見逃したヒット作をお得に! 映画は年数回派にこそおすすめの「名画座」


こんにちは、映画大好きシティリビング編集部のわた九郎です。

行こうと思っていた作品が気付いたらいつのまにか上映終了していた経験、ありませんか?
都内では毎月たくさんの新作映画が公開されるので、わた九郎も「しまった!あれって昨日まで!?」となることが、たまにあります。

そんな作品を映画館で見られるワンモアチャンス! しかもお得に!と、重宝しているのが過去作をメインに上映してくれる「名画座」です。今回は、おしゃれでかわいく行きやすい都内の名画座とその楽しみ方を紹介します。

スペースシップのような劇場がかわいい「キネカ大森」

ライティングと紫の椅子が美しい「キネカ大森」の「KINECA1」スクリーン

今回紹介するのは、大森にある、劇場を3つ備えた名画座「キネカ大森」。
「名画座」というと往年の名作ばかりを上映している、映画好き向けの映画館と思っている人もいるかもしれませんが、そればかりではありません。「キネカ大森」は、少し前にロードショーが終わったばかりの人気作や、独自のテーマに合わせた話題作を多数上映している“町の小さな映画館”。シネコンのように人が多すぎず、気軽に行けるので一人映画初心者にぴったり。わた九郎が来館した日もおよそ半分は一人客でした。
中でも「名画座2本立て」と銘打たれた上映作品は、一般1300円で比較的新しい作品を2本見ることができ「超映画好きではないが、ヒット作はスクリーンで見たい。お得に見られるならなおよし」という“映画は年に数回派”におすすめなのです。

場所はJR「大森」駅から徒歩3分。東口を出てまっすぐ進むと、三叉路の向こうの西友に大きな看板が見えてきます。

写真上:建物の壁にドン。見ての通り5階にあります。写真下:入り口

エレベーターで5階に上がると、カラフルな柱がおしゃれな館内に到着。

チケット売り場はこちらのカウンターの左側。「名画座2本立て」対象の作品は上述のとおり、1300円で2本続けて鑑賞できます。全席自由席で、整理券順での入場。人気作品やいい席で見たいときは少し早めに行くのが良さそう。
それ以外の上映作品は、いわゆる普通の映画館と同じく一般は1800円。指定席制で公式ウェブサイトから席の予約もできます。

カウンターでは、上映中作品のグッズやパンフ、フードも販売

スタッフの“映画愛”あふれる館内が楽しい

ロビーはこぢんまりしたカフェのようなレトロかわいい空間。そこここにスタッフの皆さんによる“映画愛”あふれる仕掛けがいっぱいあります。

女子一人で来てもくつろげそうなかわいいロビー

まず目に入ったのが、エレベーター近くの壁にある「スタッフからのプレゼン・ボード」。こちらはスタッフが気になる作品をプレゼンし、来場者が上映してほしいと思ったものに投票する企画。手描きの一言ポップと、小学校の先生が持っていたような丸型シール…手作り感満載でほっこりします。

壁一面のプレゼン

ロビーには映画にまつわる本を集めた本棚が。こちらは来館者が持ち寄ったもので、その名も「まちライブラリー」。

シールの貼ってある本は借りることもできます

上映予定作の特集コーナーもあります。12月6日からは「新しい地図」のメンバーが出演する作品が「名画座2本立て」に登場するもよう。そういえば、先ほどのプレゼン・ボードに「凪待ち」のチラシもありました。スタッフさんの中に「新しい地図」ファンがいるのかもしれません。

顔ボードで写真を撮りたかったのですが、この日1人だったので断念

そして「キネカ大森」の一番の特徴は、作品が始まる前に「もぎりさん」というオリジナルキャラクターを中心にした、映画愛あふれるショートムービーが上映されること。「もぎりさん」は女優の片桐はいりさんが実際に同館で「もぎり」のボランティアをしていることから生まれたキャラクターで、ポスターやポップもあちこちに。ショートムービーには片桐さん本人が登場します。

イラストもかわいい「もぎりさん」。ショートムービーは、何とシーズン2に突入しています

今後の上映作品は?

今回わた九郎が見たのは、こちら。「名画座2本立て」の対象作ではありませんでしたが、まさに冒頭の「しまった!見逃した!」映画でした。音楽と美しい映像が印象に残る作品だったので、大きなスクリーンで見られて良かったです。
余談ですが、この日の「もぎりさん」は学生らしき若者たちでした。「携帯の電源はオフに」「前の席は蹴らない」などのいわゆる上映前注意を、人が口頭で伝えるところも好感度◎

ここにも「もぎりさん」が!

気になる今後の「名画座2本立て」ラインアップ。「新しい地図」メンバーの作品の他に、松坂桃李さん出演のヒット作「孤狼の血」「娼年」の2本立ても!
通常上映(1本立て)のほうでは、「アイリッシュマン」「宮本から君へ」などが予定されているようなので、詳しくは公式ウェブサイトをチェックしてみてください。

手作りチラシの「名画座通信」

ちなみに映画館のすぐ隣にはレストラン街が。食事の場所にも困りません。

プレゼンボードのすぐ隣がレストラン街入り口です

「キネカ大森」公式サイト


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 1月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ