東京下町散歩~猫のいない猫カフェ(後編)~


こんにちは、TOKYO MINTOO編集部のみやもんです。

下町と同じぐらい、猫が好き。
一人で猫カフェに行く勇気はない人におすすめの、猫モチーフのカフェに行ってきました。

後編でご紹介するのは、押上にある「押上猫庫(にゃんこ)」。
京成線・都営線・東京メトロの押上駅から徒歩約8分のお店です。
夜は「押上文庫」という名前でおいしい日本酒が飲める居酒屋なのですが、昼は猫スイーツが楽しめるカフェになっています。

猫ののれんが目印。
中に入ってみると…

猫グッズがずらり。いたるところに猫(のグッズ)がいます。
グランドピアノやカウンター席もあり、落ち着いた空間です。
1日6食限定の「カレーニャイス」と、猫モチーフの3Dラテアート「3D Catte Art」を注文しました。

「カレーニャイス」には、さつまいもminiサラダが付きます。
コショウがきいた、ほんのり甘いサラダでした。

そして、「カレーニャイス」がこちら!

猫!! 卵の手とコーンの爪がかわいい~!
野菜(この時はナスでした)と鶏ひき肉のカレーで、辛いものが苦手な人でも安心の甘口です。
メニューには“軽食”と書いてありましたが、ランチとしても満足できるボリュームでした。
※「卵が爆発しかけたので、両手にしちゃいました~」と店主さん。
 普段、卵は片手(1/2個)だそうです。お気づかい、ありがとうございます!

甘口なので、どんどん行けちゃいます。あっという間に完食。
そして食後は、3Dラテアート!

おおお、本当に3D! ふんわりとしたクリームが、立体的な猫になっています。
寝ている猫がとても気持ちよさそうで、見ているだけでこちらも眠くなりそう…。

味は「チョコと黒糖のソイココア」をチョイスしました。純ココアと黒糖を使ったココアがベースで、
チョコレートソースも入っているチョコづくしの1杯。チョコ好きにはたまらない!
甘すぎないので、ゆったりと過ごす午後のひとときにぴったりです。

味は計4種類から選べ、味によって猫のデザインも違うようです。
他の猫も見てみたい!

飲み終わり、口元を拭こうと思ったらここにも猫。

どこまでも猫に囲まれたカフェでした。

■押上猫庫
http://www.oshiagebunko.com/

以上、前編と後編に分けて、猫のいない猫カフェのご紹介でした。
猫が好きな人はもちろん、実物の猫は得意じゃない人も、かわいい猫スイーツにははまってしまうはず!

新しい東京の魅力を発信するTOKYO MINTOOでは、おいしいカフェの情報なども随時配信中です!
ぜひ見てみてね♪


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 1月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ