フクロウに会える店 ふわふわ オーナー・柾木美紀さん(37歳)


ごひいき

柾木美紀さん

フクロウに会える店 ふわふわ
オーナー・柾木美紀さん(37歳)

一度限りの人生だから、
“やらずに後悔”はしたくない

神奈川県出身。高校卒業後、日立製作所に入社し、15年間、経理部に勤務。在職中にフクロウとの出会いを経て脱サラを決意。2014年4月「フクロウに会える店 ふわふわ」オープン。「フクロウの飼育はハードルが高いと思われがちですが、意外とそんなことないんですよ」。フクロウと人のふれあいを通して、ペットとしてフクロウが暮らしやすい環境づくりも目指している

 「好き」を仕事にすることは、幸せの選択肢のひとつ。今回は“森の賢者”といわれるフクロウの虜(とりこ)になり、OLからフクロウに会えるお店のオーナーへと転身を遂げた女性にスポットを当てます。

フクロウをペットとして飼う

 閑静な住宅地を近隣に控え、どこかのどかさも漂う東急田園都市線「市が尾」駅から徒歩2分。その恵まれた立地に建つマンションの1階に、昨年4月にオープンした「フクロウに会える店 ふわふわ」があります。店内には大小さまざまな種類のフクロウが! ガラス玉みたいな目を観察したり、ふわふわの羽に触れたり、そして手や肩に乗せたりしてフクロウとのふれあいを楽しむことができます。
 オーナーの柾木美紀さんとフクロウの出会いは約5年前。当時柾木さんは大手メーカーの経理部に所属するOLで、社内恋愛で結ばれたご主人と何不自由のない生活を送っていました。そんなある日、レジャーで出かけた掛川花鳥園でフクロウと対面し、その存在感に心が揺り動かされます。
 「かわいらしい仕草やふわふわとした触り心地…すぐに虜になりましたね。帰りの車の中で情報を収集したら、ペットとして飼えることが分かって。ほどなく小型種のコノハズクを飼ったのをきっかけに、2年弱で4羽を自宅に迎えていました。フクロウは省エネでむやみに騒いだりしませんし、無表情のようで豊かな表情を持ち、見飽きることがありません。何より見ているだけで心が癒やされます。お店を開いたのは、そんなフクロウのことを多くの人に知ってもらいたかったから。でも一番の理由は、自分がもっと彼らと一緒にいて、もっと彼らを知りたいと思ったからなんです(笑)」

心を解放するシンプルな生き方

 OL時代はデスクワークがほとんどだったという柾木さんですが、現在はフクロウの運搬や餌やり、店内の掃除、そしてお客さんに応じた接客など、そのライフスタイルはアクティブな方向へ一新したそう。「一羽ずつケージに入れて運ぶのは体力がいるし、フクロウたちの体調管理をするのも神経を使いますが、好きなことを形にできている今は、毎日がとても幸せ! 訪れたお客さまがみなさん笑顔になって帰っていかれるのを見ると、お店をやって本当によかったなって思います。15年間勤めた会社は居心地がよく、暮らしも安定していましたが、保守的になり、本当にやりたいことをやらずに後悔することだけはしたくなかった。人生は一度限りですから」と柾木さんは目を輝かせます。
 自分の直感に敏感になり、心を解放して余分なものを削ぎ落とす。勇気ある決断が幸せの実感につながっています。

柾木さん流
個性豊かなフクロウがお出迎え

上右:スピックスコノハズクのもずくちゃん。気分屋さんで水浴びが大好き。柾木さんが、最初に飼ったフクロウなので、「表情を見れば、今どんな気分なのか大体分かります」とのこと
上左:インドオオコノハズクのモカちゃん。おっとりとしたやさしい性格で子どもでも手や肩に乗せやすい

 「自分の子のように愛情を注ぐことで少しずつ心を開いてくれる」という柾木さん。たくさんいる動物スタッフの中でも、関係の深い子たちを紹介してくれました。あなたはどの子がお好みですか?

アビシニアンワシミミズクのアビちゃん。マイペースで、反射神経のすぐれた「乗り」のベテラン。肩でも頭でもすんなり乗りこなします

アカアシモリフクロウのごまちゃん。物事に動じない子。サイズ感や顔のかわいらしさ、目のやさしさなどのバランスがよく、一番人気

※上で柾木さんと一緒に写っているのは超ビビリっ子のぽにょちゃん(アメリカワシミミズク)

人もフクロウもゆったりリラックス

 フクロウは柵と足をロープで結ぶスタイルで、双方が安心して触れ合える環境をつくっています。手や肩に乗せたいときはひと声掛けてね。不定期でヒナの販売も。来店は予約がベター。

フクロウに会える店 ふわふわ
TEL 080-7990-2960
アクセス 東急田園都市線「市が尾」駅から徒歩2分
営業時間 午後2時~9時、土曜は午前11時~午後8時、日曜は午前11時~午後6時(木曜定休)
料金 1時間1500円(ワンドリンク付き)、以降30分500円
http://ameblo.jp/fuwafuwafukurou/


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ