ビオラ首席奏者 安保惠麻さんにインタビュー

無心で走る爽快感がリフレッシュに


PR/神奈川フィルハーモニー管弦楽団

 情熱的な演奏が、聴く人の心を揺さぶると評判の「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」(神奈川フィル)。コンサートが続く多忙な毎日を送る中、どんな所に出かけ、気分転換をはかっているの?
 そこで、神奈川フィルに入団して1年になるビオラ首席奏者の安保惠麻さんに、休日の過ごし方を聞きました。

休日はドライブやランニングでアクティブに過ごす

安保惠麻(あんぼえま)さんプロフィル
4歳からバイオリンを始め、高校入学時にビオラへ転向。東京藝術大学音楽学部卒業。2017年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団ビオラ奏者

―休日は出かけることが多いですか?

 「休日は野球観戦に行ったり、ヨガやランニングをしたりとアクティブに過ごしています。車の運転も趣味。愛車のロードスターで観光有料道路である『アネスト岩田 ターンパイク箱根』を駆け抜けるのが好きです。きれいな景色を眺めながら、無心になって、うねうねの坂道を走る爽快感がたまらないんです」

―ロードスターは一目ぼれで購入されたとか。

 「はい。シャープなイメージでおしゃれ。深くて鮮やかな赤色と微妙な曲線がカッコよくて気に入っています」

―もうひとつの趣味であるランニングでの好きなコースは?

 「長期の休みはなかなかとれないのですが、数年前に、友人10人でハワイにランニングをしに行きました。インストラクターに現地で指導していただき、海沿いや山の方に行ったりしながら30kmを走ったコースが印象に残っています。身近な場所を走るのもいいけれど、非日常を感じながら走る気持ち良さが、いい気分転換になりましたね」

演奏旅行で現地の人たちとの交流やグルメを楽しむ

愛車のマツダ・ロードスターは4代目モデル

―演奏旅行で全国を訪れるという安保さん。休日を過ごすのにおすすめの場所はどこですか?

 「宮崎県は、仕事をリタイアしたら住みたいと思うくらい、大好きな場所ですね。毎年5月に開催される宮崎国際音楽祭に出演するために滞在するうちに、すっかり気に入ってしまいました。気候もいいし、宮崎牛や地鶏、野菜もなんでもおいしい。また、住んでいる人たちが親切でいい人ばかり。訪れるたびに、すてきな空気が流れているなと感じます」

―2005年から首席ビオラ奏者として広島交響楽団に在籍していますが、広島でのおすすめグルメなどはありますか?

 「汁なし坦々麺です。2000年頃、広島市にある中華料理店で出されたのが元祖。そこの大将が、中国の四川に行って習得したそうです。唐辛子と山椒のダブルの辛さをマイルドにするため、温泉卵を入れるのも広島風かも。とにかく、広島の街を歩いたら汁なし坦々麺の店にあたるくらいたくさんあるので、訪れることがあれば、食べ比べしてみるのも楽しいと思いますよ」

自身の進化のために神奈川フィルへ

―楽器を始めたきっかけは?

 「母がピアノ教師で、自宅で生徒に指導していました。だから赤ちゃんの時は、グランドピアノの下に寝かされていたそうです。ピアノの近くにバイオリンの箱が立てかけてあって、これなに? やってみたい、と言って始めたのが4歳の時でした」

―高校生でバイオリンからビオラに転向されたそうですね。

 「はい。東京藝術大学付属音楽高等学校に入るために習っていた先生に、あなたが持っている音色はビオラに向いているのではないか、と言われて転向しました」

―安保さんらしい音色とは?

 「弾く人の性別は関係なく、しなやかであり、つややかさを持つ女性らしい音色と、雄大で力強さのある男性らしい音色があります。私の持っているのは、女性らしい音色。自分でもそういう音色を追い求めていると思いますね」

―広島交響楽団で活躍するほかに、活動のフィールドを神奈川フィルにも広げた理由は?

 「これからも進化していきたいからです。好きでやってきた音楽が、“つまらない”となってしまうのが一番嫌なこと。今まで経験していなかったことを身につけ、成長するチャンスだと思い、決断しました。1年活動して、音楽に対する考え方の選択肢が増えました。首席奏者同士で演奏する曲について話し合うのですが、皆さんの出すアイデアが豊富。自分の中で、新しい風が吹いた感じがしています」

―首席奏者は、ビオラセクションをまとめる役割もありますね。

 「はい。特にコンサートでは、今そこで奏でている音を受け止めて、理想とする音を弾きながら方向性を示し、まとめています。楽団員全員で瞬間の音楽を作り上げ、お客さんに届けていきたいです」


神奈川フィルハーモニー管弦楽団の情報はコチラ
http://www.kanaphil.or.jp/


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ