期間限定! 東京2020公式ライセンスのお菓子が東京スカイツリーに勢ぞろい


こんにちは、シティリビングWeb編集部のゆず子です。

いよいよ来年に迫った、4年に一度の世界的スポーツ大会! 今から心待ちにしている人も多いのでは?

大会を盛り上げるべく、2019年1月に東京2020公式ライセンス商品初のお菓子である、羊羹と米粉クッキーの販売がスタート。その後もラインナップが続々増えています。

そんなお菓子たちが、2020年1月5日(日)までの期間限定で、「東京2020オフィシャルショップ とうきょうスカイツリー店」に一堂に会します。

先日ショップの様子を取材してきましたので、紹介します!

場所は、東京ソラマチ(R) イーストヤード3階。
エスカレーターで上がっていくと、正面に見えてきます。

これまで各商品によって異なる店舗で取り扱っていた商品を、実際にまとめて見て、購入できるのは初めてのこと!
既存商品のほか、12月からの新商品など、全部で28種ありますよ。

人気のラインアップを聞いてみたところ、“缶に入っているお菓子”とのこと。

競技のピクトグラムがちりばめられた「東京2020オリンピックスポーツピクトグラム あげもち」「東京2020パラリンピックスポーツピクトグラム せんべい」(各800円)。

「東京2020オリンピックマスコット 玄米雷おこし(白砂糖・黒糖)」「東京2020パラリンピックマスコット 玄米雷おこし(白砂糖・黒糖)」(各1000円)。

食べ終わった後でも、缶なら何かを入れて再利用したり、長い期間記念に取っておけますね。

「東京2020オリンピックエンブレム 小倉羊羹 5本入」「東京2020パラリンピックエンブレム 小倉羊羹 5本入」(各1600円)。

先に紹介した「玄米雷おこし」とともに、日本ならではの味が楽しめることから、外国人観光客にも人気だそうです。

それ以外にも、2019年12月に発売したばかりの新商品も購入できます。

写真の一番左と右にある「東京2020オリンピックマスコット チョコサンドクッキー」「東京2020パラリンピックマスコット チョコサンドクッキー」(21枚入り、各1500円)も、新商品のひとつ。

期間中の12月21日(土)・22日(日)には、店舗を訪れた人を対象にお菓子の試食も行われます。

おなじみのお菓子も、パッケージが東京2020バージョンになっているだけで、スペシャルな感じがしますね。
話題性もあって、年末年始の帰省みやげにもぴったり!
ぜひ立ち寄って、手に取って“東京2020大会”を身近に感じてみませんか?

【試食実施スケジュール】
12月21日(土)・22日(日) 11:00~14:00、15:00~18:00
※試食はなくなり次第終了。試食可能な商品には限りがあります


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 1月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ