1. シティリビングWeb
  2. 東京
  3. 特集
  4. バレンタイン特集2015
  5. データでまるわかり! 今どき女子の「バレンタイン事情」

HAPPY バレンタイン特集 あなたの気持ち、きっと伝わる

片思いをしている女子もカップルでラブラブの女子もみんな注目!今年はバレンタインデーをもっと楽しむために、アラサー女子&男子の恋愛事情と本音を調査。「今年こそはキメたい!」と思っているアナタには一見の価値アリ♪

データでまるわかり! 今どき女子の「バレンタイン事情」

本命、義理チョコ、友チョコ、ご褒美チョコ。一番熱心に選んだチョコは、誰に贈りますか? 今どきの働く女子がバレンタインをどのように過ごしているのか、予算からシチュエーションまで、シティがまるっと大調査しちゃいました!

半数以上が告白経験アリ! バレンタインは年に一度の恋の祭典
■ 本命チョコを渡したことがある?

半数以上の女子が「バレンタインに本命チョコを渡したこと」があるにYes!! と答えてくれました!
バレンタインデーが、告白を迷っている女の子の背中を押してくれるのは間違いないという結果に。回答が多かったのは、ランチやディナーなど、食事の後に渡すというシチュエーション。そんななか、編集部が恋のテクニシャン! と思わず驚嘆してしまったのが、「残業時間に席まで持っていって手渡し」というもの。同じ会社じゃないと使えないテクニックではありますが、頑張っている姿を認めてくれるというのは、男女問わずうれしいですよね。彼も思わず“キュン”としてしまうこと間違いなし! ぜひ、ご参考に!!

  • ・万が一、本命の彼に彼女がいたとしても「義理だから」とごまかせる日でもある。お返しだってもらえるし、渡して損はない!(れいな)

    ・社内用の封筒に入れてこっそりバレンタインチョコを渡した友人がいます! 社内恋愛だとサプライズができるのでいいですね♪(なつみ)

  • ・本命チョコ未経験が3割も!? 男性は渡されたチョコを本命だと期待したり、たとえ義理でもキュンとしてしまう単純な生き物。女性が積極的になればいい結果が出やすいはず!(MK)

    ・残業の告白テクニックはスゴイ。残業中は疲弊しているから、コロッとやられてしまいそう(笑)(たぬきち)

▲TOPへ

チョコ選びは、お財布にも相手にも“優しい”プライスで
■ 本命チョコの予算

■ 義理チョコの予算

数多く配ることが多い義理チョコは500円前後に集中。対して本命チョコの1位は2001円〜3000円。ほぼ同じ割合で1001〜2000円が2位に滑り込みました。告白とともに本命チョコを渡したという人のコメントを見ると、「ライバルが多い」「相手にすでに彼女がいた」など、告白しやすい日ではあるものの、玉砕することも多い様子。そういう意味では、相手にあまりプレッシャーをかけ過ぎない3000円以内の本命チョコがベストなのかもしれませんね。

  • ・義理チョコはコスパがいいものを数種類買って、小袋にまとめると予算的にもGoodです♪(なつみ)

    ・玉砕覚悟や彼女がいる人へのダメもとチョコなら、そんなにお金はかけない。だって、自分の渡したチョコを彼女がおいしく食べてるところを想像しただけで怒り狂いそう!(れいな)

  • ・お金よりも気持ちをこめてくれた方がうれしいかな(MK)

    ・チョコレートに3000円は…と正直思う。包装や手紙などで差をつけてくれれば十分だけどなぁ(ドンマイ先生)

    ・義理チョコは、もっと安いものが主流だと思ってました。女性の頑張りに感謝!(たぬきち)

▲TOPへ

本命の彼なら、ホワイトデーは倍返し未満でOK!
■ 理想のデート

■ ホワイトデーの予算

理想のバレンタインデートは1位から3位までが、ほぼ横並び。普段通りのデートが21%とあるものの、高級な食事やロマンチックな場所で特別なデートをしたい、と思っている女子も多いという結果に。気持ちが盛り上がるバレンタイン。好きな人と過ごすなら、やっぱり夜まで最高の1日としたいですよね! そしてホワイトデーの本命彼氏からのお返し希望額のトップは3000円以内。次には5000円以内が続いています。この結果から、バレンタインでプレゼントしたチョコの倍額とは言わないまでも、少し色をつけてお返ししてもらうのが今どき女子の理想型といえそうです。

  • ・いつも行くお店よりちょっと高いお店でディナー。最後にプロポーズとか告白なんてされたい!(れいな)

    ・同等以上のをいただきたいのがホンネ。金の亡者でスミマセン…(なつみ)

    ・お返しは倍返し以上がいいですね(笑)(mimi)

  • ・正直ホッとした(笑)。年末年始の散財直後だから、倍返しはきつい(たぬきち)

    ・デートやシチュエーションを演出した上、お返しを求められる男性陣の試練たるや! それを割り切れるかどうかにカッコよさの差が出るのかな(ドンマイ先生)

    ・なかなかカッコつける機会がないので、こういうときは奮発したくなります(MK)

ページトップ