2019年オープンで早くもミシュラン掲載! マグロと生ハムの組み合わせが新しい路地裏イタリアン


こんにちは。シティリビングWeb編集部のあぼこです。


私は食べ(飲み)歩きが趣味で、新しい店を開拓の日々。おそらく2019年だけでも、国内・海外合わせて40店舗以上(途中で数えるの諦めました(笑))の新規開拓をしています。今回はそんな中でも昨年2019年No.1といっても過言ではない、お気に入りの店を紹介します!

なんと、2019年2月にオープンしたばかりで、すでに2020年のミシュランに一つ星掲載というお店です。

神保町の路地裏にある、イタリアミシュラン一つ星店の分身

神保町の駅近く、路地裏にあるおしゃれな一軒家は、イタリアにあるミシュラン一つ星の「Ristorante TOKUYOSHI(リストランテ トクヨシ)」オーナーシェフ 徳吉洋二(とくよし ようじ)さんが、日本で表現する場として分身という意味の「Alter Ego」という店名でオープンしたお店。日本では平山秀仁(ひらやま ひでひと)さんがシェフをしています。
メニューはお任せコースのみで、一皿ずつ料理に合わせたスープが出てくるスープペアリング方式。私はこのスープペアリング、初体験でした。コースはスープペアリングと、ミネラルウォーター込みで1万5000円(税別)。
別途、ワインペアリングやグラスでのお酒も注文できます。
※1月から、別途サービス料がかかるそうです。予約の際にはご確認ください

デリバリー風の箱がかわいい、お花のピザ

席に着いてまず目の前に出てくるのが、デリバリーピザ風の箱。

開けると中にはなんと、お花のピザです。これだけで間違いなく心をつかまれます。

こちらは、ミラノの本店でも前菜として出されている「Pizza Delivery」。
おいしいだけでなく、見た目も華やかで、これから始まるコースがますます楽しみになる前菜です。

スペシャリテのマグロの漬けと生ハムは、絶対に食べてみて!

この店でオープン当時から出ているスペシャリテが、マグロの漬けと生ハム。初めての組み合わせに、合うのかな?と思ってしまいますが、これが本当に素晴らしくて、感動レベルです。

続くメイン料理の提供の仕方が斬新! というのも、その日のメイン食材に合わせてオーダーして作ってもらっているという、動物を描いたお皿を最初に見せていただき、料理が盛り付けられてくるのです。季節によってメニューは違うので、お皿の種類はいくつもあるそう。

私が伺ったときは、蝦夷(えぞ)鹿でした。鹿の体部分にお肉が盛り付けられ、顔が見えるという、初めての体験です。
手描きなので1皿ずつ表情が違うのも楽しくて、隣の人と比べてみるのもいいですね。

馴染みのあるイタリアンというジャンルなのに、初めての組み合わせや体験がいっぱいあって、ひと皿ひと皿が手がかけられている、1年目でミシュランの星獲得も納得のおいしさ。
私はワインペアリングでいただいたのですが、ワインもオレンジワインやオーガニックなど、流行を取り入れながらしっかり料理に合うもので、大満足でした。

また今年も、季節ごとに伺いたいお店です。

「ALTER EGO (アルテレーゴ)」
https://alterego.tokyo/


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 1月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ