【エントリー開始!】My First Takarazuka第2弾Ver.2☆宝塚歌劇花組ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』


MFT『ポーの一族』

(C)宝塚歌劇団 / Photographer Chagoon(www.chagoon.com)

My First Takarazuka 宝塚歌劇花組ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』

「宝塚歌劇をまだ一度も劇場で観たことがない」という人のために楽しんでいただく特別企画『My First Takarazuka (MFT)』。 サンケイリビング新聞社では、宝塚歌劇104周年となる2018年は、東京宝塚劇場で上演する全作品で『My First Takarazuka』企画を実施します。

その第2弾Ver.1に引き続き、ご観劇演目はミュージカル・ゴシック『ポーの一族』。少女まんがの枠を超えて幅広い読者を獲得してきた萩尾望都さんの「ポーの一族」を原作としたミュージカル。宝塚歌劇をまだ観たことがなくても、原作を知っているという人にはタカラヅカデビューにピッタリの作品ではないでしょうか。

そして、第2弾Ver.2は観劇前のトークイベント付きプラン。元タカラジェンヌの牧勢海さんがナビゲーターとして、元花組の月央和沙さんをゲストとしてお迎えします。お茶とデザートを食べながら、今回の公演のお話はもちろん、宝塚歌劇のあれこれトークを聴けるセットプラン。Ver.1をご当選された方はVer.2抽選の対象外となります

この機会にぜひタカラヅカ観劇デビューを♪

開催概要

宝塚歌劇花組ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』

出演:明日海りお、仙名彩世 他

日時 2018年3月15日(木)18:30開演
会場 東京宝塚劇場(日比谷)

元タカラジェンヌ・牧勢海さんと月央和沙さんのトークイベント

日時 3月15日(木)
(1)トークイベント 16:00~17:30 ※お茶&スイーツ付き
(2)観劇 18:30開演
会場 (1)トークイベント:銀座界隈のカフェ(貸切)※参加者の方にのみご案内
(2)観劇:東京宝塚劇場 ※カフェから劇場へは各自でご移動いただきます
料金 14,800円
※料金に含まれるもの
・イベント代金(お茶・軽食代)
・S席チケット料金(8,800円)※お席は2階席となる場合があります
・公演プログラム1冊(定価1,000円・イベント会場にてお渡し)
・案内状送料・手数料・消費税込
※本イベントでは未就学児入場不可
イベント内容 ・元タカラジェンヌによる初心者向け宝塚歌劇解説
・『ポーの一族』見どころ など
出演者 ナビゲーター:元・タカラジェンヌ(雪組)牧勢海さん
   ゲスト:元・タカラジェンヌ(花組)月央和沙さん
参加案内 ご入金完了後、3月上旬頃、<ご案内状>を郵送

販売詳細(抽選)

エントリー期間 1月29日(月)18:00 ~ 2月9日(金)18:00
募集人数 60名
※お1人様2枚まで
※宝塚歌劇を初めて観る方、もしくは同伴者が初めてという方対象
抽選結果 2月14日(水)
お支払い方法 銀行振り込み
チケットのお渡し イベント会場にて抽選でお渡し
※引換えには購入者の【顔写真付身分証(運転免許証・パスポート等)】が必要となります
※ご当選の権利を購入者以外の方に転売・譲渡不可(ご家族への譲渡も不可)
※購入後のキャンセル・変更はご対応できません

エントリーはこちらから

牧勢海

写真:吉原朱美

<ナビゲーター>

PROFILE 牧勢海(まきせ かい)

2月24日生まれ 168cm
1997年第83期生として宝塚歌劇団に入団 男役として雪組配属
2003年 宝塚歌劇団退団
翌年からニューヨークへダンス留学 帰国後 2006年より舞台に復帰

【主な舞台作品】
『DANCING CRAZY』『愛と青春の宝塚』『Side Show』『Victor victoria』『ブロードウェイライブ2010』『DANCING CRAZY2』宝塚OGバージョン『CHICAGO』『麗人コンサート』『越路吹雪に捧ぐ』など
ミュージカル『魔女の宅急便』では振り付け助手として参加

【資格】
体幹KOBA式メゾットライセンス 
IHTAヨガインストラクター 
RYT200全米ヨガライセンス

■牧勢海オフィシャルブログ https://ameblo.jp/makisekai/

月央和沙
<トークイベント ゲスト>

PROFILE 月央和沙(つきお かずさ)

5月21日生まれ 171cm
2002年、第88期生として宝塚歌劇団に入団 男役として花組配属
2014年 宝塚歌劇団退団

【主な舞台作品】
『SUPER GIFT!』『宝生流企画公演「時の花」~冬~』『CHICAGO THE MUSICAL 宝塚歌劇OGバージョン』『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』など

■月央和沙instagram kazusa_tsukio

公演詳細

◆ミュージカル・ゴシック 『ポーの一族』
原作/萩尾 望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス)
脚本・演出/小池 修一郎

1972年に「別冊少女コミック」に第1作目を発表以来、少女まんがの枠を超えて幅広い読者を獲得してきた、漫画史上の傑作・萩尾望都の「ポーの一族」が宝塚歌劇に登場する。
永遠に年を取らず生き永らえていくバンパネラ“ポーの一族”。その一族に加わったエドガーが、アランやメリーベルを仲間に加え、哀しみをたたえつつ時空を超えて旅を続けるゴシック・ロマン。同作品をミュージカル化したいと夢見て宝塚歌劇団に入団した小池修一郎が、1985年に「いつか劇化させて欲しい」と申し出て以来30年余り、萩尾望都があらゆる上演希望を断り続けた幻の舞台が遂に実現する。

エントリーはこちらから


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ