奇跡的にチケットが取れた! 「ラグビーワールドカップ2019」観戦レポ【前編】


台風19号の動向が気がかりなシティリビングWeb編集部・ミキカリーです。

日本代表の活躍もあり、今「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」が大盛り上がりですね! 昔は好きなものを3つ聞かれると「カレー・神社・温泉」と答えていたのですが、今は「カレー・電車・ラグビー」に変わったラグ女の私(年齢的にラガールとは言いづらい…笑)。生でラグビーワールドカップを観戦したいと思い、抽選にチャレンジし続けたのですが、はずれること4回。
それでも“一生に一度”といわれるチャンスを諦めるわけにはいきません。公式サイトで何日もポチポチ…なかなかカゴに入らず断念しそうになりましたが、粘った結果、10月6日ニュージーランド×ナミビア戦のチケットを3枚買うことに成功!

買えたのはA席でした。A席に子ども料金の設定がないのはなんでだろう…(涙)

ラガーマンの夫と4歳の息子の家族3人で観戦してきたレポートを、2回に分けてお届けします。

準備編:ウエアにこだわって、オールブラックス感を出す!

チケットを手に入れてまず考えたのが「何を着て行こう?」。10月3日のニュージーランド×カナダ戦では、約9割がニュージーランド代表の愛称「オールブラックス」にちなんで黒い服を着ていたというニュースもあったので、黒のトップスを新調することに決めました。

真っ先に思いついたのが、オールブラックスのレプリカユニフォーム。でも、人とかぶりそうだし、スポーティーすぎて着る機会があまりなさそう(昨年ビーチラグビーの大会で前十字靭帯を切って以来、ろくに運動していないのです…)。だったら、普段から着られるラガーシャツを買おう!と決めて狙いを定めたのが、ラルフ ローレンの「キッカー ベア カプセルコレクション」。

「チルドレン ラガーシャツ」1万6900円(税別)

店舗で実物を見た瞬間、「ポロベア」がラグビーボールをキックしている姿に一目ぼれしてしまいました! 試着してみると、キッズの160cmがぴったりで、黒地に白ロゴのニュージーランドバージョンを迷わずお買い上げ♪
(ちなみにキッズでも170cmまでありますよ!)

日本(黒地に赤ロゴ)やイングランド(赤地に黒ロゴ)バージョンもかわいかったので、息子の分も買って当日リンクコーデしようかな…と思ったのですが、サイズ展開が140cmからとのことで断念。幼稚園のフリマで買ったオールブラックスのポロシャツを着せることにしました。お値段なんと50円(笑)。

着るものさえ決まれば、あとは天気を祈って当日を迎えるだけです。

当日・スタジアム外編:京王線のホームからラグビーワールドカップは始まっていた

ニュージーランド×ナミビア戦のキックオフは13時45分。京王線明大前駅のホームにたどり着いたのが12時過ぎだったのですが、な…なんとホームにいる人の半分以上が真っ黒な服、つまりオールブラックスファン。これにはただただ驚きました。やはり世界最強のチームの人気は半端ない…!

電車に乗って15分弱。最寄りの飛田給駅の改札を出ると、さらに真っ黒率が上昇。中には仮装している人もいて、すでにお祭りムード。ニュースの約9割という数字、身をもって体感しました。

沿道の公式グッズ販売や生ビールに誘惑されそうになりながら10分ちょっと歩くと、東京スタジアムに到着です。中に入るのは2011年のドリカムワンダーランド以来…。ドキドキ。

肩車している親子が夫と息子

ボランティアのスタッフがラグビーワールドカップのフォトフレームパネルを手に「記念撮影をどうぞ!」と声をかけてくれたのですが、夫と息子がはるか前方に…。記念にフレームだけパチリ。

キックオフ1時間前を切っていましたが、入場はスムーズでした

入ってすぐ右手に入場ゲートが見えてきました。ここで手荷物チェックを受けます。

ビニール傘とペットボトルの水はあえなく没収。息子用の水筒は、その場でひと口飲めば持ち込みOKです。

開催当初は飲み物だけでなく食べ物の持ち込みもNGでしたが、大会中にルールが変わり、食べ物は持ち込めることに(わが家は遅めのランチにインドカレーとナン、チキンティッカを家の近くで購入してきました)。

当日・スタジアム内編:席に着いて最初にしたこと

これを楽しみにしてきたといっても過言ではありません。ずばりワールドワイドパートナー「ハイネケン」のビールを飲むこと! ビール売りのお姉さんに声をかけて2杯お願いしました(注:生ビールではなく、缶ビールを透明のコップに注ぐスタイル)。

ビールは1杯700円

撮影&掲載のお願いに心よく応じてくれてありがとうございます♪

午前中降っていた雨もやみ、青空が見えてきました

両チームの健闘を祈って乾杯!

後編:「涙腺ゆるみっぱなし! 「ラグビーワールドカップ2019」観戦レポ」に続く…)


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ