あの日の感動から1年…カパル凱旋ライブに潜入!【前編】


こんにちは。キャラ愛が止まらない、シティリビング編集部のアスミコです。

当然のごとくみなさんご存じ、埼玉県志木市文化スポーツ振興公社公式キャラクター「カパル」。

ゆるキャラグランプリ2018のグランプリ受賞を記念した凱旋ライブ「Welcome to Ghoul City~約束の場所で~」が、去る10/9に志木市民会館パルシティホールで行われました。

カパルがベースを務めるGCB47、CHARAMELが対バンする奇跡の公演。バンドメンバーのほか、ゲストキャラも多数で、1年越しにカパルのグランプリをお祝いします。

カパルがベースを弾くときのシマシマ手袋に近いボーダーのタオルと、公演中の応援に欠かせないサイリウム。
…誰の何に行くのかよく分からないカオスな組み合わせですが、ライブへの装備は万全。いざ、「約束の場所」へ!

物販会場もぬかりない、それがキャライベ

開演前には、物販会場でグッズ販売が行われました。ご当地キャラのグッズは一期一会なことが多いので、イベントのたびについ買っちゃうんですよね。

到着したのが物販終了間際だったので急いで会場へ向かおうとすると…

出演者であるGCB47のギタリスト・スパンキー(愛称はパイセン)に遭遇!

階段に人だかりがあるから、まさか2階の物販会場からの行列…!?と思ったらパイセンでした。「頑張ってね!」と声をかけハイタッチもできて、不意打ちの触れ合いに泣きそう。本番前なのにありがとう! パイセンは手すりを持ってゆっくりと階段を下りていきました。

そう、ただの物販とあなどるなかれ。キャライベントの物販では、キャラのサプライズ登場ありで、思わぬハッピーがあるかもしれないのです。

遭遇できなかったけれど、バンドWヘッダーで絶対に体力を温存しておきたいはずのカパルも、一瞬登場して嵐のように去って行ったらしい…。さすが気遣いのカッパ・カパル。

この日は“物販サプライズゲスト”として、大崎西口商店会の大崎一番太郎(愛称はイッちゃん)と、埼玉県羽生市イメージキャラクターのムジナもんが会場にいました!

11/23(土・祝)・24(日)に埼玉県羽生市で行われる「世界キャラクターさみっとin羽生」の告知もかねての登場だったようです。カパルやこの日のゲストキャラも多数出演。もう行くしかないよね!

イッちゃんがずっと床に置いたポスターを見ていて、土下座しているのかと思ったよ…。この日のB面(後頭部)は、もちのろんでカパルでした。

プレゼントボックスもいっぱい。カパルに文をしたためてそっと入れました。

キャラの絆がすごいよ

今回のイベントの公式グッズをがっつり購入。
シュシュとペンライトはこの日の応援グッズ用。中身が見えないアクリルスタンドは、なんだか乙女チックなカパルを引き当てました。ポーチは普段使いできるボーダーデザインでうれしい。

そして3種セットのクリアファイルは、売上げの一部が千葉県への義援金として寄付されます。こういうところがご当地キャラの絆を感じさせるんですよね…。

そんなこんなで会場となるホールに移動すると、祝い花がずらり! 

ちなみに退場の際にもう一度確認したら、入場時にはなかった高知県安田町の鮎のキャラクター・安田朗(あんたろう)くんからもかわいいお花が! 昨年のGP時、自分もエントリーしているにもかかわらず、とてつもない男気(鮎気)でカパルを応援してくれたんです。

安田朗くん、今年もGPに挑戦中で、現在上位で接戦を繰り広げています。微力ながら応援します!

…と、ライブが始まる前から思いがあふれすぎました。肝心のライブレポートは後編で!


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月8日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ