芋だ、栗だ! 日本橋で買える和菓子5選【編集部ブログ<TOKYO>】


こんにちは、シティリビング編集部お枝です。

繁忙期のある秋の日。ホクホクと優しい甘さに癒されたくなって、通りすがりの「日本橋三越」へ。芋栗和菓子を買い込んで、残業中の編集部メンバーでシェアしました。

6cmのようじを並べたので、和菓子の大きさの目安にしてくださいね。

1.見た目が完全に栗! 菓匠花見の「栗白鷺宝(くりはくほろう)」

埼玉浦和の銘菓「白鷺宝(はくほろう)」の期間限定・栗バージョン。見た目のとおり中は栗餡、外側はミルクチョコレートでコーティングされています。今回紹介する5つの中で一番甘い。もうしばらくすると、芋やハロウィンかぼちゃバージョンも登場するそう。

2.榮太樓總本鋪の「栗金鍔(くりきんつば)」

金鍔(きんつば)といえば四角いものが多いですが、榮太樓總本鋪は刀の鍔(つば)をかたどった丸型。栗バージョンは、“三越限定”です。栗餡を薄く伸ばした小麦生地で包み、職人さんがごま油で焼いています。この日は運よく出来たてに遭遇し、ラッキー。スッキリした甘さで、今回一番のお気に入り。

3.サザエ食品の小さいおはぎ「こはぎ」

北海道十勝産の小豆を使ったおはぎが人気の「サザエ食品」。小さいおはぎ=「こはぎ」というネーミングがかわいいじゃないですか! 写真右が栗、左が鳴門金時。中身にはもち米が。

4.小布施堂の「くりあんケーキ」

いつか行きたい栗好きの聖地、長野県小布施町。その小布施町にある栗菓子店「小布施堂」の「くりあんケーキ」は、栗率の高い栗餡がたっぷり練りこまれています。しっとりした生地から、ふわーっとバターと栗が香ります。

5.見た目はバゲット! たねやの「長寿芋」

鳴門金時を皮ごと使った芋餡を、シナモン香る生地で包んで焼き上げた「長寿芋」。これ1本で“ごはん普通盛り以上大盛り未満”のカロリーなので、おなかいっぱいになれます。写真ではようじを添えてみたけれど、これでは持ち上げられない重量感です。

3個入りはおしゃれな籠に入っているので手土産にも。


上記すべて「日本橋三越本店」で1個から買えます。金額や販売期間は店頭でご確認を。

日本橋三越本店
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi.html

和菓子に添えたい、色っぽい“ようじ”

写真に添えたようじは、日本橋の老舗・ようじ専門店「さるや」の「辻占楊枝(つじうらようじ)」。手作りのようじに恋の都都逸(どどいつ)が書かれた小さな紙が丁寧に巻きつけられています。江戸の夜の街で、恋の駆け引きに使われたアイテムらしいので、気のない相手に渡さないように気をつけて。

さるや公式ホームページ
http://www.nihonbashi-saruya.co.jp/products/others.html

 

 


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月11日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ