福岡県民集合! 東京にいながら故郷を感じるアンテナレストラン


こんにちは。シティリビング編集部のアスミコです。

突然ですが、地元愛が一段と強い県といえば福岡県ですよね!(独断)

かくいう私も福岡県出身。ありきたりですが「福岡県民あぶり出しテスト」、いってみましょう。

「おっとっととっとってちいっとったんに、なんでおっとっととっとってくれんかったと、っちいいよると!」

訳:「おっとっと」を取っておいてと言っておいたのに、なぜ「おっとっと」を取っておいてくれなかったのでしょうか、と言っているのです。

これを正確に発音できる人は立派な福岡県民! 酒を酌み交わしたい!

そんな福岡出身の人も、福岡を愛する他県民の人も、福岡の魅力を存分に堪能できるのが、半蔵門にある福岡県アンテナレストラン「福扇華(ふくおか)」です。

当初の想定より早く来店者数2万人を突破!

水出し八女茶で乾杯! 甘みがすごい!

「福扇華」は2018年11月にオープン。福岡県の旬の魚や果物などの食材や、地酒を味わえるほか、伝統工芸品を店内装飾に取り入れるなど、福岡の魅力がつまったアンテナレストラン。福岡県が監修しています。

オープン1年で来店者数2万人を目指していたそうですが、2019年9月に早々にその目標を達成。さすが福岡県。

1周年記念のレセプションでは、この日のために用意された特別な福岡メニューがずらり。

つい取り過ぎてしまいました。

福岡有明のりのあご出汁うどん。
福岡といえばとんこつラーメンをイメージしがちですが、県民としては、うどんをぜひ食べてほしい! フニフニの麺と飲み干せるだしを味わってみてください。

かしわ(鶏肉)文化が強い福岡のブランド鶏「はかた地どり」は、生鮮肉類として始めて機能性表示食品と認められたそうです。

福岡県の小川洋知事と、レストラン運営会社のトリゼンホールディングスの河津善博社長が登壇し、アニバーサリーチキンに入刀。

あまおうは鉄板ですが、柿の「秋王」、キウイの「甘うぃ」もおいしいですよ。

通常は、水炊きや天然ふく鍋などが味わえるリッチな夜のコース、リーズナブルに福岡グルメを楽しめるランチメニューがあります。

福岡県民、集合!

東京に出てきてからというもの、しょうゆのからさ(=しょっぱさ)にびっくりしたり、うどんのコシに驚いたり、桜餅が道明寺と呼ばれているうえ、見たことのない桜餅が桜餅を名乗っていたり…食だけにしぼってもカルチャーショックが多々…。

故郷の味が恋しくなったら、「福扇華」に集合です!

■「福扇華」公式サイト https://www.fukuoka-bimi.net/


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ