【銀座で6月5日(火)まで期間限定】おいしいお米×水が堪能できるランチ【編集部ブログ<TOKYO>】


大人気の米料亭 八代目儀兵衛も認めた 富士山の天然水『フレシャス』

こんにちは。シティリビングWeb編集部のWです。

銀座にある「銀座米料亭 八代目儀兵衛」といえば、大人気の米料亭。
その八代目儀兵衛で本日から6月5日(火)まで期間限定、ランチタイムのみという「薫亭」が開催されます。
富士山の天然水「フレシャス」で炊き上げた特別な銀シャリを体験できるだけでなく、お出汁や味噌汁に至るまでフレシャスの天然水を使用したぜいたくな限定メニューをいただけるんです。

先日先行試食会に参加してきましたので、その様子と限定メニューを紹介します!


最初に富士山の銘水株式会社・代表取締役の栗井英朗さんと、株式会社八代目儀兵衛・代表取締役の橋本隆志さんからご挨拶が。
山梨県富士吉田市の天然水の品質の高さや、今回のコラボレーションに至った経緯をお聞きしました。

硬度20~35度くらいのお水が一番おいしいご飯が炊けるそうですが、東京の水道水や普通のミネラルウオーターは超えているものが多いそう。
そんななか、フレシャスの水は硬度21度と、まさにピッタリなんです。
なるほど、いただいた天然水はとってもまろやかな口当たり。これは期待が高まります!!

炊き立ての銀シャリは、それだけでごちそう!

期待も十分に高まったところで、炊き立ての銀シャリを。土鍋を開けた瞬間の香りは幸せそのものです。
最初はご飯だけでいただいたのですが、もう、何もつけなくても甘くておいしい。そして、もちもち。

このメニューで提供されるご飯は<薫 No.1>と<薫 No.2>の2種類。
<薫 No.1>「新潟県佐渡島産ゆめごこち」はなめらかな食感と絹のようなのどごしを堪能でき…

<薫 No.2>「長野県飯山市産こしひかり」はさわやかさを感じる薫りとは対照的に力強い甘さを持ったお米。


おこげもいただきましたが、食感と香ばしさがすばらしくて、お米を存分に楽しめました。

期間限定、ランチタイムのみ! 銀座でランチはいかがでしょう?

そして今回の限定メニューは味噌汁やお出汁にもフレシャスの天然水を使用。
お米と合うのはもちろんのこと、一品一品がこだわりを持って作られていることが伝わってくる御膳を、銀座の真ん中でぜひ楽しんでみてください。

八代目儀兵衛の橋本さんからは、最近は糖質制限ダイエットなどで若い女性にお米が敬遠されがちという話もありましたが、やっぱり日本人、おいしいお米とお水で炊きあげられたご飯はテンションがあがりましたよ!

期間限定の「フレシャスの富士山贅沢御膳」は1,980円。
開店時間の11時のみ予約可能とのことでしたので、予約もおすすめです。

薫亭 期間限定OPEN


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 6月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ