食器類まで要チェック! 室内グランピングレストランで味わうワイルドな料理


新しくOPENした注目のshopをご紹介
MY FAVORITE

食器類まで要チェック! 室内グランピングレストランで味わうワイルドな料理

 今月の推薦者 / シティライフ編集担当 モリ  
 道内の産地を巡って、旬の野菜やくだものを食べることが好きです。
「『ラテ・マーテル』野菜のプラトーラクレットのソース」(2138円)は季節によって野菜が変わる1品。グリルされた野菜には、ハーブが隠し味の濃厚なトマトソースもよく合います

 「遠出をしたい気分だけど、平日だし忙しい…」そんな日に訪れたくなるのは、ホテルの1階とは思えないほど開放的な「グランピング」をテーマにしたお店です。天井が高く緑に囲まれた空間には大きなタープやパラソルがあり、街中にいながらアウトドア気分に浸れます。数ある料理の中で、特にオススメしたいのは写真の「『ラテ・マーテル』野菜プラトー新得ラクレットのソース」。大きな木製プレートにかわいらしく盛り付けられた野菜を見ると、思わず「わあっ」と歓声を上げたくなります。旬を迎えたアスパラガスを風味豊かなラクレットソースに付けて口に運べば、幸せな気分に。また、ダッチオーブンで登場する魚介類や肉料理は、時間が経っても冷めることなく最後までおいしく食べられます。  店内の至るところで使用されているアウトドアブランド「snow peak」のグッズを眺めていると、「今年のキャンプはどこに行って何をしようか…」とキャンプの予定を立てるのがいっそう楽しくなりますよ。

●Farm to Table TERRA Presented by snow peak URBAN OUTDOOR
札幌市中央区南9西2 ホテルマイステイズプレミア札幌パーク1階 
TEL 011-512-3547
営業時間/朝食7~10時、ランチ11時30分~14時、ディナー18時~23時30分(フードL.O.22時30分、ドリンクL.O.23時)。無休

NEW SHOP

芝生の上でのんびり楽しく個性的なダイニングバーで“最高の”時間を

 店内に広がるのは鮮やかな緑の芝生。4月6日にオープンしたCloud9(クラウドナイン)は、個性的な空間のダイニングバーです。人工芝の敷かれた小上がりに靴を脱いで上がれば、ほっこり心も落ち着きます。さらにメニューもオリジナリティーにあふれたものばかり。ワッフルの型でお好み焼き生地を焼いた「お好み焼きワッフル」(900円)ほか、みんなでワイワイ楽しく食べられる料理がいっぱいです。店名は英語で「最高の」という意味。テラス席や和風のインテリアをプラスし今後も独創的に進化する空間で、おいしくて楽しい“最高の”時間を過ごせそう。

●Cloud9 札幌市中央区南3西7ー3ー2 FーDRESS7BLD3階 TEL 011-522-8485 営業時間/17時30分~翌1時(L.O.24時30分)。火曜定休 https://www.facebook.com/Cloud9.Hokkaido/  

円山にかわいいアメリカンスイーツ専門店がオープン

  5月16日にオープンした「THE BAKE SHOP maruyama」。ニューヨークのベーカリーで修行したシェフ監修のオリジナルレシピで作るアメリカンスイーツ専門店です。  中でも目を引くのは色鮮やかなカップケーキ。アメリカではオーソドックスなお菓子として親しまれている「Red Vervet」=写真左下=(380円)は、しっとりとした生地の上に濃厚なチーズクリームがたっぷりとのっている1品です。閉店間際にはスイーツの種類が少なくなることもあるので、なるべく早めに来店するのがおすすめ。友達や家族へのお土産にもぴったりです。

●THE BAKE SHOP maruyama 札幌市中央区大通西27-1-12 
TEL 011-699-5992 営業時間/11~20時。月曜定休


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 6月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ