働く女子のマストアイテムを拝見「オシゴト別 バッグの中身、見せてください」
OLマーケ委のバッグの中身 1,販売 2,営業 3,広報 -
- 4,宣伝 5,団体職員 6,スタイリスト 7,病院事務
エコグッズは新たな定番に
個性豊かな少数派アイテムも


 今回シティでは、事前にOLマーケ委にアンケートを実施。30人にバッグの中に入っている物を教えてもらいました。
 財布、携帯電話、コスメポーチ、手帳、カード類など、ほとんどの人が持つ定番以外で目についたのが、エコバッグ、マイボトル、そして携帯音楽プレーヤー。エコバッグとマイボトルは、ここ数年でグッと所持率が高まったようですね。
 ほかに、「こんな物も!」と思わず感心の少数派アイテムも紹介します。
- -
 成田さんのバッグの中は「元気が出るから好き」という赤系のアイテムが効いています。ケンゾーの財布は、オリエンタルビューティーな雰囲気にピッタリ。これは親せきからのプレゼントなのだそう。ほかにも文庫本やペンケース、タオルハンカチなど、プレゼントの品が多いのにも人柄が表れていますね。フレグランスや木製のマッサージャー(非売品)などの自社製品はリフレッシュに活用。i-podには、最近ハマっているバンド「sleepy.ab」や、自身が習っている胡弓の曲などが入っているそう。
▲右上のバッグ…色が気に入って即買いしたラシッドのバッグ。「皮の風合いが、ボロボロになってもかわいいだろうなと思って」(成田さん)。マチ幅が広く、収納力も合格!
Pickup!
歯みがきセットは「ランチでカレーなどを食べたくなるときもあるので(笑)」(成田さん)
- -
 入社2年目の内田さんは飲食店を担当する営業ウーマン。黒いブリーフケースの中、ピンクのアイテムが女子らしさを主張しています。1日に約20軒を訪問するとあって、提案書や資料はかなりの量。i-podは移動中の車内で音楽を聞くため。得意先の店内や料理を撮るデジカメも欠かせません。コスメポーチは持たず、化粧直しは内ポケットに入れたグロスのみ。カード類もケースに入れず内ポケットに収納しています。グッチの財布と名刺入れは母親からのプレゼント。得意先の店長からもらったという「おかき」が、愛され度を物語っています。
▲右上のバッグ…仕事がある日は、機能と収納力からメンズのブリーフケース(タケオキクチ)を使用!オフの日はもちろん持ち替えています。
Pickup!
身だしなみチェックのため、顔全体が写る大きな鏡は営業として必須!
- -
 広告の原稿制作やチェックはもちろん、協賛イベントの立ち会いなど外出も多い広報の仕事。物が多いので大きめバッグがマストです。イベント会場では、デジカメで看板や現場の様子を撮影。社内報作りにも役立てています。財布などの小物はシンプルな黒が多数。スケジュール管理は携帯電話でするため手帳はナシ。取引先から発着時間を聞かれることもあるため、時刻表は持っているそう。映画好きで、映画の原作本を読書中。
▲右上のバッグ…底幅の広さと持ちやすさで選んだコーチのバッグ。6 つあるバッグのうち3個がコーチというコーチファン。
Pickup!
職場の同僚や先輩とダーツをすることが多いそう。そこで購入した“MY ダーツの矢”
TOP | OLマーケ委のバッグの中身 | 販売 | 営業 | 広報
宣伝 | 団体職員 | スタイリスト | 病院事務
[情報掲載日:2009.2/25]
バックナンバー 一覧