日本近代絵画史の巨匠・大観と観山展


日本近代絵画史の巨匠・大観と観山展

横山大観≪秋色≫(左隻)1917(大正6)年

次はみなとみらいでアート鑑賞☆ 【チケットプレゼント】

下村観山≪小倉山≫(右隻)1909(明治42)年 横浜美術館蔵

副都心線と東横線の乗り入れで都内からもぐんと行きやすくなった横浜。今年6月にオープンした「マークイズみなとみらい」は既に人気のスポットになっているようですが、そのちょうど目の前に建つ横浜美術館に訪れたことはありますか。

丹下健三設計の外観はシンメトリーの少し荘厳な佇まいではありますが、中に入ると吹き抜けのエントランスがあり、明るくて気持ちの良い空間が広がります。併設のカフェではゆったりとデザートを楽しむことも。3年に一度行われる“横浜トリエンナーレ”という言葉を耳にしたことがある方もいるかもしれないですが、ここ横浜美術館もその会場のひとつとなり、横浜アートスポットのまさに中心的な存在なのです。

11/24までは『横山大観展―良き師、良き友』を開催中。富士山を好んで描いたことで有名な大観。その構図はシンプルなのですが、洗練されていて美しく、見入ってしまいます。作品の入れ替えがあり、11月頭からは大観の代表作のひとつ《夜桜》がいよいよ登場!大観に影響を与え、また大観から刺激を受けた、師や友たちの作品も並び、同じ題材をそれぞれがどのように描いたのか比べ観ることができます。

12/7からは『生誕140年記念 下村観山展』がスタート。横浜美術館が開館当初から収集に努め、数多く所蔵している観山作品の中から代表的な作品が展示されます。館内のカフェの名前にもなっている《小倉山》もそのひとつ。ちなみに、カフェが小倉山になったのは、以前、横浜美術館所蔵作品の中で「私が選んだこの1点」を募集した際に、第一位に選ばれたとがきっかけだそう。

みなとみらいはショッピングやグルメも魅力的なエリアですが、次はぜひアート鑑賞で楽しんでみて。(編集部:I)

※定期コラム「乙女の美術館案内」もチェックしてね!

INFORMATION

◆横浜美術館

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
tel.045-221-03
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:木曜日、2013/12/29(日)~2014/1/3(金)

◆~2013/11/24(日)
『横山大観展―良き師、良き友』【当日】一般1400円
◆2013/12/7(土)~2014/2/11(火・祝)
『生誕140年記念 下村観山展』【当日】一般1200円

http://www.yaf.or.jp/yma/

プレゼントの応募はこちら


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ