インテリア上手さんの素敵なお部屋 VOL.48


住まい革命

インテリア上手さんの素敵なお部屋

マネしたくなるアイデアが盛りだくさん。インテリア上手さんのすてきなお部屋を紹介します。

  1. 木の質感をそろえた家具を配しやわらかな光が広がるリビング
  2. キッチンにはオーダーメードの棚(左)とDIYした棚(右)が並ぶ
  3. たくさんの植物に視線がいくベランダは、隣家の目隠しとしても

ナチュラルアンティークに
少しずつ“本物”をプラス

 築6年の戸建てに暮らす村上さんの家は、“ナチュラルアンティーク”がテーマ。落ち着いたトーンのホワイトとブラウンを基調とした家具に囲まれています。「昔からナチュラルな雑貨が好きで、今はアンティークもそろえています」。インテリアショップで探すのも楽しいですが、欲しいアイテムがないときは自ら作るそう。「リビングのテーブルをDIYしました(写真1。中央手前)。手頃な価格の既製品に色を塗り、好みの風合いに仕上げた木の板をテーブルの天板にのせ、アンティーク風に仕上げました」。また、「子どもが小さいと雑貨離れをする人もいますが、私は子どもが触れて雑貨が壊れたとしても、そこで壊れることを学んでくれたらいいなと思い、趣味を続けた」そうで、今では子どももモノを丁寧に扱っていると感じるそう。「子育てが一段落したら、今後は“本物”のアンティークを増やしたい」と話してくれました。

助野いづみさん

お部屋DATA
  • ・間取り/5LDK
  • ・居住人数/6人
  • ・好きなインテリアショップ/Yuge、スタジオクリップ、骨董(こっとう)市

(イラスト たいらさおり)

インテリア上手さんのすてきなお部屋Plus

紙面では掲載できなかった、お部屋のこだわりポイントを紹介する「すてきなお部屋Plus」。
あなたも、インテリア上手さんを目指しちゃお!

Point.1廊下がない家!?
共有スペースに家族が集合

 村上さんの家は廊下がなく、部屋と部屋をつないでいるのは、階段または共有スペース。写真は2階にある共有スペースで、周りに子どもたちの部屋への扉があります。「子どもたちが、部屋にこもりっきりにならないようテレビは、共有スペースのみに置いています」といいます。家族が集まる場所がある、ぬくもりあふれる設計。

Point.2アンティーク雑貨で
部屋を彩るテクニック

 アンティークのミートチョッパー(写真左)に植物を飾ったアイデアあるインテリア。部屋のあちこちに散りばめられた雑貨類が目に楽しく、「シーズンごとの雑貨を買ったり、ハンドメードしながら、季節感を楽しんでいます」。

すてきインテリア情報を大募集

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ