自然はみんなのもの 素晴らしき「自然享受権」|海外生活を送るシティ特派員が、現地から旬な情報をリポートします!

海外通信

自然はみんなのもの 素晴らしき「自然享受権」

070620_01.jpg
「自然享受権」はスウェーデンのほか、ノルウェー、フィンランドにもある慣習

 友人のステーンとウルリカに夕食に招かれたときのこと。最後に出てきたデザートに感動した。ラズベリーに生クリームがかかっただけなのだが、真っ赤な実が柔らかくて甘酸っぱくて、とにかく新鮮でおいしい! 「どこで買ったの!?」と問い詰めるようにして聞くと、二人は笑いながら、「散歩がてらに森で摘んできた」と話した。ステーンとウルリカの家は市内から電車で約40分の通勤圏内にあるのだが、すぐ近くには森が広がっている。「“自然享受権”があるからね」と、二人はちょっと誇らしげに付け加えた。

007060_02.jpg
海岸・湖河川沿いなどは、自然保護の見地からと自然享受権を守るため、建築や増築などが厳しく制限されている

 「自然享受権」とは、スウェーデンに古くからある慣習で、誰が所有する土地であっても、ルールを守れば、森や湖などに自由に入って楽しむ権利がみんなにある、というもの。つまり、個人の私有地だろうが国有地だろうが関係なしに、ルールさえ守れば、自然の中を自由に散歩したり、キノコやベリー類を摘んだりできるのだ。一泊であれば、テントを張って泊まることもできる。「自然はみんなのもの」と考えられているからだ。

070620_03.jpg
国立公園や自然保護地域のルールは特に厳しい

 もちろん前提として、ルールをしっかり守ることも要求されている。例えば、宅地や庭に侵入してはいけないし、農地で誰かが植えた作物も取ってはいけない。動物を傷つけてはいけないし、車やバイクも土地を傷めるおそれがあるから侵入禁止、ゴミを捨てるのも論外…など、いろいろある。でも、要は自然を破壊したり他人の生活やプライバシーを侵害しないという、ルールというよりは当然のマナーに近い。権利を行使するためには、各自の責任も強く求められているのだ。

 「自然享受権」については以前から知っていたが、それを身近に感じたのはこの時が初めてだった気がする。デザート皿を前に、なんと素晴らしい権利だろうとしみじみする私なのだった。

【シティ特派員プロフィル】
綿貫朋子(わたぬき ともこ)
メーカー在職中、北欧・スウェーデンに興味をもつ。退職後移住し、映画脚本やドラマ企画を学ぶ。映画テレビドラマ製作会社インターンを経て、現在脚本執筆活動中

スウェーデンストックホルム | 2007.06/20 09:30 | コメント (0) | 

トラックバック(0)
コメント(0)
コメントフォーム
コメント投稿承認制ですので全てが表示されるとは限りません。また、表示までに多少お時間をいただく場合があります。

※書き込みには表示されません
 
 

コンテンツ内検索

最新の5件

歴史が詰まったモノとの出合いの場
2012.05/23
歴史が詰まったモノとの出合いの場
カリフォルニア
ニオイ独特!の家庭料理
2012.04/11
ニオイ独特!の家庭料理
ストックホルム
神秘的なインディアン風B&B
2012.03/14
神秘的なインディアン風B&B
カリフォルニア

一覧を見る

おすすめコンテンツ

プレゼント

プレゼント
毎週更新のうれしいプレゼント