100歳までお金に困らない人はどっち?


100歳までお金に困らない人はどっち?

あのとき、AではなくBの道を選んでいたら、もっと幸せだったかも…。誰でも一度は考えたことはないでしょうか。そして、お金に関しては“あのときこうしていれば!”は絶対に避けたいですよね。今後の人生を左右する分かれ道に立ったとき、お金に困らない人になるために、選択すべき道を探りましょう。

100歳までお金に困らない人はどっち?

教えてくれた人

井戸美枝さん

井戸美枝さん

ファイナンシャルプランナー。社会保険労務士。厚生省社会保障審議会企業年金部会委員。キャリアプランを含むお金との付き合い方のアドバイスが得意。近著「届け出だけでもらえるお金」(プレジデント社)

山崎俊輔さん

山崎俊輔さん

ファイナンシャルプランナー。AFP、消費生活アドバイザー。フィナンシャル・ウィズダム代表。年金と投資教育が得意。近著「共働き夫婦 お金の教科書」(プレジデント社)

今から何ができる? いつからが分かれ道?
お金に困らない生き方はどっち?

シティ読者を対象としたアンケート調査によると、今、不安に思っていることの1位は「お金」、2位は「老後」。人生100年時代といわれる今、60歳で定年退職をした後、40年という時間が与えられていることになります。そんな時代にお金に困る人と困らない人、その分かれ道を左右するものは何でしょう? そこで今回は、私たちが迷いがちな4つのケース「年金受給の繰り下げ」「貯金or投資」「クレジットカードor現金」「税制優遇制度の利用有無」を考察。どちらを選んだ方が、よりお金に困らない人生を送れるのか、専門家に聞きました。「老後の一番の不安要素は、何年生きるか分からないことです。大切なのは自分に合った方法でお金を準備すること」(山崎さん)。後々、後悔しないために、お金について考えてみませんか。

Q.年金は65歳でもらう?
70歳まで繰り下げる?

正社員で働いていて、このまま定年まで働く予定。現在は実家に住んでいるので、家賃がいらない分を毎月定期預金にしています。65歳になったとき、当面の生活費には困らなさそうなので、年金は70歳まで繰り下げたほうがいい? それとも65歳でもらった方がいいの?(34歳・サービス)

女性にうれしい学び場の一例

繰り下げた人の未来

女性にうれしい学び場の一例70歳まで繰り下げると
支給額が42%割り増しに

現在、年金を受け取れるのは65歳からですが、65歳で年金を受け取らず、70歳まで繰り下げる制度があります。受給を1カ月繰り下げると、支給額が0.7%増額されます。1年繰り下げると8.4%。70歳まで繰り下げると42%増えることになり、増えた額は一生、続きます。12年以上年金を受け取ると、繰り下げた分お得です。あわせて国の方針として、70歳まで働ける体制を整えようとしています。定年後にも働ける場所があり、健康状態も良好ならば、70歳まで繰り下げた方がお得です。また、正社員で働き続けるならば、70歳までは企業年金のみを受け取り、70歳になったら公的年金を受け取るようにする、という選択肢もあります。(井戸さん)

65歳でもらった人の未来

女性にうれしい学び場の一例年金は終身で受け取れるので
65歳でもらっても損ではない

毎月給料から支払い続けたのだから、受給年齢になったらすぐにもらいたい! 自分があと何年生きるか分からないから、早めにもらっておきたい!と考えるのは普通です。実際、65歳で受給を開始する人が大多数。女性の4人に1人は95歳まで生きる時代。65歳からもらっても、損はありませんが、なるべく繰り下げて年金額を増やしておいたほうが良さそうです。(井戸さん)

Q.老後に備えて貯金する?
投資する?

毎月給料からコツコツ積み立て貯金をしているけれど、金利は微々たるもの。年金はもらえるとしても、友達との旅行や趣味にお金をかけるだけの余裕があるのか不安。いっそのこと、リスクはあっても株を勉強して、投資を今のうちに始めたほうがいいのでは?(32歳・製造)

女性にうれしい学び場の一例

貯金を選んだ人の未来

女性にうれしい学び場の一例つもり貯金とちょこっと投資
預貯金を減らさないことで安定

老後の生活費という長期的で明確な目標があるならば、コツコツ貯金が一番堅実です。銀行の金利が低くても、ためるという目的であれば間違いではありません。毎月の給料の中から“○○に使ったつもり”で一定金額を貯金しましょう。ただし、毎月だと厳しいので、ボーナス時にまとめて貯金にまわそうとする考えは危険。あてにしていたボーナスが出なかったとき、対応策がありません。「つみたてNISA」のような、100円から始められ、リスクも少ない投資をプラスオンすると、さらに有効ですね。(山崎さん)

投資を選んだ人の未来

女性にうれしい学び場の一例株の売買だけで稼ごうとか
FXで増やそうと考えるのはNG

投資に期待される利回りは、中長期的には預貯金を確実に上回ります。しかし、高いリスクを取り過ぎると、いきなり資産がゼロになる恐れもあります。株の売買だけで増やそうとか、FXでドルでもうけようとは考えないこと。投資も「積み立て」でコツコツ入金して、分散投資すれば長い目でみて、年3~4%くらいを目指せますよ。(山崎さん)

Q.買い物はクレジットカード派?
現金派?

仕事帰りに立ち寄った駅ビル。ふと目にした雑貨が気に入り買うことに。2000円ちょっとの会計だけど、クレジットカードか現金払いかで悩みます。お得なのはポイントがたまるクレジットカードだと思うけれど、使いすぎてしまう心配も。後々、お金の管理がしやすくお得なのはどっち?(30歳・商社)

女性にうれしい学び場の一例

クレジットカードを利用する人の未来

女性にうれしい学び場の一例自動計算してくれる家計簿
ついでにポイントもたまってお得

クレジットカードは使いすぎてしまうことを心配する人が多いですが、月の途中で利用明細を確認する習慣をつければいいだけのこと。また、クレジットカードは利用履歴がすべて記録されるので、自動的に家計簿をつけているともいえます。データをさかのぼれば、自分の買い物のクセも知ることができます。中には利用金額の1%以上ポイントがつくものや、電子マネーにチャージすると通常の2倍のポイントがつくものも。現金支払いはやはり割高と考えられます。(山崎さん)

現金を利用する人の未来

女性にうれしい学び場の一例財布の残金を確認する日々
お金にケチケチする感情も

現金払いのほうがお金の管理がしやすそうに思われますが、それは財布の残金を確認しているだけにすぎません。毎日、財布から減っていく残金を見ていると、お金を使うことに対して罪悪感を持ち、友達と一緒に買い物に行っても、「こんなに使ってしまった…」という気持ちに。お金を使いたくないという思いから、友達付き合いまで疎遠になり、ケチケチとした生活を送ることになりかねません。計画的にお金を使うようにすれば、気持ちに余裕をもった買い物ができますよ。(山崎さん)

Q.「iDeCo」や「つみたてNISA」を
利用する? 利用しない?

よく耳にする「iDeCo」や「つみたてNISA」。積み立てもしながら、税金も軽減されるなんて、いいことだらけのよう。利用したほうがいい? 実際のところ、どれくらいお得になるの? (35歳・メーカー)

女性にうれしい学び場の一例

利用した人の未来

女性にうれしい学び場の一例節税対策を使わない手はない
60歳で104万円以上お得に

老後のためにお金をため、節税もできる「iDeCo」や「つみたてNISA」は、「自分の老後のお金はコツコツためましょう。コツコツためる人は税金を安くします」という国からのメッセージ。国が推奨しているのですから、利用しないと損。リスクはあっても、所得税、住民税が安くなることで手取りも増えます。例えば、35歳(年収400万円、扶養家族なし)でiDeCoを始めた場合、月に2万3000円支払うと年間の節税額は4万1700円。60歳まで25年間続けるので、104万2500円節税できることになります。(井戸さん)

利用しない人の未来

女性にうれしい学び場の一例厚生年金だけをあてにして
貯金は増えないまま老後に?

貯金がそれほどない状態で、定年後に家賃を払い続ける場合、年金だけではカツカツの生活になってしまう可能性が。毎月の出費を抑えるにも限度があります。好きなときに始められて、必要に応じて引き出すこともできる「つみたてNISA」なら、月に3万円の積み立てを20年間続けたとすると、720万円積み立てることに。利回り4%で運用すると、約1100万円になり、その差は約380万円。税金が軽減される対象は年間なので、年の途中からではなく、1月からスタートさせるのがベストです。(井戸さん)

あなたはどっち派?
シティ読者のお金に関する言い分

その都度、ATMで現金を引き出すのが面倒。クレジットカードの方が簡単に支払いできる。(26歳・独身)

以前カードを使いすぎて1カ月の給料が全部カードの支払いにまわったことがある。それ以降、怖いので現金派に。(42歳・既婚)

持ち家なら資産になる。固定資産税など払うものはあるが、賃貸の更新料より安いと思う。(26歳・独身)

投資運用の知識が無く、損失が大きくなってしまうことが怖いので、コツコツ貯金しています。(39歳・既婚)

今、必要ではないお金ならば、寝かせておくのはもったいないと思うので投資をしている。(41歳・既婚)

「つみたてNISA」を始めています。少額で20代から始められるのが魅力です。あまり利益重視ではない分、リスクも低く安心です。(26歳・独身)

企業型確定拠出年金を活用しています。会社として導入しているのでやむを得ずという感じ。全く内容を把握してないので利用は出来ていません。(39歳・既婚)


オフィスで働く女性のための情報紙
「シティリビング」を無料であなたのオフィスに届けます!

いつもの毎日をもっと楽しく! 毎週オフィスに届く「シティリビング」は、最新グルメ、おでかけスポットをはじめ、仕事でも輝く“女子力アップのモト”が盛りだくさん!
新商品が試せるプレゼントやクーポン、シティリビング限定のイベント情報など、元気に働く女子に役立つ情報も。旬な情報をあなたのオフィスにお届けします。

申し込みはこちらから


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月12日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ