働く女の会議室 新シリーズがスタート


働く女の会議室

働く女性ライフを刺激するテーマで連載するこのシリーズ。新メンバー3人が、よりリアルに、真摯(しんし)に目の前の問題に向き合っていきます。4人目の登場人物はあなた。一緒に働く女の生き方を見つめてみませんか?
みんなの生声 どうでした?3月までの「働く女の会議室」特集

3月までの「働く女の会議室」特集(全5回)では、専業主婦願望のある25歳・派遣社員のミサキ、結婚と昇進でワーキングマザーの道を考え始めた35歳ユウコ、自分の老後や親の介護が気になる45歳管理職のケイコが登場、働き方と将来を考えました。寄せられた多くの感想の中から一部を紹介します。

  • 会社に結婚を報告した際、育休についてちらっと聞いたら「産休だけでとっとと産んですぐに戻ってこい」と。開発部で担当商品に責任があり、現場にいるべきなのも理解していますが、納得はできない。女性が働き続けるのは、男性のサポートが必要とつくづく思うので、こういう特集を男性が読めるようになれば良いのに!(29歳・既婚)
  • 今置かれている立場に似ていて面白かったです。老後の貯蓄、両親の介護問題が気掛かり。ためになったし、45歳ケイコの状況に、悩みを抱えているのは私だけではないと共感。(40歳・未婚)
  • 今年28歳。社内の同年代は結婚退職する人や続けて頑張る人、子育てとの両立で悩む人がたくさん。今後のキャリアを考える中で、今の自分に直結する話題で毎回興味深かったです。(27歳・未婚)
  • 長時間労働でホルモンバランスが乱れこのままでは妊娠できないと言われています。無理に働き続ければ一生子供ができないかもしれない。でも仕事は辞めたくない。その間で苦しむ女性は結構いると思います。家庭や妊活を考えると、働き続けることだけが必ずしも正解ではないとも思います。(29歳・既婚)
  • 結婚したらあんまり働きたくないなぁと思うけど、そうはいかなそう。独身30代後半派遣社員の女性の働き方が気になります。自分はこれからどうすればいいのか、考えるきっかけになりました。(34歳・未婚)
  • 自分は今子供がいて働いていて、身近なことなので興味がわきました。独身時代に思い描く、結婚・出産と、実際の結婚・出産・仕事の違いに興味があります。(34歳・既婚)
  • ちょうど自分が妊娠中で、来月から産前休暇を取る予定なので、職場の女性の働き方にとても興味があり、面白く読みました。(35歳・既婚)
  • 近くに親がおらず、親に頼ることのできない共働き夫婦が、子供が生まれたとき何をどうしたらうまくやっていけているのか。職場に理解がない、保育所に入れないなど、やめざるを得ないかもしれないことはあったか、また、それをどう切り抜けて仕事を続けることができたか。知恵や考え方、方法、工夫、事前に準備していたほうがいいことなどを知りたいです。(29歳・既婚)
  • 産んで育てながら働くことを目指しているが、どうして良いのか分からないので、参考にさせてもらいました。(29歳・既婚)
  • 介護と仕事の両立をするためにどうしたら良いのか、社内で話題になっていたので興味を持って読みました。(34歳・未婚)
  • 仕事を続けないと生きていけないし、老後が心配。 家庭との両立と人生について参考になりました。(31歳・未婚)
  • 今回のキャラみたいな女性が別設定で出てくる展開が見たいです。専業主婦が兼業主婦に戻ったりするバージョンも見たい。すごく考えさせられて、ちょっと辛い時もありましたが、またシリーズ化されたら読みます。(32歳・未婚)
  • 待機児童をなくしたいなら、保育士や幼稚園教諭の待遇改善と責任範囲の明確化が必要だと思いました。親の都合で無理に預ける場所を作るのは、子供のことを考えていない愚行。それならいったん仕事を辞め、自分の手で育児をするべきなのだと思います。会社員も、専業主婦も、育児も、保育士も経験した私が感じたのは、会社員をしながらの育児より、専業主婦で育児に専念する方が数倍大変だということ。仕事をしている人は超格安で育児をアウトソーシングできるからです。女性目線ばかりでなく、次は男性目線のテーマも読みたい。(49歳・既婚)
  • 女性管理職がいない私の会社にとって、上司からは私が一番そのポジションに近いと言われたため、記事に興味がありました。結婚生活と仕事の両立について知りたい。会社には、自分が目標とできる女性の上司・先輩がいないため、とても参考になりました。(42歳・既婚)
  • 特に、2/7付の生涯賃金シミュレーションは金銭事情ややりくりが掲載されていて参考になりました。建前だけでなく本音も掲載されているのがとてもよかったです。今後は、「お金事情」とその生活レべルごとに貯蓄額などいくら必要で、どのような働き方がいいのか知りたい。同じ働く身として、参考になる情報だったので細かく毎号読んだ。引き続き、具体的な参考事例やリアルな声、課題解決方法を掲載してほしい。
  • 母が祖母の介護をしていて、その手伝いだけでも大変なのに、もし仕事をしながら自分が介護をする状況になったらと常に考えていたので、この記事に興味を持ちました。登場人物の世代や女性のライフワークバランスについて興味があったので、今回の特集はとても参考になりました。(33歳・未婚)
  • 自分も結婚と仕事、家庭のバランスについてや子どもについて考えさせられる時期だったから面白かったです。妊活と仕事の両立の記事が読みたい。シリーズは、すごく面白い内容だったと思う。自分が妊活のために仕事を辞めざるを得ない状況だったから、記事を読むたびに「その通りだ」と思いながらも、心が痛かった。もうすぐ退職するが、辞めざるを得ない人の状況や気持ちも取り上げて、今後は働く素晴らしさを伝える内容にしていってほしい。(35歳・既婚)
アイ、ヨウコ、クミコの気付き

6/6付 第2回テーマ…「29歳・39歳・49歳。それぞれの婚活」の巻 結婚したい、出産したい、パートナーがほしい!
そんな3人はどうすればいい?

アラフォー読者 差し迫ってます 座談会 | ”焦っている”のはカッコ悪い? |
ニューフェイス登場 | どうでした?3月までの「働く女の会議室」特集 |
TOPページ |


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ