妊娠にも適齢期がある!? 自分のカラダをもっと知ろう


PR/AMH普及協会

平均寿命が延びたり、女性の社会進出による晩婚化に伴い、出産の年齢が遅くなっている現代ですが、妊娠・出産の適齢期は昔と変わっていないことを知っていますか?「妊活セミナー」で、卵子や精子、自分やパートナーの体の仕組みについて、正しい知識を身につけてみませんか。

男女の体の仕組みを知ることが妊活の第一歩

不妊は、原因がわかっている男女の病気だけではなく、「加齢」や「個人差」もあります。いざ子どもがほしいと思ったとき後悔しないために、自分の体のことは若いときから知っておくことが大切です。

卵子は加齢により老化し減少

「卵子は新しく作られる」「卵子は月経が始まってから初めてでき、排卵によって毎月1つずつなくなる」と思っている人が多いようですが、お母さんのお腹にいる胎児のときにすでに一生分がつくられています。
原子卵胞は、毎日約30~40個ずつなくなり、35歳くらいになると、出生時の約100~200万個のうちの1~2%、およそ2万~3万個しか残っていません。

出展:Baker TG. Proc R Soc Lond B Biol Sci. 1963;158:417-433.より改変

妊娠率の減少はいつから?

赤ちゃんを自然に授かることは、子どもを望む夫婦なら願うこと。
普通の夫婦生活を送り避妊しないで1年以上、35歳以上であれば半年以上妊娠できない場合は、「不妊」の可能性を。妊娠率は30代前半から徐々に低下しはじめ、35歳以降急激に低下します。有名人が高齢出産をしているので、「自分もがんばれば出産できる」と思う人もいますが、現実はそうではありません。
妊娠適齢期は、実年齢がすべてではありませんが、本来は20歳代が妊娠適齢期といわれています。

「妊活セミナー」で正しい知識を

将来赤ちゃんがほしい、これから妊活を始める、現在妊活中、不妊治療を考えている人は、「妊活セミナー」で専門的な知識を。夫婦や男性のみの参加もOKです。

「誰でも自然に妊娠できるの? パートナーや自身のからだの仕組みを知ろう」

日時:

4月20日(土)13:00~15:10(受け付け12:30~)
13:00~14:30【卵子の話中心】
14:40~15:10【精子の話中心】
※14:40~のみの参加可(受け付け14:30~)

会場:

T’s渋谷フラッグカンファレンスセンター Room8H
(東京都渋谷区宇田川町33-6、Shibuya Flag8階

定員:

53人(男女問わず)

対象:

これから妊活を始める、妊活中、不妊治療を考えている人

参加費:

500円

※筆記用具を持参ください

申込はこちら

「誰でも自然に妊娠できるの? パートナーや自身のからだの仕組みを知ろう」

日時

4月20日(土)
13:00~15:10(受け付け12:30~)
13:00~14:30【卵子の話中心】
14:40~15:10【精子の話中心】
※14:40~のみの参加可(受け付け14:30~)

会場

T’s渋谷フラッグカンファレンスセンター Room8H
(東京都渋谷区宇田川町33-6、Shibuya Flag8階)

定員

53人(男女問わず)

対象

これから妊活を始める、妊活中、不妊治療を考えている人

参加費

500円

※筆記用具を持参ください

申込はこちら

講師:浅田レディース品川クリニック
院長 浅田義正先生

講師プロフィル

・体外受精による通算妊娠数  1万5171人
  ※2019年2月現在3施設計 胎嚢確認数

・メディア情報出演実績例
2009年 3月 中京テレビ/ニュースリアルタイム「生命誕生の現場 不妊治療の安全管理は?」
2010年 9月 メ~テレ/どですか「野田議員49歳 妊娠公表を巡って…」
2011年10月~12月 ZIP-FM/SMILE DELI
2012年 2月 NHK/クローズアップ現代 「卵子の老化」
2012年 9月 フジテレビ/とくダネ! 「妊娠は何歳まで?卵子の数がわかる」
2012年 11月 フジテレビ/とくダネ! 「命の選択~増える早発閉経の現実~」
2013年 2月 NHK/おはよう日本「“卵子の数”検査 若い女性に」
2013年 6月 CBCテレビ/イッポウ「増える晩婚 高齢出産 不妊治療の現状は」
2014年 6月 CBCテレビ/ゴゴスマ「知っていますか?リアルな妊活」
2014年 7月 中京テレビ/キャッチ「家族のカタチ 不妊」
2015年 1月 FM愛知/GLOBAL R-VISION
2017年 9月 FM愛知/SUNDAYTOPINTERVIEW
2018年 4月 東海テレビ/ニュースONE「妊活最前線 卵子を学ぶ」
2019年 2月 TOKYO-MX/ひるキュン!「東京ホンネ調査」

講師プロフィル

・体外受精による通算妊娠数  1万5171人
  ※2019年2月現在3施設計 胎嚢確認数

・メディア情報出演実績例
2009年 3月 中京テレビ/ニュースリアルタイム
「生命誕生の現場 不妊治療の安全管理は?」
2010年 9月 メ~テレ/どですか
「野田議員49歳 妊娠公表を巡って…」
2011年10月~12月 ZIP-FM/SMILE DELI
2012年 2月 NHK/クローズアップ現代
「卵子の老化」
2012年 9月 フジテレビ/とくダネ!
「妊娠は何歳まで?卵子の数がわかる」
2012年 11月 フジテレビ/とくダネ!
「命の選択~増える早発閉経の現実~」
2013年 2月 NHK/おはよう日本
卵子の数”検査 若い女性に」
2013年 6月 CBCテレビ/イッポウ
「増える晩婚 高齢出産 不妊治療の現状は」
2014年 6月 CBCテレビ/ゴゴスマ
「知っていますか?リアルな妊活」
2014年 7月 中京テレビ/キャッチ
「家族のカタチ 不妊」
2015年 1月 FM愛知/GLOBAL R-VISION
2017年 9月 FM愛知/SUNDAYTOPINTERVIEW
2018年 4月 東海テレビ/ニュースONE
「妊活最前線 卵子を学ぶ」
2019年 2月 TOKYO-MX/ひるキュン!
「東京ホンネ調査」

参加した人の感想(抜粋)

不妊治療、妊娠の可能性について誤解していた部分があったので、とても参考になりました。

今までの認識が覆り、すごく勉強になりました。まず身近な人に知ってほしいと思いました。

医学的根拠のあることを教えてくれ、今後の参考になる情報ばかりでした。

日本の未来にとって、男女問わず多くの人が知るべき内容だと思いました。

卵子の仕組みを全くわかっていなかったので、知れて良かったです。

少しでも多くの女性に正しい認識が広がればいいなと思います。

参加した人の感想(抜粋)

不治療、妊娠の可能性について誤解していた部分があったので、とても参考になりました。

今までの認識が覆り、すごく勉強になりました。まず身近な人に知ってほしいと思いました。

医学的根拠のあることを教えてくれ、今後の参考になる情報ばかりでした。

日本の未来にとって、男女問わず多くの人が知るべき内容だと思いました。

卵子の仕組みを全くわかっていなかったので、知れて良かったです。

少しでも多くの女性に正しい認識が広がればいいなと思います。

AMH普及協会ホームページより申し込みしてください。

申し込みはこちらから


応募締め切り4月19日(金)18:00
※先着順

主催/AMH普及協会

<問い合わせ> AMH普及協会 TEL:052-562-0180(平日9:00~17:00)
http://www.amh.or.jp/

主催/AMH普及協会

<問い合わせ>
AMH普及協会
TEL:052-562-0180(平日9:00~17:00)
http://www.amh.or.jp/


表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ