【編集部ブログ<TOKYO>】本場タイで爆発的人気を博した「火山鍋」とは…!?


こんにちは、シティリビングWeb編集部のA子です。

鍋が恋しい季節になりました。みなさんは「鍋」と聞いて何鍋を思い浮かべますか? 水炊き、おでん、寄せ鍋、すき焼き、しゃぶしゃぶ…種類がたくさんあって、迷ってしまいますよね。

先日、こんな季節にぴったりな鍋を、同じ編集部のミキカリーと食べてきました。その名もなんと、「火山鍋」! 1mもの炎が噴き出すという驚きの鍋は、本場タイのナイトマーケットで爆発的な人気だそう。

いったいどんな鍋でしょうか…!? 今回は、その鍋を試食してきた様子をレポートします。

1mの炎が吹き上げる様子は、フォトジェニックで迫力満点!

この火山鍋が食べられるのは、“バケツパクチー(バケツに山盛りにされたパクチー)”で有名な「タイ屋台 999(カオカオカオ)」新橋店。新橋駅から徒歩2分という好立地も手伝って、連日満員の大人気店です。そこで「【タイで大流行中!!!!火山鍋 日本初上陸!!】~火山鍋が食べられるのは、日本ではタイ屋台999新橋店だけ~」を注文すると、コースのメイン料理として登場します。

店は新橋の飲み屋街に突如出現。まるで本場のタイに来たかと思うような、明るいインテリアが目を引きます。今回お邪魔したのはこちらの2階。1階入り口横の階段をのぼって、いざ店内へ。

店内はタイ人のスタッフがたくさん。壁にはタイ語のメニューが貼ってあり、タイらしさが満載でした。これは期待が高まります…!

タイ語で書かれたメニュー

通常のメニューはこんな感じ

ほどなくしてお目当ての火山鍋がテーブルに運ばれてきました。火山を模したふたをかぶせてあって、確かに見た目が火山のようです。この鍋の中にキッチンで調理済みのエビが入っていて、仕上げだけテーブルで行うそう。鍋の上部に穴が開いているので、「まさかこの鍋から火が出てきたりして?」…と思いながら見ていると、店員さんが火山の部分にアルコールをかけ、火をつけました。すると…!?

一気にファイヤー!! 天井まで届きそうな炎が立ちのぼります。その様子はまさに燃え盛る火山。「火山鍋」というネーミングにも納得です。店内にいた全員が驚きの声をあげたほど、迫力も満点。ちょっとしたショーを見物したような満足感が味わえます。

少しすると、エビが蒸される香ばしい香りが漂ってきます。いったい、この火山の中でエビはどんな状態になっているのでしょうか…!?

消火したらふたを取り、いよいよエビとご対面。火山の中は、大ぶりなエビがびっしりと敷き詰められています。まずは殻をむいてひと口…お、おいしいっ! ミソがたっぷり入ったプリプリのエビが、スパイシーに味付けされていて、あっという間に一尾をペロリ。エビの下に敷かれているバイマックルーとレモングラスの風味も加わり、まるでトムヤムクンのような味わいです。通常、タイ料理屋で見かけるトムヤムクンはスープですが、これは新感覚の“食べるトムヤムクン”。ビールが飲みたくなること必至の一品です。

<記事が続きます>

シメの汁なしトムヤムクンラーメンも絶品!

夢中になってエビを平らげると、今度はシメの麺が投入されます。すりつぶしたトウガラシ、干しエビ、タマネギにココナッツミルクを加えたスープをかけ、麺とあえていただきます。これが汁なしトムヤムクンラーメンになり、最後の一滴までおいしく味わえるんです。エビのコクとうまみがたまりません!

卵を原料にしたというモチモチの麺は、なんと特注。中野の製麺所、大成食品と共同開発したそう。薄くて平たく、ちぢれが強く、卵の味がしっかりするその麺は、本場タイの麺にかなり近づけているそう。そのこだわりのちぢれ麺にエビのスープがよく絡まって、箸が止まらなくなってしまいます。

少し食べたらタイの調味料(お酢、ナンプラー、粉末トウガラシ、砂糖)を使えば味変もバッチリ! 最後まで飽きることなく楽しめます。今回私は全種類試してみましたが、個人的にお酢をかけてサッパリさせるのが好みでした。粉末トウガラシは…かけすぎ注意! いつまでもあとをひく辛さです。

そして、次はグリーンカレーを試食。あれ? 普段見るグリーンカレーと違い、まるでスープみたいな見た目です。

というわけで、このカレーについての詳細が知りたい人は、ミキカリーの記事、「カリー my Love」でどうぞ(※下の「あわせて読みたい」を参照してください)!

見て楽しい、食べておいしい火山鍋は、話のネタになること間違いなし! 年末の忘年会やサプライズパーティーなどで利用してみてはいかがでしょうか?

※火山鍋コースは、前日までの予約制となります

公式サイト タイ屋台999
料金 【タイで大流行中!! 火山鍋 日本初上陸!!】~火山鍋が食べられるのは、日本ではタイ屋台999新橋店だけ~(5980円、3時間飲み放題付き、2人前~)
定休日 日曜日
営業時間 ランチ11:30~14:00(月~金曜)、11:00~15:00(土曜)、ディナー17:00~24:00

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

他の星座も見る
「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ