インテリア上手さんの素敵なお部屋 VOL.46


住まい革命

インテリア上手さんの素敵なお部屋

マネしたくなるアイデアが盛りだくさん。インテリア上手さんのすてきなお部屋を紹介します。

  1. 日差しがよく入るリビングには、多肉植物などがたくさん!
  2. キッチンの中央に収納棚を配し、アイランドキッチン風に。
  3. フェイクグリーンと古くなったコーヒー豆で作ったテラリウム

自分の「好き」を
ギュッと詰め込む楽しさ

築38年の賃貸住宅に暮らすedenさんの部屋は、アメリカンテイストなファニチャーと多肉植物に囲まれた独特な空間。「13年暮らす中でキッチン周りを10回くらい模様替えした」と話し、ウエスタン、ミリタリーなどを経て、現在はビーチスタイルに。「服の趣味が変わると共に模様替えをします。だから、印象を変えにくい既製品の家具はほぼありません。自由度のあるカラーボックスや板に色を塗ってみると、新しいアイデアがわいてくるので再利用します」。そんなedenさんも昔は家が嫌いで「帰りたくない時期もありました。でも、家賃を払うなら自分の好きな空間にしないともったいない」と気がつき、今ではビーチハウス風のDIYをリビングに取り入れるほど(Webで公開中)。コンパクトな部屋でも、好きなものに囲まれた部屋だから、家にいるのが楽しいと話します。

edenさん
◇ブログ http://ameblo.jp/0922-0808/

お部屋DATA
  • ・間取り/2K
  • ・居住人数/2人
  • ・好きなインテリアショップ/Green Fingers、PUEBCO

(イラスト たいらさおり)

インテリア上手さんのすてきなお部屋Plus

紙面では掲載できなかった、お部屋のこだわりポイントを紹介する「すてきなお部屋Plus」。
あなたも、インテリア上手さんを目指しちゃお!

Point.1今年の夏に楽しんだ
ビーチハウス風のインテリア

 「夏の日差しを浴びながらのんびりしたかった」という思いから、部屋の中にビーチハウス風のDIYを取り入れたedenさん宅のリビング。板に白いペンキを塗り、リビングで組み立てたそう。さらに、知り合いの作家さんが作ってくれた流木アートなどを配したこだわりの空間。今後は、ボヘミアンテイストにしていく予定だとか。

Point.2その時々の「好き」が
心地いい部屋のポイント

 少し前までインテリアの中心だったミリタリーアイテムも、今は一角にまとめて秘密基地風に(写真左)。キッチンの脇には、大好きなコーヒー豆とカップを並べ、カフェ風に空間を演出(写真右)。その時々で変わる「自分の好き」を散りばめています。

すてきインテリア情報を大募集

Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ