コスパ最強! ジブリのモデルになった高級旅館の日帰り温泉&豪華料理


こんにちは。鉄道&温泉の組み合わせが大好きなシティリビングWeb編集部・ミキカリーです。

泊まりがけでゆっくり温泉に行きたくても、忙しかったりお財布に余裕がなかったり…ということはありませんか? そんなみなさんにおすすめしたい、コスパ最強の日帰り温泉を神奈川県・鶴巻温泉で見つけました!

桜の時季を中心に過去5回以上宿泊している老舗高級旅館「元湯 陣屋」の“日帰り温泉プラン”に初チャレンジしたので、レポートします。

ロマンスカーで非日常感を味わいながら鶴巻温泉駅へ

プランの利用開始時刻11時30分着を目指し、まずは新宿駅からロマンスカーで伊勢原駅に向かいました。
11月頭のラグビーワールドカップの期間中だったからか、なんとVSEの車体がラグビーオーストラリア代表のワラビーズ仕様! 小田原市でキャンプを行うワラビーズを小田急が応援し、このコラボが実現したそうです。
夫(ラガーマン)のテンションが激しく上がったのは言うまでもありません(笑)。

社内販売でこちらを息子にせがまれお買い上げ。MSEのロマンスカーをかたどったケースに、子どもが喜びそうなお菓子がたくさん入っています。

伊勢原駅で小田急線の各駅停車に乗り換え、1駅で鶴巻温泉駅に到着。1年ぶりぐらいに来たのですが、駅が木のぬくもりを感じるデザインにリニューアルされていてびっくり。
鶴巻温泉は日本有数のカルシウム含有量を誇る名湯とのこと、楽しみです。

駅からのアクセスも抜群! 歩くこと5分ほどで到着

改札を出て北に向かい、住宅街を少し入ったところに「陣屋」の看板が。都心から電車で約1時間&さらに駅チカというアクセスのよさも、リピートしている理由のひとつです。

入り口には陣太鼓があり、旅館のスタッフが「ドン、ドン」とたたいて出迎えてくれます。息子は興味津々…。

ロビーでチェックインを済ませ、まずは温泉へ。日帰りプランでも、山荘露天風呂と大浴場、そして大浴場から続く庭園露天風呂を利用できます(場所は離れていますが、バスタオル&フェイスタオルはそれぞれに備え付けてあります)。
天気のいい日だったので、私たちは先に山荘露天風呂に入りました。泉質は「カルシウムナトリウム塩化物泉」です。

山荘露天風呂のすぐ横にある和室の「休み処草月庵」で休憩してから、レストラン「賑わい亭」へ。

こちらは山荘露天風呂からレストランに向かう途中にある神社の鳥居。急な階段をしばらく登ったところに、お稲荷さまがまつられています。

約1万坪の庭園を眺めながら、ゆったり季節御膳ランチ

大きな窓から緑があふれる空間。ここはやはり生ビールで乾杯!

お刺身や胡麻豆腐など、見た目にも美しい極上の品々が目の前へ…。絶妙なタイミングで一品ずつ運ばれてくる心遣いもうれしいです。

ご飯は「やまと豚桜味噌漬け重」と「季節の炊き込みご飯」(伺った日はしらすの炊き込みご飯でした)からチョイスできます。私は農林水産大臣賞を受賞したという“やまと豚”が気になったので、「やまと豚桜味噌漬け重」にしました。
このあと、デザートのアイスクリームもいただいて、おなかいっぱい。何から何までおいしくて幸せ…。

実は、陣屋はスタジオジブリの宮崎駿監督が幼少期に過ごした場所で、ジブリ作品のモデルとなっているそう。なんと子どものランチョンマットにトトロたちが! か、かわいい~♪
宿の入り口近くには大きな楠、通称「トトロの木」もあるので、訪れた際は見つけてみてくださいね。

食後に大浴場と庭園露天風呂へ。昨年11月にリニューアルし、庭園露天風呂の奥側に寝湯ができていました。

元々巨大なカラオケルーム(お気に入りでした…!)があった場所も、リニューアル後は「休み処平安」に。
ここには自由に使えるドリンクバーがあり、デトックスウォーターやコーヒー、紅茶、りんごジュースなど、充実のラインアップでした。

庭園にも館内にも注目ポイントが満載

温泉を堪能したら、庭園散策がおすすめ。大きな池があり、鯉が優雅に泳いでいます。

飲泉ができるスポットも(神奈川県で初めて飲泉が認められた場所だそうです)。適応症は慢性消化器病・慢性便秘、飲む量は1日200〜500mlまでとする、と看板に記載してありました。

館内も見どころが盛りだくさん。鎌倉時代から続く宿だけあり、歴史を感じる展示物が館内のいたるところに。毛利元就や宮本武蔵にゆかりのある武具などもあります。
この甲冑(かっちゅう)、迫力ありました…!

陣屋は将棋のタイトル戦が行われることでも知られています。

そんなこんなで、あっという間にチェックアウト時刻の17時が迫ってきました。
この充実した内容で、1人5000円(税別、レストランのドリンクは別途)という驚きの料金なんです。
泊まりで利用すると1泊2食付きで3万円台からが目安なので、コスパ最強…!

食事付きの日帰り温泉プランを利用する場合は、公式ホームページから予約して行ってみてくださいね。混んだら困るので本当は教えたくないと思うほど、全力でおすすめです(笑)。夫の誕生日祝いで利用しましたが、とても喜んでくれて何よりでした…!

鶴巻温泉 元湯 陣屋


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ