プロに聞く、結婚への道 うまくいかない理由、成功する秘けつ
「いい人に出会えない」「長期戦で婚活疲れ」。悩みはさまざま
 婚活がテーマのドラマが放送されたり、雑誌で特集が組まれたり、世の中は「婚活ブーム」。シティ読者へのアンケートでは、「婚活している」と答えた人は11%、「していないが興味はある」と答えた人は40%でした。
 具体的な婚活は、「合コンに参加」「友達に紹介を頼む」「カップリングパーティーに参加」が大半。もう一歩進むと、結婚相談所への登録という人も。大手結婚相談所・情報サービスの「サンマリエ札幌店」では、今年の6・7月は20代・30代の女性の資料請求や来店が増えているそう。ここにもブームの影響はあるようです。
 そんな中、婚活を頑張っても「いいと思える人に出会えない」(36歳/教育)「出会っても恋愛に発展しない」(29歳/メーカー)「実りのない合コンを繰り返すうちに疲れてきた」(34歳/食品)「恋人はいるが結婚が見えない」(33歳/運輸)と悩みは違えど、思い通りにいっていない人も少なくありません。そこでこのページでは、うまくいかない人が陥りやすいタイプを分析。次のページでは、読者が結婚相談所のアドバイザーに婚活の悩みを相談した様子をリポート。あなたの婚活に役立ててね。
タイプチェックテスト「あなたはどのタイプ?うまくいかない理由を知る!」
 婚活しているのに、なかなか結婚に至らない。そんな人たちが陥りやすい4タイプを分析。チェックテストで自分がどのタイプかを知り、対策を考えましょう。以下20の質問の中であなたが当てはまると思うものにチェックを付けてください。右の表であなたのタイプが分かります。
1 熱烈な恋愛をして結婚したい 11 結婚するなら、相手の身長は180cm 以上であってほしい
2 実家が裕福な人と結婚したい 12 付き合うとすぐ(付き合う前から)彼が自分と結婚する気があるのかどうか気になる
3 デートに誘われたり、告白されても、こんな自分でいいのか不安になる時がある 13 結婚する相手は、出会った瞬間に何かピンとくるものがあるはずだ
4 恋愛というよりは、結婚という形で生涯をともにする相手がほしい 14 一人の相手とずっとうまくやっていく自信がない
5 子供と接する彼を見て、ふと、彼がいい父親になるかどうかを考えることがある 15 結婚相手は、大卒じゃなきゃ嫌だ
6 結婚するなら、年収1000万円以上の人が理想 16 夫がいて自分がいて子供がいる。そんなマイホームを想像することがよくある
7 結婚は一生のことなので、最高と思える人に出会えるまではすべきではない 17 世の中には結婚するように赤い運命の糸で結ばれている人がいるはずだ
8 結婚相手は、一流企業に勤めている人か、公務員が望ましい 18 「こんなことを話したら変に思われないか」と、話題を選ぶ時に考えてしまう
9 彼の親に会った時に、将来この人たちとうまくやっていけるかどうか考えることがある 19 まだ気づいていないが、きっと最高の結婚相手がいるに違いない
10 異性を目の前にすると気が引けてしまうことがある 20 なんとなく「何をやってもうまくいかない」と思うことがある
チェックリスト
■監修/土倉玲子さん/行動科学博士、パートナーズ研究所代表、北海道文教大学講師。パートナーシップ活性化のための書籍の執筆、カウンセリング、プログラムの開発、インターネットを使った夫婦関係相談サイトの運営などを行っている
A:白馬の王子様待ち続けタイプ
自分から告白するより相手からの告白を待つタイプ。「いつか最高の相手が白馬にまたがって迎えに来てくれる」と頭のどこかで信じている。付き合い始めても最高の相手だと思えないと、短期で終わることも。
対策まずはもっと多くの人に会ってみて、さまざまなタイプの男性がいることを知ろう。少しでも気になる人に出会ったら、自分からご飯に誘うなど、行動を起こしてみる努力を。それを続けることで受け身だけではない恋愛の面白さもわかるはず。
B:結婚願望強すぎタイプ
恋愛より結婚をしたいタイプ。恋愛を楽しむプロセスを通り越し、なんでも結婚に結びつけて考える傾向があるので、特に付き合い始めや軽い付き合いを望む相手には重く思われがち。
対策結婚できる相手かどうかを見極めるためには、相手をよく知ることが大切。焦らずに、まずは恋愛のプロセスを楽しむ気持ちを持ちましょう。
C:条件重視超厳選タイプ
このタイプの人にとっては恋愛と結婚は別物。結婚は就職先と同じで条件が有利なほうが好ましいと思っている。条件にとらわれ過ぎると、相手の中身が見えなくなる恐れもあり。
対策厳しい条件をクリアする人はめったにいません。いたとしても、ライバルは星の数ほど。異性の友達を多く作るなどして現実を知り、意識を変える必要があります。結婚は長いパートナー関係なので、条件と同時に相手の人柄もしっかり見極めて。
D:自分に自信のないタイプ
なんとなく自分に自信がなく、出会いの場でも自信なさげな態度が本来の魅力を消してしまう。付き合いにちゅうちょしたり、付き合っても自分から引きがち。相手はそんなあなたに物足りなさを感じたり、イライラすることも。
対策まずは恋愛以外でも自分に自信を持つことが必要。趣味を持ったり、自分磨きをしながら相手を見極めてみては? 友人などに自分の長所を聞くことで、客観的な自分の価値を知るのも良いでしょう。また、出会いの場で謙遜は不要。明るい未来をイメージし、まずは自分を認めましょう。
読者の婚活をプロが分析 ほかにも寄せられた読者からの疑問にも答えてもらいました!
[情報掲載日:2009.8/19]
バックナンバー 一覧