましたね」
 入社4年目。駅係員を1年半、車掌を8カ月間経験し、今年6月に運転士の免許を取得。独り立ちの日を迎えます。
 「最初の乗務は、かしわ台駅から横浜方面への上り電車でした。それまでは教習期間ということで、隣に指導操縦者がいてくれたのですが、その日からは一人。運転席がとても広く感じたことを覚えています。朝のラッシュ時や混雑しているホームに入線する時などは、責任感に押しつぶされそうになりました。その一方で、“やっと一人で運転できる”という高揚感も大きかったですね」
 終始キリリとした表情で語る小野木さん。日々の緊張感が伝わってくるようです。乗務中に心掛けていることとは?
 「運転する中で一番肝心なのは基本動作です。例えば駅に止まったらブレーキに必要な空気圧や、信号などを“指差確認”。運転席には機器も多いので、その誤操作を防ぐためにも確認の流れは崩さないように、習ったことは徹底して守るようにしています。…心がけというよりも、日々の運転では当然のことですけれど(笑)」
 安全が当然の仕事。今は全力で取り組んでいる様子です。

不規則なスケジュールにもやっと慣れ
スポーツで体力づくりと健康管理に留意!

 日々の業務体系を聞くと、その不規則さに驚かされます。
 「例えば日中から深夜まで乗務したら、その日は最終の駅で泊まりになります。そして翌日は早朝から午前中まで乗務して、午後からは休み…とか。当初はこのスケジュールに慣れなくて、仮眠するにも緊張してなかなか寝つけませんでした。でも今はすっかり大丈夫! 仕事のために睡眠時間はきちんと確保して、健康管理には気をつけています」
 休日はテニス、スノーボード、スキューバダイビングなどのスポーツにいそしみ、アクティブに動くことを心がけているのだとか。そんな多忙で、充実した日々を温かく見守るのはやっぱりご家族です。
 「私が電車を運転するなんて、想像もしていなかったらしいんですね。でも一度、両親が私の運転する電車に乗ってくれました。運転席の後ろの窓にずっと張り付いて、のぞいていたらしいです(笑)」
 運転士としてピカピカの1年生。小野木さんの視線は今、なにを捉えているのでしょう。
 「自分がここにいる意味を考えています。例えば運転士という仕事の中でも、自分にしかできない女性らしさを出せたらいいな、とか。男性に混じり、みんなと同じことをやっていても何も変わっていかないと思うので。でも、まだそんな余裕はありませんけど(笑)」
 将来的には駅長を目指したいという小野木さん。輝く未来へ向かって今日もハンドルを握り、相鉄線を走っています。

「ゆめきぼ切符」と「オリジナル絵馬」。左のピンズは「希望ヶ丘」駅で、右のピンズは「ゆめが丘」駅でプレゼントしてくれます

新年は“ゆめ”と“きぼう”を携えて!
「ゆめきぼ切符」と「絵馬」で良い一年に

 間もなく迎える2016年。新しい年は、駅名にちなんだ縁起の良い切符を手に入れませんか?
 相鉄線「ゆめが丘」駅と「希望ヶ丘」駅を結ぶ、「ゆめが丘駅~希望ヶ丘駅硬券乗車券」(270円)を購入すると、“大願成就”と書かれた「オリジナル絵馬」と、干支にちなんだ「そうにゃんピンズ」をプレゼントしてくれます。さらに乗車券をキーホルダーに入れて携帯できる「ゆめきぼホルダー」(300円)も同時発売。
 またキャンペーン期間中は、両駅に絵馬が結べる「絵馬掛け」を設置。その後「寒川神社」でお焚き上げをしてくれます。大切な人に贈ってもいいね。

販売期間 12月25日(金)~2016年3月31日(木)
配布数 各駅限定、先着5000セット(合計1万セット)
販売箇所 相鉄線「ゆめが丘」駅、「希望ヶ丘」駅、通信販売

ゆめきぼ切符の問い合わせ
「相鉄お客様センター」
TEL 045-319-2111
月~金曜=午前8時~午後8時、土・日曜=午前9時~午後5時


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ