熊本県の伝統工芸品が「くまもとふるさと割」でWeb購入30%オフに


熊本県伝統工芸館

熊本県の伝統工芸品が「くまもとふるさと割」でお買い得!
Webショップで購入すると30%OFFに!

熊本県の伝統工芸品がズラリと勢ぞろい!

熊本県伝統工芸館は開館以来、伝統工芸の良さを現代の生活に生かすために「手で観て」「市の立つ」「誂えのきく」生活工芸館を目指して活動しています。館内では熊本県の伝統工芸品指定要項により指定された工芸品が約93品目、2000点展示されていて、そのどれもが地域の暮らしと密接に結びついて作り続けられてきたものです。

熊本県伝統工芸館では熊本の工芸品を身近に見て、楽しむことができます。また、企画展、常設展示の他、5つの貸しギャラリーでは週替わりで展示会が開催されています。館内の工芸ショップ「匠」ではもちろん、Webショップでは工芸品を購入することができます。

現在、熊本県伝統工芸館Webショップでは「くまもとふるさと割」を開催中! 2016年2月29日(月)まで掲載全商品が通常の30%OFFに! 税込3000円以上の購入で送料無料になります! このおトクな機会に熊本県の伝統工芸品を手に入れよう。

Webショップで人気の熊本県の伝統的工芸品を紹介

花手箱
平安時代、都からやってきた平家の落人が、京の都の栄華をしのんで作ったといわれる郷土玩具で、鮮やかな色彩が特徴。主に女の子用のお土産品として作られてきました。さまざまなサイズがあり、くまモンが描かれた花手箱も人気。
天草陶磁器
日本一といわれる純度が高く良質な天草陶石と陶土が使われていて、透明感のある純白の上釉や絵付を施したあたたかみのある風合いが特徴です。
肥後象がん
肥後象がんは火縄銃や刀の鐔(つば)などの装飾技法として生まれ、さまざまな名品を生み出してきました。現代ではアクセサリーや文具などに施され、高級感のある作品が作られています。
小代焼
上釉(うわぐすり)は、藁灰や木灰、笹灰などが用いられ、白小代、黄小代、青小代と呼ばれています。技巧をこらした深い地釉が魅力の工芸品です。


熊本県伝統工芸館Webショップはこちら
http://kougeitakumi.shop28.makeshop.jp/
問い合わせ
熊本県伝統工芸館
takumi@kumamoto-kougeikan.jp


─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ