美人のレシピ Vol. 21「スタイルキープの秘訣」


ハル子さんに聞く 美人のレシピ

今回のお悩み

ハル子さんがスタイルキープのために
行っていることを教えてください(39歳)

スタイルキープは、女性にとって永遠の課題です! 薄着の季節になると、自分の体型が気になってきますね。キュッと引き締まって、しなやかな筋肉を感じるボディーは健康的ですてきだな~と思いますが、皆さんはいかがでしょうか。なりたいスタイルは、人それぞれですし、生まれつきの体型もあるので、こうでなければならないという定義はありませんが、美意識が高い人は、努力もしているので、美しい女性が多いなと思います。まずは、自分を知ることが大切ですね。そして、自分の体型を好きになること。そのうえで、なりたいスタイルに向かって、自分の体をトレーニング(調整)していくことが理想的ですね。

そのためにも、等身大の鏡を準備しましょう。着替えるときは、必ず、鏡の前でボディーチェックをしてみてください。「あ!ウエストがたるんでいる」とか、「わ!二の腕に緊張感がなくなっている」とか、いろいろな発見があります。

でも、そんなことがなるべくないように、日々の生活の中でできるトレーニングをいくつかご紹介。

私は、とにかく早く歩きます。通勤途中でもオフィスのなかでも、サッサと歩きます。膝をカクカクと曲げないように、関節を意識して、少し大股に歩きます。前のめりにならないよう姿勢に十分意識して、人混みの中をスイスイとぶつからないように歩くことがポイント。結構な運動ですよね。

また会議中は、背もたれに寄り掛からないこともトレーニングです。これは、見た目も美しいと思います。ときどき、周りの方にほめていただいたりします。見られているものですね!

歩き方、姿勢を意識することは、スタイルキープにつながると信じて、頑張っています。スキンケアと同様に、日々の努力の積み重ねが大切だと痛感しています。ぜひトライしてみてくださいね。

鈴木ハル子さん(写真)

Profile

鈴木ハル子(すずきはるこ)

1956年生まれ。外資系化粧品ブランドのPRディレクターを長年務め、2016年4月に定年退職。飾らない人柄で多くの人に慕われる、美容界の“レジェンド”。60歳にして、トータルビューティーアドバイザーとして本格始動。美容はもちろん、コミュニケーション力など、“エレガントながらたくましい生き方”を提案し、多くの世代の女性から支持されている。雑誌の連載などでも活躍中

<シティ編集部が注目!>

さっそうと歩いてスタイルキープを


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ