藤澤ノリマサ インタビュー


待望の仙台公演は3月21日(木・祝)「10年分の感謝を堂々たるステージで表現」

 「仙台はシャイな人が多いけれど、終演後には熱い思いが伝わっている感じがします」と話す、ソロ・ヴォーカリストの藤澤ノリマサさん。ポップスとオペラ、その両方の発声を自在に使い分ける「ポップオペラ」という新ジャンルを切り拓く存在です。

 3月21日(木・祝)には、10周年イヤーの締めくくりとなるコンサートツアーで仙台へ。「数え切れない出会いや支えがあって今の自分がいます。その感謝の思いを、堂々たるステージで表現できたら」。

 当日のステージは、ポップス歌唱から始まりサビ部分でオペラ歌唱を取り入れるポップオペラのスタイルと、名曲カバーシリーズ、そしてオリジナル曲という〝3本の矢”で構成。「ずっと応援してくれている人も、初めて来る人も楽しめる、分かりやすいセットリストです。さらに新曲として11年目からの新しい藤澤ノリマサを表明したい。リクエストの多い、ピアノの弾き語りもあります」と盛りだくさんの内容で見逃せません。

 すでに始まっているというリハーサルの様子を聞くと、「豪華なバンドメンバーに恵まれ、やるほどにグルーブが磨かれています。僕ら自身も楽しくて、良いステージに向けて走り出せている」と充実ぶりを伝えてくれました。彼の新しい一面が見られそうな仙台公演に期待が高まります!

「10th anniversary 藤澤ノリマサ CONCERT TOUR 2019 ~威風堂々~」
3月21日(木・祝)午後5時開演(開場は30分前)、日立システムズホール仙台・シアターホールで開催。全席指定7800円、4歳以上有料・4歳未満入場不可。各プレイガイドで発売中。問い合わせはニュース・プロモーション=℡022-266-7555。

◦◦◦ Profile ◦◦◦
札幌生まれ。ポップスとオペラを融合した独自の歌唱法「ポップオペラ」を提唱する、世界で唯一のソロ・ヴォーカリスト。2008年「ダッタン人の踊り」でデビュー。昨年10周年を迎える。武部聡志さんとのYouTube配信「藤澤ノリマサのポップオペラ名曲アルバム」が好評を博し、昨年9月には同名のアルバムをリリース。
http://www.fujisawanorimasa.net/

取材・撮影/シティリビング 菅野杏里


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ