横浜ラグビー!奇跡の試合を応援!


「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」が9/20(金)開幕。 ここ横浜では、決勝戦を含む7試合が行われます。 横浜は日本ラグビー発祥の地。このタイミング、この瞬間に横浜でラグビーを応援できることは奇跡かも!

ラグビー好きもそうでない人も 奇跡の試合を応援!

「4年に一度じゃない 一生に一度だ。」と書かれたラグビーのポスターを目にしたことはありませんか? なぜ一生に一度なのか…それは、今世紀中に再び日本で開催される可能性が低いから。 それなら今、一緒に楽しむ準備をはじめませんか?

「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」

ラグビーワールドカップって?

ラグビーワールドカップは、サッカーワールドカップなどと並ぶ世界3大スポーツイベントの1つ。この秋、横浜で決勝戦、準決勝戦など合計7試合が開催されます。観戦のために日本に訪れる外国人がいるほど、世界中が注目するイベントです。

開催期間:9/20(金)~ 11/2(土)

ラグビーワールドカップ2019日本大会公式マスコット「レンジー」

横浜での試合をチェック

会場:「横浜国際総合競技場(日産スタジアム)」

  • 9/21(土) ニュージーランド 対 南アフリカ
  • 9/22(日) アイルランド 対 スコットランド
  • 10/12(土) イングランド 対 フランス
  • 10/13(日) 日本 対 スコットランド
  • 10/26(土) 17:00 準決勝
  • 10/27(日) 18:00 準決勝
  • 11/2(土) 18:00 決勝

LOVE RUGBY ラグビーに夢中の理由

ラグビーの魅力は「ノーサイド」 働く女性なら多様性にも注目!

ダイバーシティや多様性――職場で実感している人もいるのでは。ラグビーは、日本代表とはいえ外国出身選手もメンバーに含まれ、身長160㎝台~200㎝以上、体重70kg台~120kg以上と、体形が違えば、出身地も国も文化も異なる選手が一丸となって戦います。 "One for All, All for One"(一人は皆のために、皆は一人のために)をモットーに、チームのために犠牲をいとわぬ献身的なプレーが繰り広げられます。「タックルの痛みよりも、チームが負ける方が痛い」と、身をていして相手を止める衝撃音が観客席まで届くほど。 そんな激しい試合を闘った相手でも、試合が終われば「ノーサイド(※)」。敵味方関係なく仲間になるのは、ラグビーの大きな魅力です。※ラグビーでは試合終了を「ノーサイド」と言います

稲澤裕子さん

日本ラグビーフットボール協会の理事は女性もいます!

稲澤裕子さん 昭和女子大学特命教授。(公財)日本ラグビーフットボール協会初の女性理事。Yomiuri Onlineで「稲沢裕子の読むラグビー&ときどき映画案内」を連載中 日本ラグビーフットボール協会

ラグビーファン歴2年 編集部 Yagiが最初に覚えた 4つのルール

1.15対15の陣取り合戦 試合時間は前半40分、後半40分。ラグビーは、15対15で楕円のボールを奪い合いながら、パス、キック、ランなどでボールを繋ぎ、相手ゴールを目指す「陣取り合戦」です。

2.得点方法はトライとキック トライとキックがあり、相手ゴールにボールを運ぶトライは5点、トライ後に与えられるキックは2点。また、相手の反則により与えられるペナルティキックに成功すると3点入ります。

3.ポジションはFWとBK ラグビーのポジションは大きく分けて2つ。「FW(フォワード)」はスクラムで相手を押したりボールを奪ったり力仕事が多く、「BK(バックス)」はパスを回したり走ったり攻撃が仕事です。

4.パスは後ろか真横だけ 前にボールを落とすと「ノックオン」という反則になります。よく聞く言葉なのでぜひ覚えて! また、パスは後ろか真横にしかできないことも試合を見るポイントです。

PLAYER 注目選手からメッセージ

タックルされても倒れない 若者パワーでチームを支える Kazuki HIMENO 【姫野和樹:24歳/187cm・108㎏/FW】

Message 会場で気軽にビールなどを飲みながら、試合観戦を楽しんでみてください。個性豊かな選手が大勢います。かっこいい選手だったり、かわいい選手だったり、自分の"推しメン"を見つけて観戦に来てもらえると面白く、さらに楽しめます。ぜひ試合に足を運んで下さい!

ボール持ったら目が離せない 超俊足のポイントゲッター Kenki FUKUOKA 【福岡堅樹:26歳/175cm・83㎏/BK】

Message ラグビーと聞いてルールがわからないから、と敬遠していませんか? 食わず嫌いではもったいない。「観ればよかった」と後悔しても、次に日本でみられるのは生きている間にはないかもしれない…。わからなくても楽しめる、大迫力の試合がここに。ぜひ応援をお願いします!

女性人気NO1の秘密は 時々見せる最高の笑顔 Keita INAGAKI 【稲垣啓太:29歳/186cm・116㎏/FW】

Message 必死に戦う僕たちを見て、仕事でのストレスを発散してください。ルールはあまり気にせず、タックルの音、ぶつかる瞬間の迫力をナマで体感していただければ、きっと日頃の疲れもストレスも吹き飛ぶでしょう。さらにそんな中で自分の名前を覚えてくれたらうれしいです。

TRY 試合会場以外でもイベントが楽しい!

試合チケットがなくても楽しめる! 入場無料の“ファンゾーン”で観戦

臨港パークに期間限定で設けられる「ファンゾーン」。大型スクリーンによる試合観戦、歌や踊りのステージ、ラグビー体験ブースがあり、飲食ブースではビールを飲みながら国内外のラグビーファンとの交流も楽しめます。

※画像はイメージ

※前回大会の様子

【開催日時】※各日12:00 ~ 22:00。変更になる場合も  9/ 20(金)~ 22(日)、28(土)・29(日) 10/ 5(土)・6(日)、12(土)・13(日)、19(土)・20(日)、26(土)・27(日) 11/ 1(金)・2(土) 【会場】臨港パーク  【アクセス】みなとみらい線「みなとみらい」駅から徒歩5分  【料金】入場無料 ※飲食物の持ち込み不可(入場時に手荷物検査あり)。混雑状況により入場制限の場合も

ビールの工場見学でラグビーを学ぶ!?

キリンビール横浜工場では、特別ツアーを開催。「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」のワールドワイドパートナーである「ハイネケン」のこだわりや、ラグビールール勉強会などラグビーファン必見の企画。

【場所】キリンビール 横浜工場 【日時】8/11(日・祝)、9/11(水)、10/11(金)各回16:30~18:00 【定員】各回30人(先着順)※20歳以上 【料金】無料 【応募】各実施日の前月20日10:00からWebサイトで申し込み開始 「キリンビール横浜工場 ラグビーのルールも学べる」で検索!

横浜と神奈川のフレッシュなラグビー情報ならココ!

横浜市が運営するWebサイト「横浜ラグビー情報」。横浜市内・神奈川県内の大小さまざまなラグビー情報を紹介中。 横浜ラグビー情報

PRESENT 抽選で5人にプレゼント 「リポビタンD ラグビー桜ボトル 20本」

働く女性の応援ドリンクでもあるリポビタンD。日本代表応援ボトル20本(10本入り×2箱)とオリジナルタンブラーをプレゼント。応募は二次元コードから。 応募締切 8/12(月・振休)

応募は締め切りました


オフィスで働く女性のための情報紙
「シティリビング」を無料であなたのオフィスに届けます!

いつもの毎日をもっと楽しく! 毎週オフィスに届く「シティリビング」は、最新グルメ、おでかけスポットをはじめ、仕事でも輝く“女子力アップのモト”が盛りだくさん!
新商品が試せるプレゼントやクーポン、シティリビング限定のイベント情報など、元気に働く女子に役立つ情報も。旬な情報をあなたのオフィスにお届けします。

申し込みはこちらから


─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 1月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ