【今月の社食】日本ではなかなか味わうことのできない現地の味を再現


TOKYO社食図鑑

世界の食文化を通して
開発途上国について学べる空間

JICA市ヶ谷 編

JICA研究所 総務課の草間佑子さん(写真左)と、JICA広報室 地球ひろば推進課の白石こすもさん。「途上国メニューを週替わりで楽しめるのがいいです」(草間さん)、「他のレストランで食べられない物や自分では作れない、その国独自のメニューが味わえる大使館メニューがお気に入り」(白石さん)

現地でしか味わえない料理を 再現したメニューが味わえる

開発途上国の人々への共感や連帯感を育む場として、無料で開放されている「JICA地球ひろば」。その館内で食文化を体験できるのが「J's Cafe」です。施設のイベントに連動した開発途上国メニューを、JICAの職員だけでなく、来館者も味わうことができます。日本ではなかなか味わうことのできない現地の味を、食材や調味料は代用するなど再現しています。開発途上国の暮らしや地球が抱える課題を、実際に“食べる”ことで学ぶことができます。※記事で紹介しているメニューは5月のもの

「J's Cafe」新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷2階

うちの社食はココがスゴイ!

  • 1食につき20円寄付される「TFTセット」も

    「大使館お墨付きメニュー」と月替わりで、展開しているのが「TFT(Table for TWO)セット」。1食ごとに、20円が開発途上国の子どもたちの給食1食分として寄付されます

  • フェアトレード商品も販売

    店内では生産者の支援ができるフェアトレード商品も販売。チョコレートや塩などの食品系から、せっけんやぬいぐるみなど種類はさまざまです

  • 世界の“今”が分かる体験ゾーン

    JICA地球ひろばには、世界が直面する課題を展示で学べる「体験ゾーン」も。カフェで食文化を学んだ後に立ち寄って

自慢のメニュー3

  • 1 週替わりエスニックランチセット
     650円

    週ごとに展開しているエスニックのメニュー。写真はサウジアラビアの代表的な家庭料理で、鶏肉とタマネギをスパイスと一緒に炊いた「チキンカブサ」

  • 2 大使館お墨付きメニュー
     680円

    各国の大使館からレシピをもらい、現地の味を再現しているメニュー。JICA地球ひろばで隔月で行われている国別のイベントに合わせた料理が登場。写真は「モルドバのハンバーグ」

  • 3 日替わりランチセット
     500円

    和食・洋食・中華のメニューを日替わりで展開。みそ汁の“みその種類”や“配合”を日によって変えているのもシェフのこだわり


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ