【編集部ブログ<TOKYO>】3泊4日の弾丸タイ女子旅~ビギナーの準備&機内サービス編~


こんにちは。シティリビング編集部のアスミコです。

突然ですが、みなさんはタイに行ったことはありますか?
世間が夏休みシーズンに入る直前の7月頭、女2人で念願のタイへ行ってきました!

タイの空は高くて青かった…

3泊4日の弾丸タイ女子旅を実録します! 今回は旅の準備&機内サービス編です。

★この旅のざっくりスケジュール★
初日(土曜)…夕方に成田発。バンコクに深夜着
2日目(日曜)…アユタヤ方面へ現地ツアー丸1日
3日目(月曜)…完全フリー
4日目(火曜)…早朝にバンコク発。成田に夕方着

海外ビギナーの旅の準備

恥ずかしながら海外渡航歴は片手で数えられるほどの私が、この旅でいらなかったもの・あってよかったものはこちら。

★持って行ったけれど使わなかったもの★
・胃薬
・虫除けミスト、ボディシート(持ち歩き荷物を減らしたくて結局置きっ放し)

★特にあってよかったもの★
・酔い止め薬(道路がボコボコのところもあり、結構飛ばすので酔いやすい人はすぐ酔う)
・サブのトートバッグ
・晴雨兼用の日傘
・長袖の寝間着(ホテルの寝間着がガウンしかなかった)
・歯磨きセット(アメニティーの歯ブラシが大きすぎて、歯磨き粉の味も独特だった)
・現金(市場や電車などカードを使えないところもタイでは多い)

また、「鍵付きスーツケースが必須!」とは友人談。空港での盗難事件も起きているそうで、彼女はすべて機内に持ち込むつもりとのこと。

機内持ち込みで厄介なのが、液体。水だけでなく、ジェル状のもの、マスカラやグロス、歯磨き粉なども含まれるそうです。持ち込む場合は、「100ml以下の個々の容器で」「1L以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れて」「1人1袋のみ」、手荷物検査へ。

化粧水、日焼け止め、シャンプー&コンディショナー、マスカラ、ハンドクリーム。リップクリームは? ウエットシートは? コンタクトの洗浄液は? ヘアオイルは? 旅の荷物からどんどん液体っぽいものが。

…はい、めんどくさいっ!!
そもそも鍵付きどころかスーツケースすら持っていないため、セキュリティーガバガバのボストンバッグにすべてを放り込んで、荷物を預けました。ちなみに到着後、無事に荷物と再会。よかったよかった。

機内から、そこはタイ

エアラインはタイ国際航空。CAさんの制服がタイの民族衣装チックでステキです。
手を合わせながら「サワディーカー」と挨拶をしてくれて、ここはもう完全にタイです。

成田からタイまで、約6時間半のフライト。
この便は席に余裕があり、後方座席の中央4人掛けの一番前、両端の通路側の席に。間には誰も来ないように計らってくれたのか、実質1人2席を使って、足元も広々。ゆったり快適な空の旅でした。繁忙期をよけた特権!?

飲み物サービスにはタイのシンハービールやチャーンビールが! まずはシンハーで旅の始まりに乾杯★

機内食もタイ感あふれるメニュー。チキンカレーは本格的な味わい。うどんで和の心も忘れません。
「機内食がおいしいらしい」というのも、タイ国際航空にした決め手のひとつだったので大満足!

小腹がすいてきたころにアイスクリームまで出てきた!

機内サービスがひとしきり終わった後も飲み物をこまめに勧めてくれたり、英語がちんぷんかんぷんの私にもゆっくり分かりやすく声をかけてくれたりと、国際線の手厚いサービスにありがたさでいっぱい。
ただの移動手段ではなく、機内から旅は始まっているんだなあと思わせてくれるすばらしい空間でした。コップンカー♪

次回、いよいよタイ観光! 実質3日分くらい遊んだ2日間を紹介します!


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ