【編集部ブログ<TOKYO>】3泊4日の弾丸タイ女子旅~現地ツアー遊び尽くし編~


こんにちは。シティリビング編集部のアスミコです。

3泊4日の弾丸タイ女子旅紀行、今回は2日目、アユタヤ方面への現地ツアー編です。
VELTRAで現地ツアーを申し込みました。

★ツアーの内容★
・メークロン線路市場
・ダムヌンサドゥアック水上マーケット
・名店「ソンブーン」でプーパッポンカリー
・アユタヤ遺跡(ワット・ロカヤスタ、ワット・ヤイチャイモンコン、ワット・マハタート、ワット・プラシーサンペット)
・象乗り体験

日本円にして1万円強。自分で道のりを調べて入場料を払って…という手間を思ったら安いもの!

朝6:10にホテルに送迎が来て出発。大きな観光バスが来るのかと思いきや、ホテルの前にいたのは黒いワンボックスカー。参加者は私たち含めて4人。
…若干のドキドキ感がありましたが、日本語ペラペラのガイドさんが、道中ずっとマシンガントーク。よかった、いい人そう。

プーパッポンカリーを目指して駆け抜けるAM

メークロン線路市場。
線路脇にみっちり市場が出ていて、時間になったらそのまま電車が通ります。正直、観光客が多すぎて、電車を見ているのか人を見ているのかわからなった…。ガイドさんが教えてくれたカオマンガイがおいしかった!

ダムヌンサドゥアック水上マーケット。
ショッピングは手こぎのボートで。せっかくなのでショットグラスを2つ700バーツ(約2500円)で購入。…あれ、ぼったくられた? その後モーターボートに乗り換え、なぜか川を全力疾走。振り落とされんばかりのスピード感で、思わぬところでジェットコースター気分。びゅーん。

お待ちかね、お昼ごはんは名店「ソンブーン」でプーパッポンカリー!
「タイに行ったら絶対に食え!」といわれるのがこれ。カニと卵のカレー炒めです。みっちりムチムチなカニの身、ほわほわマイルドな卵で、ごはんが進みすぎます。

遺跡とゾウ、犬ものびるPM

プーパッポンカリーの後はアユタヤの遺跡を巡ります。ガイド付きなのがツアーのいいところ。「本当は金ピカだったけれど、戦争の際に持って行かれた」など、歴史を感じられました。しかしとにかく暑い…。

アユタヤの遺跡には犬(野良?)がたくさん横たわっていました。犬もへたる暑さ。

そして、念願のゾウ乗り体験! 乗っている最中は危ないので撮影NGとのこと。1枚200バーツ(約700円)で、撮ってもらった写真を購入できます。フレームはゾウのフンから作っているそうです。
その横でなぜかトラとも写真が撮れました。長年連れ添う飼い主が不在だそうで、こちらの笑顔をよそに、緊張感の漂う現場…。

そんなこんなでバンコクの中心街・サイアム駅で解散したのが18:30。最後のスポットを出て約1時間半のドライブでした。次の目的地までの道のりを丁寧に教えてくれる、最後まで手厚いガイドさん。コップンカー。
チップ文化のタイ、ガイドさんへチップを渡せなかったのが最大の後悔…。そもそも渡すべきだったのか正解は謎のままですが、お世話になりっぱなしだったから渡せばよかったなぁ。

というわけで、やっぱり効率的に回るなら現地ツアーに限る。

次回、慌ただしさMAXのバンコク観光を紹介します!


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ