第26回東京国際映画祭、いよいよ開幕


第26回東京国際映画祭、いよいよ開幕

クレジット:©2013 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
キャプション:オープニング作品 トム・ハンクス主演『キャプテン・フィリップス』

六本木ヒルズに世界の映画が集合♪

クレジット:©2013 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
キャプション:オープニング作品 トム・ハンクス主演『キャプテン・フィリップス』

先月からスタートしたcityカルチャーレポートの「ラブシネマ」コラムで、映画紹介を担当している小出幸子さん、尾上朝美さんも所属する「東京国際映画祭」が、いよいよ今年も開幕します!

アジア最大級の国際映画祭「東京国際映画祭」は今回で26回目。今年、世界各国から映画祭に寄せられた応募作品は、なんと史上最多の1,463本!この中から、厳選された作品が六本木ヒルズに集います。全国公開に先駆けて、ここでだけ見られる作品もあり、注目の映画祭です。
オープニングを飾るのは、2009年に起きたソマリア海域人質事件を基にした『キャプテン・フィリップス』(ポール・グリーングラス監督、トム・ハンクス主演)、クロージング作品は、三谷幸喜原作&脚本&監督の傑作歴史エンタテインメント『清須会議』※と、豪華ラインアップ。 「ラブシネマ」で紹介した『潔く柔く きよくやわく』も特別招待作品として全国公開前に上映されます。

また、毎年の見どころのひとつが、大物ゲストが多数来場すること。海外からは俳優のトム・ハンクスや監督のソフィア・コッポラ、日本からも俳優の役所広司さんや長澤まさみさんらが舞台挨拶に登場します。

5年ぶりにロゴデザインも一新され、キュートなハートマークで六本木ヒルズが飾られる9日間。是非、みなさんも足を運んでみてね。(編集部:I)

※『清須会議』の舞台セットも一部展示!
「種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展~『清須会議』までの映画美術の軌跡、そして…~」(上野の森美術館)のチケットプレゼント中。応募はコチラ

INFORMATION

◆第26回東京国際映画祭

期間:10月17日(木)~25日(金)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、シネマート六本木
料金:一般1000円~3000円(部門により異なる)
http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ