ストップオーバーが新定番! サイパン韓国2都市旅


 秋が深まるにつれて太陽や海が名残惜しくなる…。そんな人は、想像するだけでハッピーな気分になれちゃう、海外リゾートへの旅を計画しませんか? オススメは3連休とその前後のお休みを利用して出かける、北マリアナ諸島「サイパン」への極上の癒やし旅。イマドキ旅のキーワードは「ストップオーバーで #サイパン韓国2都市旅 」です!

●どこを切り取っても美しい海が待っている!

サイパン島から高速船で最速5分ほどで到着できる国立公園マニャガハ島。海の透明度を存分に堪能できるマリンスポーツはもちろん、「ちょっと一休み」という島名の通り、ビーチでくつろいだり、島を散歩するだけで癒やされそう

 

“ストップオーバー”で2つの都市&文化を楽しもう

 真っ白な砂浜からマリアナブルーへグラデーションを描いて広がる海の透明度の高さ、海中で揺らめく光のカーテン、燃えるようなサンセット。地上の楽園・サイパンで待っているのは、どこを切り取っても美しい海! ここに来たら誰もが幸福感を感じられることでしょう。

 そんな海をはじめ、大地が生んだたくさんの宝物が待つ北マリアナ諸島。14の島々で構成される、日本から気軽に行けるアメリカ合衆国の自治領です。そのうち観光の中心となるのはサイパン、テニアン、ロタの3島。中でも首都のあるサイパン島は、新しいマリンアクティビティーやおしゃれなカフェが続々と登場しているフォトジェニックなスポット。リゾート気分を味わえるグルメやリラクセーション、心を癒やす島の人々の笑顔も、ここにはたっぷりあります。

 仙台からサイパンを旅するなら、韓国での“ストップオーバー”でぜひ。乗り継ぎ地にも24時間以上滞在して欲張りに楽しむ、新しい旅のカタチです。拡張されたばかりで見どころも多い仁川国際空港を使い、サイパンと韓国という“ビーチリゾート”と“シティ”の2つの都市、2つの文化を体感する旅の充実度は想像以上!

 紹介している特別ツアーをはじめ、手頃なパッケージツアーも多数あり。目の前に広がる豊かな自然を眺めながら、ちょっと一休みしませんか。

《北マリアナ諸島基本情報》気候:海洋性亜熱帯気候で、1年中海に入ることが可能。年間平均気温は27℃。雨季は7月~11月。 日本との時差:+1時間。 入国ビザ:アメリカ合衆国の自治領だが、グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラムにより、日本国籍の人はビザとESTAなしで45日間の滞在が可能。入国審査料($7)は航空券発券の際に徴収される。 言語:公用語は英語、チャモロ語、カロリン語。ホテルやレストランなどには日本語のわかるスタッフも多数

 

 

マリアナ政府観光局HPはこちら

  韓国観光公社HPはこちら  

 

●オススメはソウルに1泊 おしゃれに敏感なソウル女子のトレンドを体感

 

 グルメ、美容、エンターテインメントと、いまやトレンドの発信地となっている韓国。時間が許すならストップオーバーでソウルに滞在し、ビーチののんびりムードとは異なる空気感も楽しみたいところ。
 たとえば、韓服(ハンボク)を着て巡る古宮散策。繊細なデザインとカラーバリエーションが豊富な韓服を着ての散歩は、SNS映えすると若者に大人気。韓服を着て景福宮や昌徳宮などの王宮へ行くと、入場料が無料になるというメリットも。
 伝統家屋の韓屋を生かしたハイセンスな韓屋カフェや、ファッションブランドが手掛けるキュートなカフェも、ぜひ訪れたいスポット。落ち着いた雰囲気でいただく伝統茶や、フォトジェニックなスイーツ、ショッピング、グルメとソウルの最新トレンドを味わっているうちに、時間が足りない、もっと長く滞在したい! なんて欲が出てきてしまうかも。

〈1〉景福宮などの観光スポットに近い場所にもレンタル店が多数。ヘアセットや小物は無料でお任せできるところも多いようです。〈2〉野菜を使ったパックやオーガニックコスメなどはお土産にも◎〈3〉食欲を刺激する色鮮やかなグルメも楽しみの一つ。日本でも人気のタッカンマリ、カンジャンケジャン、クッパなども本場の味を堪能。〈4〉人気ファッションブランド「スタイルナンダ」が手がける「ピンクプールカフェ」には、店内奥にミニプールが!(各写真提供:韓国観光公社)

 

空港を拠点に韓国ミニトリップやショッピングも! 拡張した仁川国際空港ならトランジットも有意義

 サイパンへのトランジットに利用したい仁川国際空港には、うれしいサービスがたくさん。中でも注目は、拡張されたばかりの第2旅客ターミナル。トランスファーラウンジの充実ぶりに驚き! 簡易ベッドが並ぶ休息スペースはもちろん、デジタルジム、無料のシャワールームが併設され、しっかりリフレッシュできそう。また、VR技術を生かした体験施設が新たに設けられ、乗り継ぎ時間を有意義に過ごせそうです。

 時間的にゆとりがないという人は、無料のトランジットツアー(ガイド付き・先着順)をチェック。「伝統」「ショッピング」「エンターテインメント」といったテーマごとに仁川やソウル周辺の見学ができるので、プチ韓国旅行気分を味わえますよ。

〈5〉フロアに映る部分を含めて横から見ると、実はハート型! こんなアートなオブジェもあちこちに。〈6〉広い施設内にはロボットカフェや、手荷物の目線で空港探検が味わえるVR技術を生かしたユニークなスポットもあり。飽きることなく過ごせそう。〈7〉簡易ベッドのある休息スペースは少しでも眠りたい時にうれしい。(c)仁川国際空港公社

 

アシアナ航空での空の旅は快適さも抜群!

 仁川経由でサイパンに向かう空の旅のパートナーは、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台・宮崎・沖縄と日本の主要な都市どこからでも出発が可能な「アシアナ航空」をチョイス。実はアシアナ航空は、空港から機内サービスまで800以上のカテゴリーで5つ星レベルのサービスを受けられる航空会社にのみ認定されるワールド・エアライン・スター・レーティング(SKYTRAX社)で最高評価の“5スター”に12年連続で認定されています(2018年7月現在)。これは韓国系航空会社の中では唯一なのだそう。

 その機内空間は、エコノミークラスでも足元にゆとりがあり、広々としています。フライト時間がそれほど長くはないとはいえ、機内でくつろげるかどうかは旅の充実度にも関わる大事な要素。妥協せずに選びたいですね。

 

〈写真上〉110年以上“5スター”に認定されているアシアナ航空。機内での時間が快適に過ごせそう。〈下〉仁川ーサイパン間を行き来しているA321機。ゆったりとした機内空間が魅力です(各写真提供:アシアナ航空)

 

〈1〉ジェットベイター

サイパン島でも指折りの美しい「マイクロビーチ」で、ここでしか体験できない「空飛ぶバイク」に挑戦。安定感のある専用マシンは初めての人でもコツを覚えれば大丈夫。今までに味わったことのない、新感覚の空中散歩を楽しんで!(1時間$100)【Let's Go Saipan HP】

〈2〉四輪バギーツアー

 地元農園や穴場のビーチ、絶景ポイントなどを四駆バギーでワイルドに走り抜けるツアー。走行前にバギーの講習を受けたら、専属ガイドと一緒に出発。サイパンの自然をより身近に感じながらオフロードを Let'sドライブ! 【Let's Go Saipan HP】Mariana Trekking


 さまざまな青色を見せてくれるサイパンの海。普段はインドア派なあなたも、ここではアウトドア派にチェンジ。「ジェットベイター」や「マーメイド体験」など、サイパンに上陸したばかりのアクティビティーは、誰よりも先に楽しまなくちゃ。ビーチはもちろん、島内を丸ごと遊べる複数のアクティビティーがセットになったツアーもあるので、いろいろな組み合わせでチャレンジしてみてね。現地には日本人スタッフが常駐するツアー会社やショップも多く、海外初心者でも心強い!


〈3〉マーメイド体験

美しいビーチで人魚姫に変身。完全プライベートで、プロカメラマンによるマーメイドフォトが気軽に撮影できると人気の「サイパンマーメイド」。日本ではちょっと照れくさいけれど、サイパンでならノリノリ気分でポーズをとっちゃいそう♡ プランは1人コース$120、2人コース$75(1人)など。【Saipan Mermaids HP】

〈4〉パラセーリング

モーターボートに引かれるパラシュートで一気に空へ。スリルと爽快感を味わえる、ビーチアクティビティーの大定番です。上空からの人気の無人島・マニャガハ島や、サイパンを代表するマイクロビーチの眺めはまた格別。サイパンに来たらこれを体験しなくちゃもったいない!【Pacific Development,INC. Webサイト】 【Tasi Tours HP】

〈5〉スタンドアップパドルボード

どこまでも続く青のグラデーションをボードの上から楽しむ「SUP(スタンドアップパドルボード)」。パドルを手に水上散歩すれば、インナーマッスルも鍛えられちゃう。「ハイアットリージェンシーサイパン」に日本人スタッフ常駐のシーウィンド・マリンスポーツクラブがあるので、気軽にチャレンジしてみて。【Seawind Marine Sports HP】

〈6〉スターゲイジング

人工の明かりが少ないサイパンの夜は、まるで天然のプラネタリウム。その星空を余すことなく楽しむなら、ガイドと行く観測ツアーへ。ダイビングで有名なスポット・グロットの展望台や街灯のないビーチへと案内してくれます。波の音を聞きながら星空を眺めるひとときに、思わずうっとり。【Saipan Star Gazing HP】 【JUNGLE JIM’S Island Adventures HP】

〈7〉シータッチ

海の生き物たちと触れ合い、一緒に泳ぐ夢をかなえられるアクティビティーが「シータッチ」。人懐こいエイや、個性豊かな小型のサメなどが出迎えてくれます。場所は「フィエスタリゾート&スパ」のビーチ前に浮かぶ特設プール。宿泊していないくても誰でも参加OKです。【Let's Go Saipan HP】

 

ニ・ララスパ

マリアナの美しい自然や海をイメージしたリラクセーションが人気の「ニ・ララ スパ」。首から足元まで切れ間なく流れるようなオリジナルの技法はまるで〝波〟のよう! マッサージやトリートメントに加え、ホットストーンセラピーやフットケアなども受けられます。【FiestaResort&SPA SAIPAN HP】


 南国リゾートで最も優先したい「癒やし」。スパ&マッサージは日頃の自分への最大のご褒美だから、しっかり計画しておきたいところ。リッチでラグジュアリーなホテルスパや、ガラパンの繁華街には1時間$25ほどでリーズナブルに施術を受けられるお店も多数あるなど、そのランクはさまざま。タイ式、ストーンスパ、足つぼ、アロマトリートメント…と、ココロとカラダをときほぐしてくれるスパをチェック!


〈1〉サンセットディナー

 ビーチ間近のホテルレストランでサンセットを楽しみながらBBQを味わえるのは、「アクアリゾートクラブサイパン」のサンセットビーチバーベキュー。夕暮れ時の海が何色にも変化する幻想的な瞬間を、最高のディナーとともに堪能しましょう。【AQUA RESORT CLUB Saipan HP】

 

 ダイナミックなグリル&バーベキューはもちろんのこと、アメリカやスペイン、日本など、さまざまな国の影響を受けた伝統的なチャモロ料理をはじめとするローカルフードや、エスニック、メキシカンなどなど、多国籍なフードがそろうのもサイパンの魅力。最近はポップなおしゃれカフェ&レストランも増えています。かわいい内装やこだわりのプレートは撮影必至! さあ、今日はどのお店に行ってみる?

〈2〉ソルティーズ グリル&カフェ

 サイパン島最大の市街地・ガラパンのフィッシングベース近くの海沿いにある、チャモロ料理やローカルフード、サイパン地ビールなどが味わえるカジュアルレストラン。ランチではステーキやスパゲティが$10からと手軽に楽しめます。日本風カレーがあるのもうれしい♡ 【SALTY'S GRILL & CAFE HP】

〈3〉エテ カフェ

 新店のオープンが続くガラパンの中で、今年6月にビーチロード沿いに登場。壁一面にフィギュアが並ぶなどユニークな内装を楽しみながら、種類豊富なドリンクやケーキ、デニッシュなどを味わえます。サイパンでは数少ない、チョコレートやクリームたっぷりの魅惑のハニーブレッドにも注目! 【Été Cafe HP】

 

 青い海や青い空を背景に走って、爽やかな汗を流そう! 海外リゾートでのランニングを楽しめちゃう、「サイパンマラソン2019」が来春3月9日(土)に開催決定。毎年多くの日本人が参加しています。フルマラソン、ハーフマラソン、10㎞ランと、走り慣れた人から初心者までレベルに応じて選べるコースラインナップで、アットホームな雰囲気も魅力。完走後には常夏のビーチでパーティーのごほうびも! 早速チェック。

エントリーは2019年2月11日(月・祝)締め切り

サイパンマラソン2019HPはこちら

 

 紙面で紹介しきれない美しいマリアナの姿は、フォトジェニックポイントをまとめたWebサイト「マリアナジェニック~探そう、マリアナのフォトジェニックスポット」や、公式インスタグラムでも見られます。公式Youtubeチャンネルでは絶景ばかりの動画も! こちらもぜひチェックを。

問い合わせ

マリアナ政府観光局 日本事務所  ℡03-6262-0975

韓国観光公社 東京支社      ℡03-5369-1755

TOPへ戻る


表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ