Vol.22 生チョコ


編集部もハマる ハマの逸品

生チョコは今年誕生30周年! 芳醇な香りを楽しむ一品

和の心を感じるパッケージはプレゼントにもぴったり。ホワイトデーのおねだりリストにラインアップしてみては?

 1988年、平塚にある本店の厨房で生まれた、まったく新しいタイプのチョコレート。ショコラティエが「生チョコ」と名付けたことが、のちの生チョコブームへとつながったのだそう。それから29年後、2017年にCIAL桜木町に3店目となる支店をオープンして話題となった「シルスマリア」は「生チョコ」発祥の店。生チョコの商品第1号となった「公園通りの石畳」は神奈川県の指定銘菓にもなっています。

 多彩なフレーバーがそろう同店で、早春の訪れを感じるメニューを尋ねると「宇治抹茶生チョコレート」との答え。1860年創業の宇治市にある辻利兵衛本店の宇治抹茶をふんだんに使用したぜいたくな一品です。ホワイトチョコレートのとろけるようなうま味と、甘み成分が多く、コクのある宇治抹茶がコラボレーション。一粒一粒が極上のご褒美になるような、まろやかで芳醇(ほうじゅん)な風味をぜひ堪能あれ。

宇治抹茶生チョコレート1944円

Sils Maria(シルスマリア)CIAL桜木町店
TEL 045-264-4974

【住所】
横横浜市中区桜木町1-1
【アクセス】
JR「桜木町」駅直結
【営業時間】
午前10時~午後9時、休みはCIAL桜木町に準ずる
 
https://www.silsmaria.jp/

CIAL桜木町のみなとみらい側に位置する同店。生チョコの形をイメージしたキューブ型の生菓子のメニューも


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

他の星座も見る
「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ