結婚式に招かれたなら、華やかな装いを楽しむのはもちろん、大人の女性として恥ずかしくないファッションでお祝いの気持ちを表現したいですよね。そこで今回は、知っているようで意外に知らない、結婚式に出席する際の服装のマナーを教えます。
服装に迷ったときは… およばれStyle Good! およばれStyle NG…
そのほか、こんな悩みも… 彼に教えてあげよう!男子の服装選びのコツ
脱!ワンパターンな黒スタイル「華やぎカラーアイテム」 体型カバー、差し色、体温調節までOK「優秀羽織もの」 賢く利用したい!レンタルドレスブティック

服装に迷ったときは、自分が新郎新婦なら、どんな格好で来てほしいか考えて
 結婚式出席の際の服装のマナーや、今時の出席者のファッション傾向について話してくれたのは、ホテルオークラ札幌支配人の松本頼和さんと、年間50組の結婚式に携わるウエディングプランナー・山本有美さん。
 松本さんいわく、「会費制の披露宴が大多数の北海道では、服装の決まりに関してもかなりおおらかです」。それだけに、式の雰囲気によっては、フォーマルに装い過ぎて浮いてしまう可能性も。そこで山本さんからは「マナーはもちろん大切ですが、それにとらわれ過ぎず、『自分が新郎新婦だったら、どんな格好でその場に来てもらいたいか』を考えるといいと思います」というアドバイスが。確かに、主役である新郎新婦の立場になって考えれば、新郎新婦より目立ったり、周囲の人がまゆをひそめるような服装を選ぶこともないはず。結婚式の服装を考える時には、念頭に置いておきたいですね。

good
(1)ヘアメイク
お祝いにふさわしい、華やかできちんとした印象のヘアメイクで出席しましょう。アップスタイルは華やいだ雰囲気を演出できる上、食事のときに邪魔にならないメリットもあります。
(2)アクセサリー
花嫁より目立つような派手なものでなければOK。パールや造花のコサージュなど、清楚(そ)な印象のものがお勧め。
(3)衣装
会場は男性のスーツや親族の女性の留袖など、黒が多くなりがち。お祝いの場らしい華やぎを添えるためにも、明るい色を着ると喜ばれます。黒いドレスを選ぶなら、ストールやアクセサリーのセレクトを工夫して地味にならないように。また、会場で肌寒さを感じたときのために、ストールやボレロなどの羽織りものは必須。
(4)バッグ
会場に持ち込めるのはパーティーバッグのみ。また、最近は、立食形式でなくてもウエルカムドリンクなどのサービスがある会場も増えているそう。そういうときのために、クラッチバッグよりも持ち手のあるバッグのほうが使いやすいとか。
(5)足元
ナチュラルなストッキングと、ヒールのあるパンプスで上品に。 ミュールはフォーマルの場ではNG。サンダルタイプの靴を履く場合は、なるべくバックストラップのあるものを選びましょう。
(1)ヘアメイク
ノーメイクや派手過ぎるメイクは避けましよう。ヘアスタイルでは、最近流行の「盛り」のやり過ぎはNG。また、特に食事が出される披露宴では、周囲の人に配慮して、香水のつけ過ぎにも注意を。
(2)衣装
花嫁の色である白は絶対にNG。白地に細かい模様が入ったものや、トーンの淡いベージュやオフホワイトなども、大きな面積に取り入れるのは避けた方が無難。また、過度な肌の露出や、新郎新婦よりも目立つ派手な服装もアウト。
(3)バッグ・アクセサリー
爬虫(はちゅう)類の皮を使った靴やバッグは、「殺生」をイメージさせるので、結婚式にはタブーとされます。同じ理由でファーも敬遠されることが多いそう。「喪」を思わせる黒いアクセサリーも厳密にはマナー違反。
(4)足元
編み目の大きな網タイツ、カラータイツ、ブーツ、カジュアルなローヒールの靴は、フォーマルな場にはふさわしくありません。また、冬場など、会場まで履いてきたブーツをクロークに預ける際は、化粧室などで会場用の靴に履き替えてから預けましょう。くれぐれもクローク前で脱いだブーツをそのまま預けたりしないように。
NG
そのほか、こんな悩みも…
「自分も周囲も、つい無難な黒を選びがち。これからの季節、どんな色のアイテムがオススメ?」
(Kさん)
「スーツを着て出席していますが、普段の通勤にも着られるようなアイテムはない?」(Kさん)
「気になる二の腕を隠せる羽織りものを探してます」(Aさん)

次のページで解決しちゃいます→
彼に教えてあげよう!男子の服装選びのコツ
 最近は、黒などダークカラーのスーツに、薄い色柄のシャツ、グレー系のネクタイなどを合わせている人が多く見られます。北海道の若い男性で、フォーマルな礼装で参列する人は少数派だそうです。ただ、ディープな色や光沢があり過ぎるシャツ、ノーネクタイ、大ぶりのアクセサリー、体型に合っていたとしても極端な細身、もしくはぶかぶかのスーツは、お祝いの場にはそぐわない着こなしになりがちなので、避けたほうがよさそう。
[情報掲載日:2009.5/7]
バックナンバー 一覧