急な坂スタジオ ディレクター 加藤弓奈さん(35歳)


ごひいき

加藤弓奈さん

急な坂スタジオ ディレクター
加藤弓奈さん(35歳)

横浜の街とアートを繋ぐ
坂の上の仕掛け人!

横浜生まれ、横浜在住。早稲田大学第一文学部演劇映像専修卒。在学中からインターン生として横浜の小劇場「STスポット」で制作アシスタントを務め、卒業と同時に就職。2年後には館長に就任。2006年、育成型の稽古場施設「急な坂スタジオ」の立ち上げに参加。2010年4月、ディレクターに就任する。以降、若手アーティストや、利用者の創造活動をサポートするプログラムを継続的に実施中

 演劇やダンス、映像などに携わるアーティストたち。彼らを長く支援していきたいと、裏方に徹する女性がいます。ディレクターへ至った道のり、現在のプロデュース業などを聞きました。

そこで“何が起こっているのか”が知りたくて

 そのユニークなネーミングも納得。野毛山動物園の向かい側。急こう配の野毛坂途中に「急な坂スタジオ」はあります。この場所で多忙な業務をこなしているのが、ディレクターの加藤弓奈さん。館長という責務も担う彼女、学生時代は「演劇映像専修」を専攻していました。
 「演劇の歴史や評論、経営など、学んだのはいわゆる演劇の外側です。舞台に立つことよりも制作側、バックヤードに興味があって。幕が開くまでの限られた時間の中で、どのくらいの人々が動いているのか、そこで何が起こっているのか。そんなことを知りたかったんですね。実際に経験してみると、怒号飛び交う大変な世界でしたけれど(笑)」

横浜の街中に点在しているスポット
劇場として使わない手はない!

 2006年、横浜市西区に舞台芸術の拠点となる「急な坂スタジオ」がオープンすることに。その立ち上げの中心メンバーに抜擢された加藤さん。
 「当時在籍していた小劇場では、日々公演を行うことだけに集中せざるを得なくて…自分の仕事や、劇場として出来ることに限界を感じていた時でした。そんな折、新スタジオのオープンというパワーのあるお話をいただき、『私が本当にやりたかったのは、公演までの裏方だったはず!』と初心に立ち返ることができ、非常にうれしかったですね」
 数カ月の準備ののち、同年10月「急な坂スタジオ」がオープン。大小5つのスタジオとホール、和室を擁し、演出家、ダンサー、俳優、公演が決まっているアーティストや団体の稽古場としてスタジオを提供しています。
 「レンタルスタジオなので、この場所を快適に借りていただく環境づくりが日々の業務ですね。ディレクターとしては、特定のアーティストたちのサポートと支援を。また企画立案のプロデュースも私の大きな仕事のひとつです」
 実際に加藤さんがプロデュースした作品は、国内ツアーはもとより、海外進出したものも。
 「私が何をしたかという事よりも、場所と時間と機会を提供すれば、それだけの力を発揮できる人たちがいる。あくまで彼らの力ですし、お客さんの満足度の方が重要なので」
 どこまでも謙虚な姿勢の加藤さん。しかしその企画力と手腕には、長いキャリアを大きく感じさせます。
 「定期的に横浜の街や施設を使ったプロデュース公演を行っています。『横浜美術館』ではダンス公演を、『野毛山動物園』では演劇を、『総持寺』では映像作品の展示を。今後も横浜の街が持っている財産を、劇場として活用していきたい。街中でばったりアートと出合える機会を増やし、それをきっかけにアートに興味を持ってもらえればと。アートって分かりにくいので(笑)、待っているだけではなく、こちらから出向いていかないとって思います」
 根っからの仕掛け人。今後の密かな計画は?
 「急な坂スタジオを、世界中に作りたいんです。場所の条件は…“急な坂”があれば(笑)」
 冷静な口調の中に、ふと垣間見せる30代の素顔。横浜の芸術発展のため、今後も注目したい、すてきなリーダーです。

(左上)野毛山動物園に向かう坂の途中にある急な坂スタジオ。かつては結婚式場の「老松会館」でした
(右上)「コミュニティルーム」では、TVモニター、プロジェクター、ビデオ、DVDプレイヤーなどの備品が有料でレンタルできます

私たちでも利用が可能な
「コミュニティルーム」

 急な坂スタジオには、練習や会議などで利用できる「コミュニティルーム」があります。50平方メートルの部屋にはイスや机があり、別料金でプロジェクターやDVDプレイヤーもレンタル可能。料金は午前10時〜午後1時=700円、午後1時30分〜5時30分および午後6時〜10時=1100円、終日=2900円。利用希望月の2カ月前から、先着順で申し込みができます。

急な坂スタジオ
TEL 045-250-5388
住所 横浜市西区老松町26-1
開館時間 午前10時~午後10時。毎月第3月曜休館
http://kyunasaka.jp/


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ