忘年会にも! 銀座でパーティーをするなら「クレイジー・ピンチョス」がおすすめ


こんにちは、シティリビングWeb編集部のホピ子です。

ピンチョスといえば、スペイン料理の代表的なメニューのひとつ。手軽に食べられるからパーティーにもぴったりですよね。そんなピンチョスがメインの「クレイジー・ピンチョス」が10月15日、銀座にオープンしました。

今回は、先日お邪魔してきた試食会の様子をレポートしたいと思います。

ラグジュアリーな雰囲気の中で楽しむピンチョスは格別の味

試食会当日、店に着いた私はイメージとのあまりのギャップにまず驚きました! ピンチョスと聞いていたので、カジュアルなスペインバルのような木製のテーブルやイスを配置したインテリアを想像していたら、まったく違ったからです。122席あるという店内は広々としていて、ラグジュアリーなつくり。銀座という立地にふさわしいゴージャスさです。

インテリアはラグジュアリーですが、料理のコンセプトは「なんでも串に刺して、楽しく食べよう」だそう。思わず写真を撮りたくなる「カラフルピンチョス」、パーティーに欠かせない「ビッグサイズピンチョス」や「ロシアンルーレットピンチョス」など、スペイン料理の枠を超え、これまでになかったピンチョスが楽しめます。

目にも鮮やかなピンチョスはまるでアート作品のよう

最初に出てきたのはコールドピンチョス。「牛たたきのタルタルステーキ、イカ墨バケット添え」「ロブスターのセビーチェ」「フォアグラのテリーヌ 生ハムと季節のフルーツ」など、目にも鮮やかな9種類のピンチョスがズラリ!

コールドピンチョス(2人前)

こんなに“映える”ものを目の前に出されたら写真を撮らないわけにはいかない…!と思ったら、それもそのはず、ピンチョスは食材の色の組み合わせに一番こだわったとのこと。まるでアート作品のような美しい仕上がりです。

どれも一口サイズなのでパクっと食べられます。使用している食材が肉、魚、野菜、果物…とさまざまなので、何種類食べても飽きることなく楽しめるのが素晴らしい! お酒を飲みながら少しずつつまむのにぴったりです。

ひとつずつのサイズ感はこのくらい

次はホットピンチョスが出てきました。「自家製100%ビーフのリトルバーガー」「サーモンのミキュイ ジェノバソース(ミキュイとはフランス語で“半生”という意味)」「海老 KUSHIAGE」というラインアップ。

ホットピンチョス(1人前)

リトルバーガーは小さいながらも100%ビーフのうま味がしっかりと感じられます。さっと火を通したサーモンはほんのり温かくしっとりした口あたり。串揚げはサクサクした食感が楽しめます。

小さくても、こだわりの具材がたっぷりの「リトルバーガー」

最後に「ペッパービーフのロコカルネ」が登場。「ロコ・カルネ」とは“クレイジーな塊肉”という意味のオリジナルネームなんだとか。つけ合わせは、この日はフライドポテトとクスクスでしたが、内容は季節によって変わるそう。

ペッパーがたっぷりまぶされたビーフはかなりのボリュームがあり、シメにふさわしい一品です。

「クレイジーレッド」「クレイジーブルー」といったネーミングの“映える”オリジナルカクテルも充実しています。

試食が終盤にさしかかった頃、ステージ上ではライブが始まりました。生演奏はやっぱり迫力が違いますね…!

R&BやJAZZを中心としたライブは1日3回開催するそうなので、いつ行っても楽しめるところもうれしいポイント。

 

音楽を聴きながらおいしい料理とお酒が楽しめる「クレイジー・ピンチョス」。コースメニューは5500円設定から用意されているので、女子会や忘年会はもちろん、年始のパーティーなどに利用してみてはいかがでしょうか。

店名 クレイジー・ピンチョス
住所 東京都中央区銀座3-3-1 ZOE銀座 地下1階
電話番号 050-3171-8452
営業時間 LUNCH/11:00~15:00(最終入店14:00)※ブッフェランチのみ60分制、DINNER/17:30~23:30(Food Lo.22:30、Drink Lo.23:00)、LIVE TIME/18:30~、20:00~、21:00~
席数 122席


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ