Vol.18 ご飯もの


編集部もハマる ハマの逸品

かぐわしい和の香り だしのうま味をかみしめて

炊き上がったばかりの「あげたいメシ」は、薬味を混ぜ込んでお茶碗でサーブされます。常連さんでもリピート率の高い人気メニューだそう

 お店の入口に立った瞬間から、大人の隠れ家を見つけた期待に心が高鳴ります。店内は上品でスタイリッシュな和棚が並び、まるですてきなお宅に訪問したようなくつろぎの空間。都内の有名ホテルや料亭で腕を磨き、銀座の名店で料理長も務めた店主のもてなしの心を肌で感じられます。「日本料理 楽只」は、その店主の味を求め、銀座のころからの常連さんが遠方からも通うお店です。

 ランチもディナーもおまかせコースのみ、という同店で、「初めてのお客さまには必ずお出しします」という「あげたいメシ」は、店主自慢の一品。サーブされた瞬間、かぐわしいだしの香りが周囲に広がって思わず頬が緩みます。タイのうしおだしとカツオだしを使ったシンプルなメニューですが、タイに下味を付けて、揚げてから土鍋で炊き上げることで、その香ばしさはもちろん、うま味やコクを引き出せるそう。ゴマにショウガ、アサツキに佐賀県産の香味ノリとともにめしあがれ。おいしい香りに包まれて、ほっこり幸せな気分になれるはずです。

あげたいメシ2592円(2合)

日本料理 楽只(らくし)
TEL 045-311-2272

【住所】
横浜市西区平沼1-4-9
【アクセス】
市営地下鉄「高島町」駅から徒歩3分
【営業時間】
午前11時30分~午後2時、午後6時30分~10時LO。月曜定休 ※年末年始は2018年1月10日(水)まで休み

4人掛けテーブル2卓と、カウンター席の小さなお店。必ず予約をしてから訪れて


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ