【編集部ブログ<TOKYO>】東京下町散歩 浅草のカフェでふわふわパンケーキを発見!


こんにちは、TOKYO MINTOO編集部のみやもんです。
この度「シティリビングWeb」にお邪魔して、ブログを書くことになりました。
よろしくお願いします!

私は下町のノスタルジーな雰囲気が好きで、よくカメラを片手に散歩をしています。
今回は浅草を散策してきました。

まず朝一に! 「FEBRUARY CAFE」のモーニング

実はここ、浅草で人気のパン屋「ペリカン」の食パンが食べられるのです…!
「朝パンセット(バタートースト+アイスティー)」を注文。

トーストは外がサクサク、中がふわっとしていておいしい~!
シンプルなトーストなので、パンそのもののおいしさを楽しめます。

そして、中心のバターが乗った部分が感動のおいしさ!! 朝なので店内は落ち着いた雰囲気なのですが、ひとり静かに興奮していました。

今回は土曜の9:10頃に行き、すんなり入れました。その後もひっきりなしにお客さんが来ていましたが、一時的な待ちはあっても長い待ち時間はなさそうでした。
ペリカンの食パンを食べてみたいけれど、予約したり並ぶのが億劫…という人におすすめです。

■FEBRUARY CAFE
http://february.cafe/

お友達とのおしゃべりに。「cafe michikusa」で女子トーク

友人と合流して、浅草4丁目にあるかわいらしいカフェ「cafe michikusa」に入りました。
オムライスなどのランチもありますが、今回はパンケーキをいただきました。

「クラシック・パンケーキDX」
パンケーキ2枚に、アイス、ホイップクリーム、バナナとシロップが乗っています。

パンケーキはもちもちしていて、甘さもちょうどよかったです。2枚食べるとかなりの満足感。
浅草駅から徒歩12分と少し距離があるのですが、落ち着いた空間で友人との話も盛り上がりました。

この看板が目印。

■cafe michikusa
http://cafemichikusa.jp/

浅草といえば! 「亀十のどら焼き」

帰り際、自分へのお土産に(笑)、大定番の「亀十のどら焼き」を買いました。土曜日の夕方に並びましたが、10分ほどで購入できました。

独特の焼き色がテンション上がる!

我慢できず、家に帰ってすぐ実食。皮はふわふわで、あんこはずっしりとしていて、とってもおいしい!! 並んで手に入れたかいがあります。
結構な大きさなので、空腹時に食べることをお勧めします。今回は黒あんを購入しましたが、白あんもあります。1つ360円とお高めですが、それだけの価値あり。

■亀十
住所:東京都台東区雷門2-18-11
電話番号:03-3841-2210
営業時間:10:00~19:00 ※不定休

以上、朝から夜まで、浅草にひたった1日でした。
外国人観光客の多いエリアですが、歴史あるお菓子屋さんや少し歩くと落ち着けるカフェがたくさん。ぜひ立ち寄ってみてください!


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ